発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

HPが完成したら真っ先に取り組むべきこと

今回は、「HPが完成したら真っ先に取り組むべきこと」。

Googleウェブマスターツールを設置する

Googleアナリティクスを設置する

定期的な調整は必要不可欠

HPが完成したら真っ先に取り組むべきこと

はじめに

ホームページ(以下HP)が完成し、「できるだけ多くの人にこのHPを見て欲しい」と思うなら、真っ先に「Googleウェブマスターツール」と「Googleアナリティクス」の導入・活用をお勧めします。

Googleウェブマスターツールとは

まず、Googleウェブマスターツール(以下、ウェブマスターツール)について説明します。ウェブマスターツールとは、検索エンジン大手であるGoogle社が無料で提供しているツールのひとつです。

ウェブマスターツールにできることは非常に多岐に渡りますが、たとえば

・サイトにクローラーを呼ぶことができ、Google検索へのサイト登録が促される

・どんなキーワードで検索された時、自社サイトが何位で表示されるか、また、表示されたうち、クリックされる率はどのくらいか(検索クエリ)がわかる

といった機能が典型的でしょう。

このように、ウェブマスターツールは、自社サイトの評価を客観的に見るうえで重要な指数の多くを簡単に入手・分析することができます。

 

Googleアナリティクスとは

次に、Googleアナリティクス(以下、アナリティクス)の説明です。

アナリティクスもウェブマスターツールと同様、Google社が無料で提供しているアクセス解析ツールです。このツールを使うと、「サイト内でどのページがどれくらい読まれているか」「どのページがLP(ランディングページ=読者が最初に訪れたページ)となっているか」「どのページで読者がこのサイトを見るのをやめたか」といった「読者の行動追跡」を行うことができます。

 

ツールの登録について

ウェブマスターツールもアナリティクスも、導入や設定はそれほど難しいものではありません(簡単な英文読解能力は必要ですが、これもGoogle翻訳を使うことなどで対応できるでしょう)。

「Googleウェブマスターツール」「Googleアナリティクス」のキーワードで検索して当該ページにアクセスし、Googleアカウントを持っている人はそのままログイン、持っていない人は無料でアカウントを作成することで登録画面に移行します。

後は設問に答えて入力していくことで登録が完了します。登録内容は後から自由に変えることができますから、最初からそれほど真剣に悩む必要はありません。むしろ、登録内容も含め後から試行錯誤していくことで徐々にスキルを身につけていく、といった柔軟な考え方の方が望ましいでしょう。

ただし、これらを本格的に使いこなしてHPの検索順位を上げるとなると、それなりに勉強や努力は必要です。大きな成果を求めるほど専門知識も要求されるでしょう。

 

おわりに

自分で何もかもやろうとせず、こうしたツールによる分析やサイトの最適化に関してコンサルティングしてくれる企業の利用を視野に入れても良いのではないでしょうか。

 

img02

 

発注先選びにお困りの方はこちら

具体的に『WEBサイト構築』が得意な会社を探す

WEBサイト構築の発注先を「専門スタッフ」に相談する

 

関連する記事

PAGETOP