発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

EC-CUBE対応のシステム開発会社の費用相場などをくわしく解説

eccube-cost-market

ECサイトを構築する際には数多くのツールが使えます。その中でもEC-CUBEは、すでに多くのネットショップに導入されているオープンソースのCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)ソフトウェアです。これから自社のECサイトを新しく作ることを検討している企業にとって、EC-CUBEは非常に魅力的なソフトウェアです。自社に制作ノウハウがなければ外部の制作会社に依頼する必要がありますが、ここで気になるのはやはり制作費用でしょう。
そこで本記事では、「EC-CUBEでECサイトを構築するときの費用相場」、「EC-CUBEの特徴」、「EC-CUBEでできること」などについてご紹介します。またEC-CUBEを導入している有名ECサイトや、クラウド版EC-CUBEとダウンロード版EC-CUBEの違いについてもご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

目次

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国2500社以上からご提案

200x200b

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

EC-CUBEを用いたECサイトの構築にかかる費用相場とは

この項目では、まずEC-CUBEを使ってECサイトを構築するときにかかる費用の相場について解説します。

 

●制作会社に依頼するときは初期費用と月額費用がかかる

EC-CUBEを使ってECサイトを構築してくれる制作会社は数多くあります。費用形態にはいくつかのパターンがありますが、おおむね初期費用と月額費用がかかります。初期費用はECサイトを構築するために必要な費用です。月額費用はECサイト構築後に必要な保守作業や更新作業を行うときに必要になります。

初期費用の料金相場は以下のとおりです。

  • 小規模サイト(登録商品10個程度):約10万円~約35万円

  • 中規模サイト(登録商品50個程度):約50万円

  • 大規模サイト(登録商品100個以上):約60万円~約100万円

月額費用の料金相場は以下のとおりです。

  • 小規模サイト:約1万円

  • 中規模サイト:約1万円~約1万5,000円

  • 大規模サイト:約2万円

上記のようにほとんどの制作会社が構築するECサイトの規模によって料金プランを分けています。月額費用についても、最初から料金に含まれているケースもあれば、必要なサポートや保守作業の内容によって後で追加するケースもあります。自社のECサイト運営体制や月々の運営予算を考慮して選ぶことが重要です。

 

●カスタマイズによって費用が大きく変わる

EC-CUBEは、構築するサイトの規模が大きくなればカスタマイズできる範囲も広がります。EC-CUBEは無料のソフトウェアであるため、実装機能が標準的でテンプレートをうまく使えばカスタマイズにもさほど手間はかかりません。費用も安く抑えることができ、構築する時間も短くて済みます。ただ、依頼する側の要望が多ければ多いほどカスタマイズする幅が広くなり、作業工数が増加します。作業工数が増加すれば、その数に比例して制作会社に支払う料金が高くなるでしょう。

また、ECサイト運営を成功させるためのカギになるWebデザインについても、購入するデザインテンプレートによって制作費用の総額が変わることがあります。成功するECサイトは、ユーザビリティの高いサイトであることが必須です。画像やテキストだけで商品の魅力が伝わるデザイン、商品詳細ページや決済ページに迷わず遷移できるレイアウトなど、ユーザーにとって使いやすいサイトである必要があります。

EC-CUBEの公式ストアで販売しているデザインテンプレートは、シンプルなものであれば約10万円程度でも購入可能です。しかし、おしゃれなデザインテンプレートやレスポンシブに対応したテンプレートであれば17万円ほどかかるため、やや高額といえます。

自社ECサイトの構築を制作会社に依頼するときは、以下のような内容もきちんとチェックしてください。

  • 制作会社がオリジナルのデザインを用意してくれるのか

  • 料金プランにはそのオリジナルデザイン費が含まれているのか、別途費用がかかるのか

  • 公式ストアのデザインを別途購入する必要があるのか

上記に挙げた、これらを確認することが大切です。デザイン・機能の両方に自社のこだわりや希望を妥協なく反映させる場合、それだけ制作費用が高くなり、開発期間も長くなります。そうなれば、制作費用は軽く100万円以上かかるでしょう。サイト構築を依頼する際におすすめの開発会社は、「EC-CUBEを使ったECサイト構築でおすすめの制作会社8社 【最新版】」で紹介していますので、ぜひ一度確認してみてください。

 

契約前に見積書の作成を依頼しよう

先述のとおり、EC-CUBEを使ってECサイトを構築してくれる制作会社は、さまざまな料金プランや費用形態を用意しています。そのため見積もりは複数の会社から取得して比較検討することが重要です。ほとんどの制作会社では、契約から開発の流れを円滑にするために見積書を出してくれますが、中には出すことを渋る制作会社もあります。この場合その制作会社と取引する価値があるか、取引することでトラブルが起きないか、などをしっかりと検討することが大切です。

こちらの要件定義がはっきりしていれば、明確な見積書を出せます。このため見積書についてクリアにしてくれない制作会社には、依頼しないほうがのちのトラブルを気にしないで済みます。

 

EC-CUBEの特徴

EC-CUBEは、株式会社イーシーキューブが提供しているECサイト構築パッケージで、国内ナンバーワンのシェアを誇っています。そのため、小規模なECサイトだけでなく、有名な大規模ECサイトの数多くもEC-CUBEで作られています。EC-CUBEは、「商品やサービスを紹介するための機能」「ユーザーが商品をカートへ入れるための機能サービスに申し込むための登録ページを作る機能」といったECサイトには欠かせない機能を網羅しているのが特徴です。

また、「商品別の売上集計機能」、「在庫管理機能」、などECサイトを運営するために役立つ管理機能も備えています。このほか、自分の好みに合ったプラグインを後から追加することも可能です。Webサイトを制作するためのツールとして有名なものにWordPressやホームページビルダーがありますが、EC-CUBEはECサイトを作るために特化したソフトウェアです。3つともCMSであることには変わりありませんが、ECサイトを制作する場合は総合的に機能が豊富なEC-CUBEがおすすめできます。

EC-CUBEの詳細については以下のリンクで紹介していますので、「EC-CUBEとは?基礎知識と特徴をわかりやすく解説」もご確認ください。

 

EC-CUBEでできること

EC-CUBEでできることは以下のとおりです。

  • カート内部ページや会員ページのデザインもこだわって作ることができる

  • 専門知識がなくても導入できる

  • 無料で利用できる※自前インストールタイプの場合

  • ECサイトの運営に必要な基本機能が網羅されている(必要な機能を探し回る必要がない)

  • 独自性のあるカスタマイズにも柔軟に対応できる

  • 拡張プラグインを使えば、機能が広がる(定期購入・BtoBサイト・オンライン予約など、さまざま販売形態に対応している)

また、EC-CUBEに実装されている管理機能は以下のとおりです。

  • 認証機能

  • 商品管理(商品の登録や編集ができる。CSVファイルで一括登録も可能。ひな形となる見本ファイルも用意されている)

  • 受注管理(CSV形式のファイルで一括ダウンロード可能)

  • 会員情報管理(基本的な会員情報だけでなく、購入履歴も管理できる)

  • コンテンツ管理(サイト全体のレイアウト、各ページの作成や編集ができる。新規作成ではmetaタグが使える)

  • メルマガ配信

  • 売上集計

EC-CUBEに実装されているフロント機能は以下のとおりです。

  • 商品紹介(ユーザーレビューやお気に入り登録機能も利用できる)

  • 商品注文(決済、配送時間の指定なども可能)

  • お客様ページ(会員登録から退会処理まで可能。また、注文履歴の確認、お気に入り商品の登録などもできる)

  • お問い合わせフォーム

EC-CUBEの機能が気になる方は、クラウド版の場合2週間無料のトライアル版が用意されているので確認することをおすすめします。インストールする前のトライアルとしても、クラウドで利用する場合のトライアルとしても利用可能です。

 

クラウド版とダウンロード版どっちを採用すべき?

EC-CUBEにはクラウド版とダウンロード版があります。クラウド版は「ec-cube.co」といい、ダウンロード版の「EC-CUBE4系」がベースです。

機能はほぼ同じで、EC-CUBE4系で利用できる決済のためのプラグイン、デザインテンプレートを利用できます。ec-cube.coのプラグインは350種類以上あります。

主なプラグインは以下のとおりです。

  • 売上集計プラグイン

  • Site Kitプラグイン

  • おすすめ商品管理プラグイン

  • クーポンプラグイン

  • 関連商品プラグイン

  • 商品レビュー管理プラグイン

  • メルマガ管理プラグイン

  • Web APIプラグイン

また、ec-cube.coは、ダウンロード版とは違ってインストールや利用するために必要な環境構築が不要です。そのため、すぐに使えるのが大きなメリットといえます。

ec-cube.coのほかのメリットとしては、「自動アップデート(毎週の定期更新、不定期の大型アップデートに対応)」、「サーバー保守(高負荷でもスケール対応)」、「セキュリティ対策(SSL化と24時間監視体制)」、「開発環境の提供(本番環境とは別にテスト環境を用意)」、「独自ドメイン設定」が挙げられます。これらのようにメンテナンスやソフトウェアのアップデートが自動なため、運用コストを大幅に削減可能です。すでにダウンロード版を利用している人もクラウド版に引越しできます。

クラウド版に引越せば、それまで手動で行っていたメンテナンス・セキュリティ・サーバー保守などの作業が自動化できます。自動アップデートのため、無駄なリソースを使うことなく、常に最新のEC-CUBEが利用可能です。ただしクラウド型では保守・運用費をEC-CUBE公式へ任せるため月額費用が発生します。これを高いと取るか、自社にリソースがいないから安いと取るかは変わってくるでしょう。インストールして運用するにもクラウドで運用するにもメリット・デメリットが出てくるので、公式サイトの説明も見ながら判断を誤らないようにしてみてください。

 

EC-CUBEでの開発は外部委託するのも手

自社でEC-CUBEを使ったクオリティの高いECサイトを構築するには、専門的なノウハウが必要です。自社に制作ノウハウがないときは、外部の制作会社に依頼するのが得策といえます。EC-CUBEは有名なツールであるため、扱える制作会社も多く公式の認定パートナーという扱いを受けている企業も存在します。そのため、自社の希望に合う制作会社を探すのもさほど難しくないでしょう。制作会社を探すときは、自社の希望や用意できる運営体制・運営予算などを明確にして、複数の会社から見積もりを取ってみてください。

発注ナビでは複数社から一度に見積もりを取ることが可能です。以下に、EC-CUBEを使ったECサイト構築でおすすめの制作会社を紹介していますので、自社にぴったりな開発会社を見つけてみてください。

 

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国2500社以上からご提案

200x200b

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

■EC-CUBEに関連した記事

ECサイト構築でおすすめのシステム開発会社15社【最新版】

ShopifyによるECサイト構築でおすすめのシステム開発会社10社【最新版】

関連する記事

\条件ピッタリの/
発注先を探してもらう
無料
PAGETOP