発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

アプリをオフショア開発することのメリット・デメリット

今回は、アプリをオフショア開発することのメリット・デメリットについて。

コストの安さは大きなメリット

海外に仕事を委託するというリスクはデメリット

詳細な仕様書を作り、きめ細かなコミュニケーションが必要

 

 

はじめに

どんなメリット・デメリットがあるのか

システムのオフショア(海外開発)も一般的になってきましたが、中でもアプリ開発は規模が比較的小規模であること、インターフェースが世界共通で、もともとクラウド環境で動作するもののためリスクが小さいことなどから盛んにオフショア開発が行われています。

しかしオフショア開発ならでは注意するべき点などもありますので、ここではメリット・デメリットを比較しながら全般的な話をしていきましょう。

 

メリット・・・コストが安い

開発を依頼する国や企業にもよりますが、オフショア開発を盛んに受注している国ではエンジニアの人件費が日本に比べて安いため、開発コストを圧縮しやすいというメリットがあります。ただし、「オフショアなら何でも安い」というわけではありません。最近は円安が進んでいるということもあり、コストを国内業者と正しく比較するためには決済条件や支払サイトなども事前に確認しておく必要があります。

 

デメリット・・・リスクコントロールが難しい

何かトラブルが発生しても、「現場に駆けつける」ということが難しいオフショア開発。文化・商習慣の違いなどから発生する、日本では想定できないリスクも存在します。特に「初めてアプリ開発を外注する」というような場合、いきなりオフショア開発を試みるのは危険かもしれません。

リスクをできるだけ回避するためには、自社に英語が堪能なスタッフを揃えておく(オフショア開発の世界標準語はだいたい英語と決まっています)、日本語によるコミュニケーション能力が高い会社を選ぶ、日本でシステム開発を経験したことのあるスタッフがいる会社を選ぶ、などが挙げられます。とにかくきめ細かいコミュニケーションが欠かせません。

なお、言語といえば、アプリ内で表示される日本語に関してはしつこいほど念を入れてチェックしましょう。誤字・脱字はもちろん「日本語ではこういう場合にこういう表現はしない」「この言い回しは不自然」といった点は、いくら日本語を勉強した人でもネイティブのようにはいかないからです。

日本語に不安があると、基本機能に大きな問題がなかったとしても日本人ユーザーを不安にさせ、信頼感や評価をさげてしまうおそれがあります。

 

どちらともいえない・・・文化・感覚の違い

海外でつくられたゲームアプリやサービスアプリを利用しようとして、いろいろと違和感や不便さに戸惑うことはないでしょうか。

これらは国の違いによる文化・感覚の違いで、いちがいにどちらが正しい・間違っているなどとは言い切れない問題ですが、少なくとも開発するアプリの主たる利用者が日本人を想定している場合、こうしたギャップはできる限り解消しておくべきです。

具体的には、念入りな仕様書の作成、こまかな動作チェックなどが必要です。日本人同士なら黙っていてもあうんの呼吸で処理してくれるようなことでも、オフショア開発の場合は「一切をチェックし、すべてに目を通す」ことが必要となります。

なお、海外のユーザーを多く獲得したいような場合は、こうした文化・感覚の違いが有利に働く場合も考えられます。

 

おわりに

近年、IT大国として知られるインドだけでなく、比較的日本と文化の近いベトナム、フィリピンなどでも盛んにオフショア開発が行われるようになってきました。また両国のオフショア開発をコーディネートしてくれるようなサービス企業もみられます。

いきなり案件を任せるのはリスクがありますが、中長期的な方向性としてこうした流れに注目するのは決して悪いことではないでしょう。

 

img02

 

発注先選びにお困りの方はこちら

具体的に『アプリ開発』が得意な会社を探す

アプリ開発の発注先を「専門スタッフ」に相談する

関連する記事

PAGETOP