発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

工程管理システムとは?主な機能や導入するメリットなどについて解説

製造現場の工程をタブレットを使って管理する人

商品や製品を生産する事業者にとって、工程管理は安定した商品提供に大切なものになってきます。ですが、商品製造はいくつもの工程を経て完成するため、アナログな手法で工程管理を行うのは困難です。そこで必要となるのが工程管理システムですが、初めて工程管理システムを導入する方の中には、どんなシステムを選べばいいのかわからない方も少なくありません。今回は、工程管理システムの導入を検討している方に向けて、工程管理システムの機能やシステム導入の流れ、システムの選び方を中心に解説していきます。

 

目次

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国3000社以上からご提案

即戦力のシステム開発会社を探すなら「発注ナビ」

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

工程管理システムの主な機能とは

工程管理システムは、その名のとおり工程管理を効率的に進めていくためのシステムのことです。生産計画を作成して作業実績をシステム入力すると、生産工程をデータ化してくれます。工程管理はもちろん、システムによっては経営分析まで行ってくれるのも特徴です。工程管理システムには主に以下の2つの機能が搭載されています。

 

●進捗管理機能

工程管理システムには、プロジェクトの進捗状況を管理する機能が搭載されています。システムにアクセスすれば、全従業員が進捗状況を把握することが可能です。その状況に合わせて、柔軟な対応がしやすくなります。工程の進捗状況がリアルタイムでわかれば、スピード感のある進捗管理ができて、迅速な対応もしやすくなります。工程管理システムの効果を十分に発揮するため、進捗管理機能は積極的に活用していきましょう。

 

●コスト管理機能

コスト管理機能は、プロジェクトで発生するコストや利益を可視化するための機能です。プロジェクトは納期だけでなく利益も意識する必要があり、事業を続けていくためにも利益をコントロールする立ち回りが求められます。また、工程管理システムには実績を管理する機能も搭載されています。そのため、過去のプロジェクト実績を参考に、コストカットを図ることも可能です。コスト管理機能を効果的に使えば、利益アップにつなげやすくなります。

 

工程管理システムを導入するメリット

工程管理システムを導入するメリットとして、以下のものが挙げられます。

 

●進捗管理の負担軽減

進捗管理機能を活用できれば、1つのシステムで複数の工程を管理して、ほかの従業員に共有しやすくなります。従来のやり方だと、特定の従業員だけが工程を管理する分、進捗管理の負担がその従業員に集中してしまいます。しかし、工程管理システムを使うことでほかの従業員にも工程内容が伝わるため、進捗管理の負担を従業員一人ひとりに請け負ってもらうことが可能です。多くの従業員が進捗管理を見られることで、問題の早期発見や余裕を持ったプロジェクト進行が実現しやすくなります。特に人手が不足しているような会社では、工程管理システムの積極的な導入をおすすめします。

 

●現場作業の効率化

工程管理システムがあれば、広い視野で工程全体の課題が見つけられるため、作業の効率化が実現しやすいです。また、適切な人員配置を行うことによって、従業員の物理的な負担を減らすこともできます。このほか、今まで1つの工程に振り分けていた従業員数を減らすこともできるため、人件費のコストカットなども見込めます。

 

●計画の精度向上・納期の遵守

工程管理システムは計画の精度を高めて、納期遵守の効果も期待できます。

工程管理システムがあれば、人員や設備の無駄を省くといった効率化の動きに積極的になれます。その動きによって、高い精度の工程管理の計画作りが可能です。同時に納期の遵守にもつながりやすくなるため、顧客満足度の上昇にも効果が期待できます。

 

●生産スケジューラによるさらなる効率化と生産性の向上

ここでいう生産スケジューラは、生産日程の計画を立て、それに基づいて従業員や設備、時間などのリソースを割り当てていく機能です。生産スケジューラを活用すると、計画の作成や変更の負担軽減、リードタイムの短縮化、ノウハウの蓄積・共有がしやすくなります。

例えば、過去のノウハウをデータとして記録しておき、そのデータを確認しながら自動的に作られた工程スケジュールに合わせて自身の作業に取り組めます。この機能を使いこなせるかどうかで、工程管理システムの導入効果の高さが変わるといっても過言ではありません。生産スケジューラの機能を積極的に活用していきましょう。

 

工程管理システムの例を紹介

工程管理システムの例として、愛媛県に拠点を置く株式会社シスディブリンクが挙げられます。システム開発会社である株式会社シスディブリンクは、パッケージシステムを提供する事業を進めています。このパッケージシステムは、あらかじめ決められた機能をパッケージ化して、月額料金を払ってもらうことで利用可能となるシステムのことです。

特に株式会社シスディブリンクは、現場主導型の生産管理システムの開発を得意としています。中小企業の製造業をターゲットとしたシステムで、効率的な生産管理を実現する機能をいくつも搭載しています。例えば、見積書や生産計画などから必要項目を自動で読み取り、そのデータを一元管理して共有することが可能です。こういった機能は、「自分たちで製造計画を直せない」という現場の声を受けて改善されました。株式会社シスディブリンクのシステムを見ていると、いかに現場の声が大事なものかがわかります。

 

導入前の検討から導入開始までの流れ

工程管理システムを導入する際の流れについて、検討から導入開始までに行うことを紹介します。

●検討

検討段階では、以下の内容を決めていきます。

 

〇目的の設定

まずは、工程管理システムを導入する目的を明確にします。導入目的を明確にしないままの状態で工程管理システムを導入すると、システム導入の効果を感じにくく、導入するシステムの中身も決めづらいです。特にスクラッチ開発の場合は、丸投げされると開発側はスムーズに開発を行いにくくなるため、導入の目的は自分たちで設定しましょう。

 

〇要件の抽出

設定した目的を実際に形にするために必要なのが、要件定義です。要件定義はシステムの中身やそれに関連する中身を決めていくことで、システム導入で失敗しないために欠かせないものです。具体性に乏しい要件定義をしていると、どんなシステムを導入してもそのシステムをうまく使いこなせません。要件定義では、時間をかけて細かなところまで定義付けしていってください。

 

〇システム選定

スクラッチ開発なら、要件定義からシステム開発側がしてくれるため、依頼する側としてはある程度の希望が決まっていれば問題ありません。しかし、パッケージシステムでは利用するシステムを自分たちで選定する必要があります。そのため、要件定義も自分たちでしっかりと詰めて、決めた内容に沿っているものを選定していきます。スクラッチ開発なら、要件定義した内容のシステムをそのまま開発してもらうことが可能ですが、パッケージシステムの場合は、要件定義した内容を比較的満たしているシステムを選定する意識が大事です。

 

●導入

実際にシステムの導入段階に入ったら、以下のポイントを押さえておくことが重要です。

 

〇導入予定のシステムが業務に合うか分析する

まずは、導入予定のシステムが業務に合うか分析してください。工程管理システムを導入する以上は、それが業務の中で使えないと意味がありません。工程管理システムのどの機能で、自社の抱えるどの課題を解消できるのか考えてみましょう。

 

〇マスターシミュレーションと運用シミュレーションを実施

マスターシミュレーションは、製品の品目マスターや構成マスター、品目手順マスターなどを登録して、所要量計算結果を検証していくことです。シミュレーションを繰り返して、マスター登録のルールを定めていけば、のちのマスターの運用がスムーズに進められます。マスターシミュレーションを実施する際には、以下の3点を意識すると良いです。

  • パッケージシステムを理解して適正なマスター設定ができるか

  • マスター作成の計画が確立できたか

  • マスター準備状況の進捗確認

運用シミュレーションは、システムを導入して実際の業務で問題なく使えるか検証していくことです。想定外のイレギュラーが発生しないように、先に確認しておきます。

 

〇必要があれば、販売会社にカスタマイズを依頼

導入した工程管理システムを使っていく中で、業務に合わない部分が出てくることがあります。また、新しい開発を進める関係で、新しい機能が必要になる場合もあるでしょう。そういった場合は、必要に応じてカスタマイズを依頼する必要があります。スクラッチ開発だと対応してくれる場合が多いですが、パッケージシステムだと対応してくれないことも少なくありません。その点は、パッケージシステムのデメリットといえます。

 

〇研修やセッティングを経て運用を開始

導入するシステムが現場で問題なく使えることがわかったら、そのシステムが使えるように従業員に向けて研修を行います。それと並行して、社内に工程管理システムをセッティングしていきます。セッティングする際には、一気に切り替える方法と徐々に切り替えていく方法がありますが、後者のほうが現場従業員の混乱が避けられておすすめです。

 

選び方のポイント

工程管理システムを選ぶ際は、以下のポイントをチェックしてください。

  • 生産方式や業種に対応しているかチェックする

  • 生産スケジューラへの対応ができるかチェックする

  • 進捗管理・スケジューリング以外の付属機能について検討・比較する

  • カスタマイズがしやすいかどうかをチェックする

まずは、自社の生産方式や業種をチェックして、対応するシステムを選んでみましょう。次に、生産スケジューラへの対応が可能かどうかをチェックしていきます。特に生産計画に課題がある場合は、生産スケジューラの対応可否は重視したほうが良いです。また、進捗管理やスケジューリング以外にも、実績管理や工数管理、稼働管理などに強みを持つシステムもあります。自社の課題を明らかにして、スケジュール面以外も気にしながらシステムを選定してみましょう。そして、カスタマイズのしやすいシステムだと、持続的に使い続けやすく柔軟な対応がしやすいです。なるべくカスタマイズ性の高いシステムを導入してみてください。

 

●工程管理システムのカスタマイズは必要?

工程管理システムのカスタマイズでは、自社の工程管理の型にはまるシステムになるように機能を追加していきます。社内ルールや業界の専門性が高い場合にシステムを最適化できるほか、社内業務に適応化させることでシステムが利用しやすくなるのがメリットです。カスタマイズは基本販売会社が行うが、中には既製品を使用したシステム構築する会社、独自のシステムを一から開発してくれる会社もあります。

既製品のシステム構築を得意とする会社、システムを独自開発してくれる会社については、以下のページでご紹介しています

 

工程管理システムは開発方法も意識して

工程管理システムと聞くと、プロジェクトの進捗管理を行うシステムを想像する方も少なくありません。

実際には、ただプロジェクトの進捗状況を管理するだけのシステムではなく、プロジェクトのコスト面を管理する機能も備えています。工程管理システムを導入する前に、まずはその認識を持つことが大事です。工程管理システムを導入すれば、進捗管理の負担が楽になるのはもちろん、業務効率化や生産性の向上なども見込めます。そのため、工程管理に課題があるなら、工程管理システムの導入を早めに進めておいたほうが良いです。

工程管理システムを選ぶ際には、自社の分野で使いやすいものかどうか、カスタマイズ性があるかどうかなどをチェックしてみましょう。また、システム開発にはいくつか種類があり、それぞれメリット・デメリットが異なります。システム開発方法についても意識しつつ、工程管理システムの導入を進めてみてください。導入に際して、外注での開発を考えている場合は、ぜひ発注ナビにご相談ください。さまざまなシステムを得意分野に持つ開発会社のご紹介が可能です。

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国3000社以上からご提案

即戦力のシステム開発会社を探すなら「発注ナビ」

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

■工程管理システムに関連した記事

製造業のシステム開発でおすすめの開発会社

製造業のシステム開発でおすすめの開発会社10社【最新版】

生産管理システムの開発でおすすめの開発会社

生産管理システムの開発でおすすめの開発会社10社【最新版】

即戦力のシステム開発会社を探すなら「発注ナビ」

関連する記事

\条件ピッタリの/
発注先を探してもらう
無料
PAGETOP