発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

Laravel(ララベル)とは?基礎知識とできることをわかりやすく解説

システム開発やソフトウェア開発では、エンジニアの開発作業を支える「フレームワーク」が数多く存在します。
Javaの開発環境に最適な「Spring Framework」や、Pythonにおける「Flask」など、その数はプログラミング言語の数だけ無数に存在すると言っても過言ではありません。

著名なフレームワークの中でも、今回はPHPの開発環境で使用できる「Laravel(ララベル)」について、基本情報やメリットなどを詳しく紹介しましょう。
Laravelを使ったシステム開発を検討している企業担当者であれば、当コンテンツをぜひご参照ください。

 

目次

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国2000社以上からご提案

200x200b

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

PHPとはどんなプログラミング言語?

Laravelについて紹介をする前に、プログラミング言語の1つであるPHPについて簡単に解説しておきましょう。PHPは、数ある言語の中でも「Web開発」に特化しているのが特徴です。テキストベースで簡単に開発が可能という特性から、IT初心者の方でも扱いやすい言語として人気を博しています。

とくにPHPは、「動的なWebページ(アクセスした状況によって異なる情報が表示されるページ)」の作成に最適で、ECサイトやSNSなどの設計に用いられるケースも少なくありません。このほかPHPの特徴については、以下のページをご参照ください。PHPの基本情報やメリットなどを詳しく解説しています。

■PHPとは?プログラミング初心者向けにPHPの基礎知識を解説!

 

「Laravel」とはどんなフレームワーク?

さて、そんなPHPのフレームワークとして高い知名度を誇るのが、この「Laravel」です。2011年にリリースされた比較的新しいフレームワークながら、PHPにおけるフレームワークの中では、世界的に普及しています。

主に「webアプリケーション」の作成に用いられるフレームワークですが、開発できるシステムやアプリの幅は広く、PHPを扱うシステム会社が開発業務にLaravelを用いるケースも少なくありません。PHPを用いて企業のショッピングサイトや予約サイトなどを設計開発する際に、重宝するフレームワークと言えるでしょう。このLaravelは、Symphony(シンフォニー)と呼ばれる別のフレームワークを踏襲する形で設計開発された、という経緯があります。基となったSymphonyは「大規模な開発に向いている」特徴を有していましたが、進化系とも言えるLaravelにもその特徴は色濃く受け継がれています。

ちなみに、システム開発における「フレームワーク」とは、システムやアプリ開発を行う際に必要となる機能や、基本的な骨組みをまとめたものです。骨組みが決まっている分、必要最低限のプログラムを書くだけでシステムやアプリを作ることができます。以下では、PHPのフレームワークとして知られるLaravelの特徴やメリットについて詳しく紹介します。

 

Laravelの特徴やメリット

フレームワークとしてLaravelが優れているポイントや具体的なメリットは以下の通りです。

  • 分業開発がしやすい

  • コードが分かりやすく学習コストが低い

  • プログラムの拡張性が高い

  • 将来性が高い

 

●分業開発がしやすい

Laravel

Laravelは、「MVC」というアーキテクチャを採用しているフレームワークです。

このMVCは、データベースとの連携を担うModel(モデル)、ブラウザへの表示を司るView(ビュー)、指令や指示を司るController(コントローラ)の3つで構成されている特徴があります。LaravelのMVCには、通常のMVCに加えてコントローラーを制御する「ルーティング」という概念が加わりますが、上図では省略しています。

わかりやすく言えば、それぞれの機能別に独立をしているので「システムやアプリを分業体制で開発ができる」のです。複数の企業やエンジニアが連携してシステム開発を行ううえでも、Laravelは優れたフレームワークと言えます。Laravel以外にも、Javaの「Spring boot」やRubyの「Ruby on Rails」など、MVCを採用しているフレームワークは数多く存在します。PHP以外のシステム開発で、分業体制を整えたい場合は、これらのフレームワークの採用を検討しても良いでしょう。

 

●コードが分かりやすく学習コストが低い

Laravelは、クセの少ないシンプルなコードで記述できるため、「コーディングのしやすさ」や「学習のしやすさ」に定評があります。これは、Laravelを構成するPHP自体が「初心者に最適な言語」という理由もありますが、Laravelにはさらに「開発の効率化を推し進める多くの機能」が搭載されています。例えば、入力値のチェック(バリデーションと言います)を自動化、データ操作を簡易化するMigration(マイグレーション)など、その種類はさまざまです。

おまけにLaravelは、簡単なコードであれば自動で作成してくれるので、システムやアプリの開発効率にも優れます。この「開発期間を短縮しやすい」というメリットを有することから、開発業務にLaravelを愛用するエンジニアも珍しくありません。

 

●プログラムの拡張性が高い

Pythonにおける「Django」のように、コードやフォームの入力を自動で行ってくれるフレームワークは、Laravel以外にもあります。この入力を自動で行ってくれるフレームワークは、開発効率に優れる一方で、「作成したコードをカスタマイズしにくい」ケースがたびたびあります。しかし、コードが分かりやすい特徴を持つLaravelは、自動生成したコードのカスタマイズも容易に行えます。アジャイル型開発のように、細かい改修を行うことが前提の開発においても、Laravelは力を発揮しやすいフレームワークです。

 

●将来性が高い

その人気の高さから、Laravelは令和の現代においても細かいアップデートやプラグインの開発などが行われています。開発をサポートする機能が年々追加されている点を鑑みても、Laravelは将来性の高いフレームワークと言えるでしょう。PHPのフレームワークの中でも、Laravelが世界的に人気なのは、先に挙げた優れたメリットによるものと言っても過言ではありません。

 

Laravelにもデメリットはある?

ただし、Laravelにもデメリットは存在するため、導入や使用の際は注意が必要です。

例えばLaravelは、豊富な機能を搭載していることが災いして、処理速度に劣る点が目立ちます。とくに速度を重視するシステム開発においては、もしくはLaravel以外のフレームワークを検討しても良いでしょう。このほかにも、Laravelは自由度が高い反面「コードの書き方が煩雑化しやすい」のも欠点です。分業でシステム開発を推し進める場合は、コードの書き方に対してある程度のルールを設けておくことをおすすめします。

これらのデメリットは、将来的なアップデートに伴い解消される可能性もありますが、すべての開発案件で「オールマイティに使用できるわけではない」という点は留意しておく必要があります。

 

Laravelを使うと何ができるの?

Laravelの特徴やメリットについて解説できたところで、「具体的に何ができるのか」を紹介します。

  • 従業員の勤怠を管理する業務システム

  • 企業が運営するショッピングサイト

  • 交通機関や宿泊施設の予約サイト

  • 掲示板や口コミサイト

  • SNSサービス

  • ブログサービス

  • チャットアプリ

概要の項で紹介した通り、Laravelは、webアプリケーションの作成に特化したフレームワークですが、上記のようにさまざまな開発に活用することが可能です。これらの設計や開発を検討している企業であれば、開発効率に優れるLaravelを導入するのも手です。

 

LaravelとCakePHPは何が違う?

「Laravel」と「CakePHP」の違い
Laravel CakePHP
難易度 IT初心者でもコードを書きやすい
処理速度 CakePHPよりもやや遅い Laravelよりもやや早い
コードの書き方 自由な形に書きやすい 一貫性を持たせやすい
運用の柔軟性 高い 低い

PHPの代表的なフレームワークには、Laravel以外にも「CakePHP」が存在します。このCakePHPは、Laravelと同じくMVCモデルを採用しているコードのほか、記入が楽に行えるという点でも類似しているフレームワークです。

それぞれの大きな違いとして、「コードの書き方」が挙げられるでしょう。自由度の高いコードを書きやすいLaravelに対し、CakePHPは「一貫性を持たせやすい」という違いがあります。CakePHPのカスタマイズ性はLaravelよりも劣るため、柔軟性のあるコードを書きにくいという特徴です。完成したシステムに手を加えにくいものの、複数人で統一性のあるコードを書くうえではCakePHPが重宝されます。

また、CakePHPは日本国内をはじめとした「コミュニティが活発」という特徴があります。何かしらの不具合やコードを書く際に問題が生じた際でも、コミュニティを通じて問題解決をはかりやすい利点があります。このほか、CakePHPについて詳しく知りたい方は、以下のページをご参照ください。

■CakePHPとは?基礎知識とできることをわかりやすく解説

 

どちらも初心者向けという側面の強いフレームワークですが、処理速度についてはCakePHPに利があります。一方、PHPのフレームワークとしての人気はLaravelのほうが高くなっています。一概にどちらが優れているかは断言こそしづらいものの、システムの継続的な運用を考えるうえでは、柔軟性の高いLaravelがおすすめです。

 

Laravelを導入して開発をするには?

最後に、Laravelを用いた開発方法について簡単に言及しておきましょう。繰り返しになりますが、Laravelは学習コストが低く、企業のエンジニアにも習得させやすいフレームワークです。

そのため、Laravelの扱いを得意とするシステム会社は数が多く、目的に合わせてさまざまなものを開発できます。もちろん自社のエンジニアに習得させて、内製のシステム開発を目指すことも可能ですが、難しい場合はLaravelを使った開発に優れるシステム会社へ発注を検討するのも手です。素早い開発を実現しやすいLaravelを使えば、業務管理システムから企業向けのECサイトに至るまで効率的に作ることができるでしょう。

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国2000社以上からご提案

200x200b

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

■Laravelに関連した記事

PHPのシステム開発でおすすめの開発会社10社【最新版】

 

 

Spring Frameworkを使ったシステム開発でおすすめの開発会社7社【最新版】

 

 

関連する記事

PAGETOP