発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

モバイルアプリの解析で欠かせない3つのツール

ユーザーがモバイルアプリをどれほど利用しているのか解析し、マーケティングに利用することは、利益を上げるために不可欠です。

しかし、さまざまな分析ツールが存在するため、どのツールが良いのか悩む方も多いでしょう。

そこでモバイルアプリ分析がどこまでできるのか、どのようなツールがあるのか解説していきます。

 

  23e84a79cf02784fc215719b4b1b6577_s

モバイルアプリ解析ツールでわかること

 モバイルアプリ解析ツールを使うと、利用状況、ユーザー行動、ユーザー層、アプリ内のキャンペーンの結果などを分析することができ、その結果をもとにユーザーの属性をセグメント化することも可能です。
例えば、新規ユーザを獲得するための要因を分析したり、アプリ内課金に至るまでの遷移フローを分析することが可能です。
どのようなユーザーがどのような経路を辿って購入するに至ったのかを知ることで、アプリの運営・改善につなげ、より多くの利益を得るための次のキャンペーン対策へと移るのです。

 

1.Firebase Analytics

 Firebase Analyticsとは、アプリの使用状況やエンゲージメントに関して分析し測定する無料ツールです。
分析できる内容としては、ユーザー層、使用頻度、使用時間、アプリ内購入金額などがあります。それぞれのユーザーについて無制限のアプリレポートを作成するだけでなく、複数の広告やキャンペーンの効果を測定するアトリビューション分析と組み合わせることが可能です。それにより、どのようなキャンペーンを行うことが効果的であるかを予測するのです。

 

2.Adobe Analytics

 Adobe Analyticsは、多数の様々な情報源からデータを集め、リアルタイムの分析や細かいセグメント化を実現する有償ツールです。
 利用頻度や購買経験、広告がどのような効果をもたらしたのかを総合的に分析することで、キャンペーンの効果を測定することが可能です。また、アプリユーザー1人1人の行動や属性について分析・分類するため、ユーザーの比較をすることが可能です。その結果に基づいてマーケティングの予想を行い、ユーザーの予測される行動に基づいたキャンペーンを行えます。

 

3.Localytics

 Localyticsは、スマートフォンアプリとタブレットアプリのために開発され、世界各国数千アプリに広く普及しているアプリ解析ツールです。
 データをリアルタイムで集めることができると同時に、オンラインでの利用も正確な時刻で計測することが可能です。それにより、Localyticsのユーザーをアプリの利用時間、使用OS、人気コンテンツ、地域分布とセグメントすることで、よりユーザーについて詳細に分析します。
 レポート生成前のアプリの解析データについてフルアクセスし、モバイルアプリの分析指標をさまざまなWeb解析ツール、CRM、広告配信サーバーに取り込むことが可能です。

 

■システム開発の外注先探しは「発注ナビ」で

システム開発会社はすでにお決まりですか?

発注ナビは、システム開発に特化した発注先選定支援サービスです。
全国1500社以上の開発会社から、貴社に代わって最適な発注先をお探しします。
ご相談からご紹介まで完全無料(成約手数料なども一切不要です)。
最短1日のスピード紹介で、お急ぎの案件でもお待たせすることがありません。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

発注先選びにお困りの方はこちら

具体的に『アプリ開発』が得意な会社を探す

アプリ開発の発注先を「専門スタッフ」に相談する

 

関連する記事

PAGETOP