発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

ホームページの完成は、ゴールではなくスタート~ホームページ運用のコツ~

ホームページ制作は「完成=終了」となってしまいがちです。しかし、実際にはHPを作るだけではお客さまは増えません。今回は制作後の運用のコツをご紹介します。内容をざっくり言うと・・・・

ホームページ運用は「インターネット支店の経営」

ホームページ運営には戦略と方針が不可欠

ユーザーにメリットがなければ誰も見に来ない

はじめに

ホームページ(以下HP)制作は、つい「完成=終了」と思い込んでしまいがちです。デザイナーに外注して美しいHPが完成したら、後は気が向いた時に適当に更新すれば・・・などとゆったり構えてしまう人も多いようです。

しかし、個人の趣味のHPならともかく、企業やショップのビジネスHPでは、これはまったくのナンセンスです。

ビジネスHPの公開は、例えてみれば「インターネット支店の開設」のようなもの。リアルな世界で、「新しいショップがオープンしたようだが、誰もいないし何もやってない」というようなことがあり得るでしょうか。

ホームページは「インターネット支社」

しかし、残念なことにHPの世界ではこうした状況が往々にしてみられます。ビジネスHPは、確かに公開も大切ですが、それ以上に「どうお客を呼び、どのように目的を達成するか」という運用の方がはるかに重要なのです。

HP運用には戦略と方針が不可欠

ビジネスHPの制作にあたっては、まず「戦略」と「方針」が必要です。運営担当者を任命し、その担当者の目標とタスクを設定しなくてはなりません。

このHPに果たして欲しい役割は何か(たとえば見込顧客からの問い合わせの増加、商品の受注など)を明確にし、具体的な数値目標(新規問い合わせ10件/月、月商100万円、など)を設定します。これが戦略です。

次に、HPの運営担当者を任命し、目標を達成するためのタスク(どういう内容のコンテンツをどのくらいの頻度で更新するか)を割り当てます。もちろん、タスクと目標は定期的な見直しが必要です。「このコンテンツは効果が薄いから、別の企画にしよう」などの軌道修正も随時必要でしょう。

ユーザーにどんなメリットを与えるか?

HPの読者は、HPに対して必ず何らかのメリットを求めます。たとえばニュースサイトであれば「新鮮で正確な情報が手に入る」、レシピ集サイトであれば「いろんな料理のレシピ、バリエーションを知ることができる」といった具合です。

ビジネスHPの場合、ともすれば運営側が提供する情報は、自社にとって都合のよい情報・知ってほしい情報に偏りがちです。しかし、これでは読者のニーズを満たすことはまったくできません。

たとえば、テレビ番組で「本編よりもコマーシャルの時間が長いドラマ」などを放送したら、誰が見るでしょうか。HPの情報もそれと同じです。「読者に伝えたい情報」ではなく、「読者が必要とする/面白がる情報に、企業側から伝えたいメッセージを加味する」というのが読者数を増やす秘訣です。

 

おわりに

HPにも、一般企業と同じく「顧客に必要とされ、貢献度の高い企業が伸びる」という鉄則が当てはまります。これからHPを制作しようという人も、「HPを作ってみたが、いまひとつ効果が実感できない」という方も、ぜひこれらの考え方を参考になさってください。

img02

 

発注先選びにお困りの方はこちら

具体的に『WEBサイト構築』が得意な会社を探す

WEBサイト構築の発注先を「専門スタッフ」に相談する

関連する記事

PAGETOP