発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

「Apache」とは?Webサーバソフトの役割から特徴に至るまで詳しく紹介

Ryazan,,Russia,-,June,05,,2018:,Homepage,Of,Apache,Website

Microsoft社が提供する「IIS(Internet Information Services)」や、Googleが使用している「Google Web Server」など、Webサーバソフトの中には著名なものが数多く存在します。
数あるWebサーバの中でも、長い歴史を持つ「Apache(アパッチ)」をご存じでしょうか。

汎用性の高さと導入のしやすさから、システム開発で使用するWebサーバにApacheが起用されるケースも少なくありません。
今回は、Apacheの基本情報からメリット、導入方法に至るまで詳しく紹介します。Webサーバソフトの導入、またはApacheを検討している企業担当者であれば、当コンテンツをぜひご参照ください。

 

目次

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国2000社以上からご提案

200x200b

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

Apache(アパッチ)とは?

Apacheとは、世界的に使用される著名なWebサーバソフトの1つです。高い性能と優れた動作性から、企業や個人を問わず人気を博しています。最初のバージョンが公開されたのは1995年と古いものの、細かなアップデートを繰り返しながら20年以上も使われ続けているほどです。Webサーバソフトを選ぶうえで「必ず選択肢に入るWebサーバソフト」と言っても過言ではないでしょう。

オープンソースのため「無料で使用可能」という特徴から、レンタルサーバーのプランに最初から組み込まれていることもしばしばです。企業でホームページやブログを開設するために「費用をかけずにWebサーバを使いたい」というケースであれば、Apacheを使用してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、エンジニアの間ではApacheという呼び名で定着していますが、このApacheという名前は省略形の名称です。正式には、「Apache HTTP Server」という長めの名前が付けられています。

 

Webサーバソフトウェアとはどういうもの?

Apacheの具体的な特徴やメリットを紹介する前に、「Webサーバソフト」について簡単に解説しましょう。そもそもWebサーバとは、ホームページやブログのデータを、パソコンやスマホのブラウザに送ってくれるサーバのことです。わかりやすく言えば、「Webページを表示させるのに必要なデータの保管場所」という認識でも良いでしょう。

Webページは、HTMLファイルや画像ファイルなどさまざまなファイルで構成されていますが、これらのファイル(データ)を格納しておく場所こそがWebサーバなのです。このWebサーバの中で、データの受け渡しなどのやり取りを一手に引き受けるのが、Apacheのような「Webサーバソフト」となります。

なお、「サーバについて詳しく知りたい」「他にはどんな種類のサーバがあるの?」という方であれば以下のページをご参照ください。サーバの基本情報から構築におけるポイントに至るまで、わかりやすく解説をしています。

■サーバ構築のポイントとは?今さら聞けないサーバに関する基礎知識

 

Apacheの特徴・メリット

さて、そんなWebサーバソフトの代表格とも言えるApacheには、どんな特徴やメリットがあるのでしょうか。

  • OSを選ばずに動作する

  • オープンソースなので無料で使用可能

  • 処理速度が速い

  • 機能の豊富さ

 

●OSを選ばずに動作する

アプリケーションやシステムによっては、「OSの種類」で動作に不具合が生じることもあります。一方のApacheは、複数のOSで動作します。MacやWindows、Linuxといった主要なOSで使用できることから、汎用性の高さに定評のあるWebサーバソフトとして人気があります。

 

●オープンソースなので無料で使用可能

概要の項でも触れましたが、Apacheは誰でも無料で使用できるオープンソースのWebサーバソフトというメリットがあります。もちろんサーバそのもののレンタルやドメインの取得には費用こそ発生しますが、お金をかけずにホームページやブログを開設したいケースにおいては、最適なWebサーバソフトです。

 

●処理速度が速い

Apacheは、処理速度が高速という特徴も備えています。ホームページの表示や動的コンテンツの動作もスムーズに処理できるため、規模の大きいサイトでも快適な動作を実現しやすいのがメリットです。PHPやデータベースとの連携もしやすく、CMSを動かすのが容易なのもポイントと言えます。

 

●機能の豊富さ

数十年にわたって人気を博してきたApacheには、追加で機能を拡張できるモジュールが数多く用意されています。オフィシャルで公開されているものをはじめ、ユーザーが独自に開発したモジュールも少なくありません。必要な機能を自由に搭載できるカスタマイズ性の高さも、WebサーバソフトとしてApacheの優れている要素です。

このほかにも、Apacheには動作の安定性やセキュリティ性の高さなどの利点があります。また、長年の実績から普及している技術情報も多く、「エンジニアが習得をしやすい」という点も隠れたメリットと言えるでしょう。

 

Apacheを導入する際の注意点

一見すると欠点がないようにも見えますが、Apacheにもデメリットは存在します。例えば、Apacheは複数のデータ処理を実行するとメモリを大量に消費してしまい、同時処理数が多いほど動作が重くなりがちです。将来的なアップデートに伴い、解消される可能性こそありますが、この特徴から多人数が同時に使用するようなWebサイトには不向きと言えます。

加えてApacheは、オープンソースという特性上「サポートや保証が存在しない」というデメリットもあります。何かしらのトラブルが発生した時は、ユーザー側で対応しなければいけません。ITの知識やスキルに自信のない方であれば、IISのように企業が提供するWebサーバソフトの導入を検討するのも手です。

とはいえ、先の項で紹介した通りApacheは利用者が多い分、出回っている情報量が多いWebサーバソフトです。たとえ技術的な問題が発生したとしても、トラブルシューティング自体は充実しているため、問題解決には至りやすいでしょう。

 

Apache以外にもWebサーバソフトはあるの?

トップシェアのApache以外にも、人気の高いWebサーバソフトは数多く存在します。中でも、Apacheと比較検討をされやすいIISとnginx(エンジンエックス)の2つを簡単に紹介しましょう。

 

●IIS(Internet Information Services)

IISは、Windowsでお馴染みのMicrosoftが提供するWebサーバソフトです。Apacheよりもシェア率にこそ劣るものの、Microsoft製品との親和性が高く、視覚的に操作がしやすいという特徴を備えています。Microsoftの手厚いサポートも用意されているため、初心者にもおすすめのWebサーバソフトと言えます。

 

●nginx(エンジンエックス)

nginxは、Apacheと人気を二分する著名なWebサーバソフトとして知られています。Apacheが苦手とする複数のデータ処理にも高速で対応できるのが最大の特徴です。カスタマイズ性も高く、機能の拡張もしやすいWebサーバソフトとなっています。一方、nginxは技術的な難易度が高く、初心者が扱うのに不向きという欠点があります。

 

Webサーバソフトごとに特徴が異なるため、ホームページやブログの開設をする際は、それぞれの特性を把握したうえで最適なものを選ぶことをおすすめします。目的に見合ったWebサーバソフトを選ぶことができれば、Webページの運営管理のしやすさ、ユーザビリティなどの向上にも繋がるでしょう。

 

Apacheはどんな用途におすすめ?

では、ApacheはWebサーバソフトの中でもどのような用途に向いているのでしょうか。汎用性の高いApacheは、個人サイトや企業ブログのように、あらゆるサイトを開設するうえで重宝するWebサーバソフトです。オールマイティに使用できる分、とくにこだわりがなければApacheを選択しても良いかもしれません。

とはいえ、メリットの項で紹介した通り、Apacheはデータ量が多くても処理速度が速いという特徴を備えています。この特徴を鑑みれば、Apacheは「企業が運営するECサイト」または「コーポレートサイト」のような、大規模なサイト(またはサービス)に適していると言えるでしょう。

一方、Apacheは同時接続が増えると処理速度が重くなるという特徴があるため、SNSサービスのような同時接続が前提のサイトには不向きかもしれません。モジュールの追加や環境構築によって、これらのデメリットをある程度は緩和することも可能ですが、作りたいWebサイトやサービスに合わせて、nginxやIISのようなほかのWebサーバソフトを併用するのも良い方法と言えるでしょう。

 

Apacheを使ってサイト開設をするには?

最後に、Apacheを使ったサイト制作や環境構築について言及しておきましょう。
オープンソースであるApacheは、オフィシャルサイトから容易に入手やインストールが可能です。とはいえ、Webサーバソフトの設定や環境構築、モジュールの追加などを行うには、ITに精通したエンジニアがいないと難しいでしょう。Webサーバを扱うエンジニアはインフラエンジニアやサーバエンジニアなどが挙げられますが、一般企業でこれらのエンジニアを備えているケースは稀です。

そこで、Apacheを使ったサイト制作や環境構築を行う場合は、システム会社へ外注をすることをおすすめします。システム会社の中には、ApacheをはじめとしたnginxやIISの扱いに長けた企業が多く、Webサーバの設定からサイト制作に至るまで依頼できる企業も少なくありません。とくに、エンジニアを抱えていない企業で「サイト制作や運営管理を行いたい!」「Webサーバの環境構築を依頼したい」というケースにおいては、Apacheに強いシステム会社が強い味方となってくれることでしょう。

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国2000社以上からご提案

200x200b

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

■Apacheに関連した記事

MySQL開発でおすすめのシステム開発会社8社 【最新版】

 

 

 

PHPのシステム開発でおすすめの開発会社10社【最新版】

 

 

 

関連する記事

PAGETOP