発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

ホームページをリニューアルするには「タイミング」が重要!

今回は、「ホームページのリニューアル」について。

「古い」といわれた時はデザインをリニューアル

コンテンツが増え過ぎたらインターフェースをリニューアル

不便さを感じたら新しい機能を追加実装

はじめに

リニューアルのタイミングとは?

「ホームページをそろそろ改修しようか?」「デザインだけでもリニューアルしよう」

こういった話題が社内で盛り上がってきた時、「善は急げ」と急いで着手するのは考えものです。

もちろん、状況によってはそれが望ましい場合もあるのですが、ホームページのリニューアルには、理由によってベストのタイミングを見計らう必要があるからです。

また逆に「リニューアルを検討すべきタイミングだ」と受け止めるべき兆候・現象もあります。

 

「デザインが古い」といわれた時

ホームページのデザインやインターフェースにはトレンドがあります。たとえば、ページ上でマウスを動かすと、グラフィックがそれに反応して変わる「Flash」という技術が流行ったこともありますし、陰影や立体感を強調するデザインが流行ったこともあります。

 

こうした流行は一過性のものが多く、先端ばかりを追求する必要はありません(デザイン事務所やweb制作会社などを除く)。しかし、あまりにも流行遅れのデザインをそのまま放置しておくと、「この会社はホームページ運営に力を入れていないのだろう」「センスが古い旧態依然とした会社なのではないか」といった憶測や誤解を招いてしまいます。

 

外部・内部に関わらず、こうした指摘を受けた場合はリニューアルを検討すべきタイミングだと考えられます。

 

コンテンツが増えすぎて使いづらくなった時

ホームページの運用はこまめな情報更新が重要ですが、長年更新しているうちにコンテンツが累積し過ぎて、ユーザーが閲覧・利用しにくくなるといった現象がよくみられます。

 

ホームページにおいて、「サイト構造が直感的に把握できる」「何の情報がどこにあるかがすぐわかり、すぐ引き出せる」というポイントは非常に重要です。ユーザーに「良いコンテンツがあるようだが、情報が探しにくいな」と思われると、ユーザーはすぐに別のサイトに飛んでしまうからです。

 

こういう場合はサイト構造の見直し、階層を増やす・整理する、分類のしかたを変える、直感的に情報が探せるようにする、といったユーザーインターフェース的なリニューアルが必要です。

 

アクセス解析で、「ユーザーが情報を探しているうちに、目的ページに到達できず帰ってしまう人が増えた」などという分析結果が出たら、リニューアルのタイミングかもしれません。

 

相対的に不便になった時

たとえばECサイトの場合、旧式のシステムでは「ダウンロード商品のアカウントが出来ない」「自動請求書発行システムを実装していない」「多彩な決済システムに対応していない」など、最新型のサイトに比べて不便さが目立ちます。

 

「不便になった」のではなく、競合サイトが進歩したことによって、相対的にユーザーが不便を感じるわけですが、こうなったら、できるだけ早いタイミングでリニューアルを行うべきです。

 

おわりに

よほどのオンリーワン商品を扱っているのではない限り、ユーザーは常に多くのサイトを比較しながら、自分にとってもっとも快適で便利で、なおかつベネフィットの高いサイトを選択します。

いったん「このサイトは不便だ」という印象を持たれると、それを払拭するのには多くの時間と費用と努力を要します。可能な限り、不便さが表面化する前に対応するべきでしょう。

 

img02

 

発注先選びにお困りの方はこちら

具体的に『WEBサイト構築』が得意な会社を探す

WEBサイト構築の発注先を「専門スタッフ」に相談する

 

関連する記事

PAGETOP