発注ラウンジTOP>アプリ開発>店舗・販促アプリを開発するには?導入のメリット・アプリ開発の方法・開発会社の選び方を解説

店舗・販促アプリを開発するには?導入のメリット・アプリ開発の方法・開発会社の選び方を解説

Xのアイコン

店舗アプリのイラスト

店舗・販促アプリとは、飲食店や小売店などの店舗を運営している企業が導入しているスマートフォンのアプリのことです。
スマートフォンの普及やビジネスのデジタル化に伴い、アプリを活用して売上増加や企業ブランドの向上に努めている企業が増えてきています。今回は、店舗・販促アプリを導入するメリットから、実際にアプリを作成する際に必要な機能までをご紹介します。ぜひ本記事を参考に店舗・販促アプリを取り入れ、自社のビジネスを加速させてみてください。

 

目次

 

アプリ開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国5000社以上からご提案

即戦力のアプリ開発会社を探すなら「発注ナビ」

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

店舗・販促アプリは集客をサポートしてくれる

店舗・販促アプリを導入することで、実店舗への集客をサポートしてくれます。なぜなら、アプリを運用すると顧客との接点が増え、集客を促せるようになるためです。昨今では、SNSの運用や自社サイトの活用など、オンラインから実店舗への来店を促す企業も増えてきていますが、アプリもそうした集客のサポートを行えます。これまでの集客に課題を感じていた店舗の場合は、アプリの導入・運用を検討するのも手です。

 

導入前に考えられる集客の課題

アプリを導入する企業が増えている主な理由は、リピーターへの集客やオンラインでの集客が十分ではない課題があるからです。

 

●リピーター集客への課題

店舗にとって、リピーターに対する施策は非常に重要になります。なぜなら、多くのリピーターが店舗に訪れることで、売上が増えるとともにマーケティングコストが減少するからです。リピーターは店舗のファンになってくれているため、新規顧客よりも多くのお金を店舗に落としやすい特徴があります。また、リピーターは店舗の商品を一度購入しているため、少ないコストで再度店舗の商品を購入する可能性も新規顧客よりも高くなります。そのため、長期的な視点で見ると、リピーターは新規顧客よりも大きな利益をもたらす可能性が高くなります。

 

●オンライン集客への課題

スマートフォンが普及したことで、誰でも簡単にWebサイトやSNSで情報を集められるようになりました。そのため、オンラインを利用した集客は、非常に重要な施策の1つとなっています。反対に、こうした施策を打てない場合、顧客との接点の機会損失となってしまい、結果として集客へはつながりません。特に、サイト制作やSNS運用のノウハウを持たない企業の場合、オンライン集客のハードルも高くなります。

 

店舗・販促アプリは課題を解決する手段として有効

リピーター集客への課題やオンライン集客への課題を解決するために、店舗・販促アプリは非常に有効です。なぜなら、アプリを導入することで、様々な集客に対するサポートを行ってもらえるからです。ほとんどの方がスマートフォンを所有する現代では、店舗・販促アプリを抵抗なく利用してもらえる可能性が高く、きちんと運用をすれば効果も大きくなります。

 

店舗・販促アプリを導入するメリット

店舗・販促アプリを導入するメリットは、下記の3点です。

  • 継続的な集客効果が期待できる

  • リピーター顧客への施策が打てる

  • データを活用できる

 

●継続的な集客効果が期待できる

店舗・販促アプリを導入することで、継続的な集客効果が期待できます。店舗の集客を行う場合、広告を打つ方法もありますが、広告は掲載している期間しか効果を発揮しません。一方、アプリの場合はスマートフォンのトップ画面にアイコンとして並べられていることもあるため、顧客が日常的にスマホを利用する中で、間接的な広告効果を期待できます。

 

●リピーター顧客への施策が打てる

店舗・販促アプリは、リピーター顧客への施策を打つことも可能です。顧客にアプリをインストールしてもらえれば、プッシュ通知を利用することで、継続的に接点を保つことができるからです。プッシュ通知を有効的に活用できれば、施策を打つ度に狙った顧客の来店を促すことにつながります。

 

●データ活用ができる

店舗・販促アプリを導入すると、顧客情報を一元管理できるため、有効なデータ活用が可能です。アプリ内には、顧客の基本情報はもちろんのこと、クーポンの利用状況や来店状況、購買履歴など様々なデータを集積できます。こうしたデータを上手に活用ができれば、店舗の売上アップに有効な施策を打つことが可能です。

 

店舗・販促アプリを導入する方法

店舗・販促アプリを導入するには、自社で開発する方法とアプリ開発会社に依頼する方法があります。

おすすめは、アプリ開発会社に依頼する方法です。なぜなら自社で一から開発するとなると、開発環境の構築からプログラミングの知識までが必要となるためです。また、開発期間やコストも大きくなるほか、導入後は継続的にアプリを運用する必要があります。加えてバージョンアップデートへの対応やメンテナンスなども必要になるため、運用ノウハウやエンジニアの確保が不可欠です。そのため、自社で開発環境が整っていない、または運用に不安がある場合はアプリ開発会社に依頼するのがおすすめです。

 

アプリ開発でシステム開発会社を選ぶ時のポイント

店舗・販促アプリの開発をシステム開発会社へ依頼する時に、確認しておくべきポイントは以下の3点です。

  • 開発・導入実績

  • 料金

  • 運用ノウハウ

 

●開発・導入実績

これまでの開発・導入実績が多いシステム開発会社ほど、信頼性も高いといえます。一方、アプリの特徴は多岐に渡るため、開発実績の多い会社でも自社が求めるアプリは不得意の場合もあります。そのため、どんなサービスのアプリの開発が得意なのかを確認したうえで、開発・導入実績を確認し、依頼するかを判断すると良いでしょう。

 

●料金

アプリ開発には、初期費用や開発費用などの料金がかかってきます。より多くの機能をつけるほど、雪だるま式に料金は増えがちです。そのため、絶対に追加したい機能と、予算が合えば追加したい機能やサービスなどを確認しておくと良いでしょう。自社の費用対効果に合ったアプリを開発するのが大事です。

 

●運用ノウハウ

多くのアプリは、開発後の運用期間のほうが長くなるため、依頼する開発会社に運用ノウハウがあるかどうかも大事になります。システム開発会社は開発のみを行う会社もあれば、開発後の運用支援もサービスしている会社もあります。そのためアプリ開発後の自社運用について不安があれば、運用支援サービスを提供しているシステム開発会社を選ぶと良いでしょう。

 

店舗・販促アプリに必要な機能

店舗・販促アプリに必要な機能は、主に下記の4点です。それぞれがどのような機能かを解説していきます。

  • ポイント制度

  • クーポン発行

  • プッシュ通知

  • 会員制度

 

●ポイント制度

ポイント制度は、顧客が店舗で買い物した際や店舗への来店時に付与されるものです。これまで主流だったカード型のポイントカードを、スマホのアプリで管理する仕組みです。顧客が貯めたポイントは、クーポン券への交換や割引など店舗独自のサービスに利用ができます。また、アプリで管理することで、顧客がポイントカードをなくす心配もありません。ポイント制度のデータを、顧客管理システムと連動させることもできます。アプリでポイント制度を管理することで、顧客一人ひとりに合ったサービス提供に活かすことも可能です。

 

●クーポン発行

アプリを使えば、クーポン発行も行えます。アプリ内で発行できれば、紙のクーポンが不要となり、店舗のペーパーレス化につながります。また、アプリ内でのクーポンは期限の設定や利用回数などを管理でき、顧客の利用状況をデータ化するのも可能です。そのため、データ分析によって適切な時期に適切なクーポンを発行できれば、より店舗への集客を促すことにつながります。

 

●プッシュ通知

プッシュ通知は、店舗からの情報を顧客のスマホにポップアップとして通知する機能です。プッシュ通知によって、顧客への定期的な情報配信を行えるようになります。さらに、プッシュ通知は開封率の高さが魅力的なポイントです。メールマガジンなどと比較すると、ワンタップで通知を開くことができるため、顧客への情報を確実に届けることにつながります。

 

●会員制度

アプリ内に店舗の会員制度があれば、顧客情報を管理して、買い物金額の総額や来店回数などに応じてランク付けができます。上位の会員向けに、よりお得な情報提供や割引を実施することも可能です。上位会員になるインセンティブが魅力的なら、リピートの顧客が増えていく効果が期待できます。

また、これらの機能を開発できるおすすめのシステム開発会社を知りたい方は、以下のページで紹介していますので、参考にしてみてください。

 

アプリのリリース前に対策しておくべきこと

店舗・販促アプリをリリースする前には、対策しておくべきことがあります。主に下記の2点に注意して、対策をしておくと良いでしょう。

  • プッシュ通知の運用方法

  • 店舗オペレーションの確認

 

●プッシュ通知の運用方法

アプリを運用するうえで大きなメリットであるプッシュ通知ですが、運用方法については注意が必要です。なぜなら1日に何件も通知をしてしまうと、利用している顧客がうっとうしく感じてしまい、離れてしまう可能性があるからです。アプリから離れてしまうと、比例して実店舗への集客も期待ができなくなってしまいます。そのため、プッシュ通知の回数は何回が適しているかを社内外でアンケートを取り、適切な回数に設定するなどの対策が必要です。ほかにも、通知のON/OFF設定を行えるようにしておくなど、運用方法についての対策は必ず行うようにしましょう。

 

●店舗オペレーションの確認

アプリを開発・運用する中で、店舗オペレーションの確認が必要です。なぜならアプリの操作方法などを、顧客が店舗の従業員に問い合わせるケースがあるからです。そのため、店舗の従業員にもアプリがどのように利用されるのか、操作方法はどのようになっているかなどを教育する必要があります。具体的には、レジでアプリに表示されたクーポンの取り扱いなどです。顧客からの問い合わせにスムーズに答えられないと、顧客満足度の低下につながってしまう恐れもあるため、店舗オペレーションをきちんと確認しておくようにしましょう。

 

アプリのリリース前に行うべき施策例

店舗・販促アプリに限らず、アプリはリリースしても利用されなければ意味がありません。そのためアプリのリリース前に施策を打っておく必要があります。具体的には下記の2点の施策です。

  • ダウンロード数を増やす施策

  • アンインストール率を減らす施策

 

●ダウンロード数を増やす施策

ダウンロード数を増やす施策は、ASO(Application Store Optimization)やSNSとの連携などが挙げられます。ここでいうASOとは、自社で開発したアプリが、アプリストアで検索した際に、上位表示されるように行う施策です。具体的には、アプリのタイトルやアプリ内の概要に記載する説明文にキーワードを入れるなどの方法が挙げられます。ASOの対策を行うことで、ユーザーがアプリストアで検索した際に、すぐにインストールできるようになります。

また、自社でTwitterなどのSNSを運用している場合、ユーザーに対して発信することも可能です。特にSNSは、キャンペーン情報などと合わせて発信すると、効果的にダウンロードを促すことができます。SNSは拡散力が高いため、これまでターゲットにしていなかったユーザーを獲得できる効果も期待できます。

 

●アンインストール率を減らす施策

顧客にダウンロードしてもらっても、使い勝手が悪ければアンインストールされてしまいます。そのため、アンインストール率を減らす施策も重要です。具体的な方法としては、デザイン性の高いUIを作成する、運用時のバグを防止するなどが挙げられます。アプリを利用する際に見栄えが悪く、どこにどんな機能があるかがわからなければ、アンインストール率も高くなります。また、アプリにバグが多い場合も同様です。事前に使い勝手などを社内で十分にテストをして、万全な状態でリリースすることが大切です。

こうした開発後の運用サポートも行っているシステム開発会社を知りたい方は、以下のページで紹介していますので、参考にしてみてください。

 

売上アップを狙うなら店舗・販促アプリを活用しよう

昨今では、1人1台のスマホを持つことが一般的になりつつあります。

デジタル化の波が進むことで、必然的にスマホアプリの利用者も増えていくでしょう。そのため、アプリを開発していない企業のほうが少ない時代が来るかもしれません。店舗・販促アプリを開発して運用することで、従来の課題を解決するとともに、多くのメリットを享受できます。ぜひ本記事を参考に店舗の売上を伸ばすアプリの開発を始めてみてください。

 

アプリ開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国5000社以上からご提案

即戦力のアプリ開発会社を探すなら「発注ナビ」

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

■店舗アプリに関連した記事

 

即戦力のシステム開発会社を探すなら「発注ナビ」

希望ぴったりの外注先がラクして見つかる
soudan_banner

人気記事

関連記事

関連特集

offer_banner
即戦力のシステム開発会社を探すなら発注ナビロゴ
発注ナビは、システム開発に特化した
発注先選定支援サービスです。
紹介実績
19000
対応社数
5000
対応
テクノロジー
319
紹介達成数
92%
システム開発の発注先探しで
こんなお悩みありませんか?
checkbox
なかなかいい外注業者
見つからない。
checkbox
ITの知識がなくて
発注内容をまとめられない。
checkbox
忙しくて外注業者を探す
時間がない
悩んでいる人物
発注ナビの主な特徴
IT案件に特化
IT案件に特化
日本最大級5000社以上のシステム開発・WEB制作会社が登録。IT専門だから細かい要望が伝わり、理想的なパートナーが見つかる。
ITへの不安を徹底サポート
ITへの不安を徹底サポート
専門コンシェルジュがしっかりヒアリングするので、IT知識に不安があっても、まだ要件が固まっていなくても大丈夫。
完全無料・最短翌日紹介
完全無料・最短翌日紹介
コンシェルジュに発注内容を話すだけで最短翌日に開発会社をご紹介。しかも完全無料・成約手数料も無し。
さらに
東証プライム上場
「アイティメディア株式会社」
グループが運営
ご相談内容は一般公開しないため、クローズド案件でも安心。
ご紹介企業は第三者調査機関にて信用情報・事業継続性を確認済です。

発注先探しの
ご相談フォーム

発注ナビは貴社の発注先探しを
徹底的にサポートします。
お気軽にご相談下さい。
必須
必須
必須
■必要な機能・課題■ご予算■スケジュールなど
■企画書やRFPの添付が可能です(10MBまで)

お問い合わせには、
発注ナビ 利用規約  及び 個人情報の取扱い 
「当社からのメール受信」への同意が必要です。