発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

越境ECとインバウンドECの違いと活用法

最近、越境ECがにわか注目を浴び始めていることをご存知ですか?

これまで国内での販売がメインだったECサイトが国外のユーザーに向けて新たな取り組みを行っているのです。訪日客が増えている昨今、日本への観光客は年々増え2015年はおよそ2,000万人。日本のサービスを求めて訪日する彼らは決して日本国内だけでの購買では終わらないのです。

84d0afb877d63363d308f60489ac4abb_s

 

越境ECとは何か

 越境ECとは、オンラインで商品やサービスの売買が行われるEコマースです。最近では日本の文化・カルチャーが世界でも一般的に認められるようになり、多くのファンが海外にいます。これまでは、このような文化に触れ商品を購入するユーザーは、例えば秋葉原まで買い物のために訪れるということも少なくありませんでした。仮に、そういった秋葉原の商品を海外で販売する際には、現地に店舗を構えるために出店費、人件費、時間をと多大なコストをかけて行わざるをえませんでした。
 しかし、今ではインターネットのインフラが整ったことにより、欧米、アジア諸国と全世界に商品をアピール、販売することが可能になっています。
日本の人口が減少し、消費がだんだんと減っている日本国内でまかないきれない需要のニーズを解決する糸口は海外にあり、これを実現するひとつの手法が越境ECといえます。

 

インバウンドECとは何か

 インバウンドECは、その名の通り日本国内に商圏を限定したECサイトであり、これまでは多くのECサイトがインバウンドECでサービスを提供していました。越境ECとの大きな違いは集客方法です。ECサイトはSEO対策、アフィリエイト、リスティング広告、メールマガジンなど様々な手法が実施されてきました。しかし特にリスティング、アフィリエイトを始めとする広告は競合の参入が増え、市場に多くとプレイヤーが集まってくると獲得単価が高騰します。そのため市場は激化し、多くのプレイヤーが利益を削りながら売上をあげていくという消耗戦が続いていました。

 

越境ECとインバウンドECの導入に際して必要なこと・用意すること

 インバウンドECには様々なCMSが用意されており構築は比較的簡単ですが、越境ECは選択肢がいくつかあります。自社によるECサイト構築、国内ECサイトの海外版CMSの利用、海外ECサイトのCMSの利用、の3つです。

「自社によるECサイト構築」

コストは高いですが自由度が高く、機能を取捨選択することができることがメリットです。

「国内ECサイトの海外版CMS」

自由度が低く手数料も高くつきますが、母国語のサポート体制も安心ですし何より早くスタートできます。

「海外ECサイトのCMS」

自由度という点でかなり制約があります。それは、国ごとのユーザー志向によるデザインなどの違いです。しかし、一定以上海外では認知されているサービスであれば、集客も期待できるでしょう。

ご自身のサービスと目的にあったECサイトを選定することが何よりも大事なことだと言えます。

 

■システム開発の外注先探しは「発注ナビ」で

システム開発会社はすでにお決まりですか?

発注ナビは、システム開発に特化した発注先選定支援サービスです。
全国1500社以上の開発会社から、貴社に代わって最適な発注先をお探しします。
ご相談からご紹介まで完全無料(成約手数料なども一切不要です)。
最短1日のスピード紹介で、お急ぎの案件でもお待たせすることがありません。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

発注先選びにお困りの方はこちら

具体的にECサイト構築が得意な会社を探す

ECサイト構築の発注先を「専門スタッフ」に相談する

 

関連する記事

PAGETOP