発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

オンプレミスとクラウドのメリットを比較!自社に合うのはどっち?

インターネットやPCの普及に伴い、クラウドサービスが企業のみならず、個人にも浸透しています。
これまでサーバーやストレージなどが必要だったサービスが、ソフトウェアをインストールしなくてもクラウド経由で利用できるようになったことで、新たなサービスと区別するために「オンプレミス」という言葉が使われ始めました。
今回は、オンプレミスのメリット・デメリットについてを、クラウドと比較しながらご紹介します。

オンプレ1-min

目次

 

オンプレミスとは?

オンプレミス(on-premises)は、自社内でシステムの運用を行うサーバー運用の形態です。社内に設置して管理するため、「自社運用」とも呼ばれています。

外部のサーバーリソースをインターネット経由で利用するクラウドサービスが普及したことにより、これまでの形式と区別するため、自社運用のサーバー環境を「オンプレミス」と呼ぶようになりました。
オンプレミスは、クラウドサービスが普及する以前からある一般的な形態で、自社でサーバー運用ができない場合は、レンタルサーバーを利用するという選択肢しかありませんでした。

オンプレミス型の場合、企業ならば自社内にサーバー機器やデータベースといったシステム構築で必要なツールを持ち、設定・運用も自社で行います。知識や技術が必要になりますが、自社で一括運用を行えるため、データ管理の面でセキュリティが高いというメリットがあります。

 

オンプレミスのメリット・デメリット

クラウド形態と比較をしながら、オンプレミスのメリットとデメリットについて見ておきましょう。

●メリット

クラウド形態の場合、インターネットを介して外部サービスを利用するため、使用している通信回線の性能によっては、「通信速度が遅い」「処理がなかなか終わらない」などシステムの処理効率が落ちることがあります。しかし、オンプレミスの場合は内部のネットワーク通信で収まるため、インターネット回線の性能による処理速度への影響がなく、オフライン環境でもシステムを利用することができます。

また、自社でシステムの一括運用を行えるため、利用する情報の機密保持という面で安全性が高いのもメリットの一つです。自社環境で管理しているため、外部のシステム障害による影響を考慮する必要がなく、保守性が優れています。万が一、システム障害が発生した場合、クラウドは運用会社が復旧作業を行うまで待たなければなりません。しかし、オンプレミスの場合は、サーバー機器を自社で管理しているためすぐに対応することが可能です。

●デメリット

自社内にサーバー機器やデータベースなどの設備を設置するため、初期導入コストがかかり、クラウド形態に比べて費用が高くなります。また、インフラの管理や維持費も必要です。例えば、システム保守のために担当者を雇うと人件費がかかり、リソースを拡張しようとすると、さらにコストがかさみます。

システム障害が発生した場合、すぐに自社で対応ができるという点はメリットですが、その分、自社で復旧作業を行うため手間もかかります。オンプレミス形態の場合、システムの規模が大きくなればなるほど、開発や保守、機材調達の面で手間が増えます。
導入前にはコスト面、作業計画の面でどのように進めていくか、しっかり検討することが必要です。

 

クラウドに移行するメリットと注意点

自社システムをクラウド形態に移行すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。また、移行する際はどんなことに注意したほうが良いのでしょうか。

●クラウドサービスのメリット

クラウドの場合、システムで利用する機器は外部から借りることになるため、初期費用や調達コストがかかりません。自社でインフラ機器の構築・管理を行わないため、維持にかかるランニングコストも必要ありません。毎月利用した分のみ費用が発生し、必要なときはサーバーの増減をすることも可能です。

システム障害の発生時には管理会社が対応し、その分の時間的・費用的な負担がなくなります。さらに、地震などの自然災害が起こった際に、オンプレミスでは社内のサーバー機器の破損やデータ消失が懸念材料となりますが、クラウドでは非常時を想定した安全なデータセンターを設置している場合が多いため、事業への影響を比較的少なく抑えることができます。

また、移行後はすでに稼働している機器を利用するため、移行期間の設定は不要となり、すぐに新しいシステムを稼働できます。

 

●クラウド移行前の注意点

インターネットを介してサービスを利用する以上、外部へのセキュリティ対策を確認する必要があります。サービスの多様化やセキュリティ技術の向上により、クラウド環境のセキュリティ対策も進歩しています。過度な心配は不要ですが、ユーザーの個人情報や機密情報などを、今後どのように管理するのかについては検討しておきましょう。万が一、業者側のセキュリティ対策が万全でないと判断した場合には、別途セキュリティサービスの導入を検討する必要があります。

また、クラウド形態で利用する外部サービスは、事前に既存サービスとの連携を確認することも大切です。インターネットを経由する場合、サービスによっては連携できないものもあります。企業ごとにサービス条件を確認し、クラウド業者に相談しておきましょう。

 

両者を組み合わせた「ハイブリッドクラウド」とは?

オンプレミスとクラウドの二つのサービスを選択して組み合わせた「ハイブリッドクラウド」という形態もあります。

●ハイブリッドクラウドとは?

サーバーや自社で構築したクラウド環境を外部のクラウドと合わせて使用する形態を、ハイブリッドクラウドと呼びます。機密性の高い個人情報などは、引き続きオンプレミスで管理し、大量のトラフィックを処理しなければならない内容はクラウドを利用するなど、用途を使い分けることができます。ハイブリッドクラウドは、臨機応変にオンプレミスとクラウドを組み合わせるため、どちらの利点も活かすことできます。

●ハイブリッドクラウドのメリット

すべてをクラウド形態の外部サービスに移行させると、初期費用はかかりませんが、利用した分のコストがかかります。しかし、ハイブリッドクラウドの場合は、オンプレミスで管理するものと外部クラウドで管理するものとを分けて、コストをコントロールすることができます。

また、これまでオンプレミスで利用していたソフトウェアライセンスが、クラウドでは移行できない場合や、一部クラウドでは提供されていないソフトウェアがある場合などもありますが、ハイブリッドクラウドでは既存のシステム環境を残しておけるので、引き続き利用することが可能になります。

 

自社に合ったシステム構築を検討しよう

オンプレ2-min

オンプレミス型、クラウド型それぞれにメリット・デメリットがあります。
コスト面ではクラウドのほう安くなりますが、外部にデータを置かないことからセキュリティ面ではオンプレミスのほうが情報の不正取得や不正アクセスといった危険性からデータを守れるというメリットがあります。
クラウドサービスが普及してクラウドへ移行する企業が増えたことにより、メリットが多いように見えますが、オンプレミス型は大規模な現場でこそ大きな力を発揮します。
自社に必要なシステムを考慮し、目的に合ったシステム形態を検討することが大切です。

 

■システム開発の外注先探しは「発注ナビ」で

システム開発会社はすでにお決まりですか?

発注ナビは、システム開発に特化した発注先選定支援サービスです。
全国1500社以上の開発会社から、貴社に代わって最適な発注先をお探しします。
ご相談からご紹介まで完全無料(成約手数料なども一切不要です)。
最短1日のスピード紹介で、お急ぎの案件でもお待たせすることがありません。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

発注先選びにお困りの方はこちら

具体的に『サーバー構築・運用・保守』が得意なシステム開発会社を探す

サーバー構築・運用・保守の発注先を「専門スタッフ」に相談する

関連する記事

PAGETOP