発注ナビ

SCMの費用相場とは?自社に合うシステム選定のポイント

SCMのイメージ図

SCMとは、サプライチェーンマネジメントを指します。生産・流通の過程のことを言います。サプライチェーンを最適化することには多くのメリットがあり、製造や販売を行う企業は知っておきたいツールの1つです。そこで、SCMについて知りたい方に向けて、SCMの費用相場や正しい選び方をまとめました。SCMの概要や導入するメリット・問題点について、さらに活用事例も紹介します。

 

目次

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国4000社以上からご提案

即戦力のシステム開発会社を探すなら「発注ナビ」

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

【おさらい】SCMって何?

SCMとは、サプライチェーンマネジメント(Supply Chain Management)を略したものです。日本語に訳すと「供給連鎖」という意味です。SMCは、原料を調達するところからスタートし、商品が消費者の手に渡るまでの生産・流通に関する物流管理を行うことができるツールです。

 

SCM案件が注目される背景

SCMは、2000年頃に一度注目をされました。現在になって再びSCM案件が注目されるようになったことには、以下のような4つの理由があります。

  • 企業のグローバル化

  • 人材不足

  • テクノロジーの進化

  • ECサービスの発展

 

●企業のグローバル化

グローバル化によって世界中に生産・販売拠点を築くようになると、世界と日本との習慣の違いがネックになりました。日本国内だけで取引する時とは異なる流通プロセスの見直しが求められるようになったのです。

生産性を上げることや、生産計画と適切な事業戦略が必要です。全体的な業務や作業の最適化を図らなければ、競合他社に遅れを取ることになります。そこで、SCMが注目されました。

 

●人材不足

日本では、少子高齢化による労働人口の減少が問題になっています。労働人口の減少によって、人手不足や人員不足が深刻化し業務の効率化が必要に迫られています。

限られた人員で流通を支えるためには、SCMによって物流を調整する必要があります。仕入れを適正な量だけ行うことで、無駄な輸送を削減します。それにより、最適な配達のみを行うことが可能となります。

 

●テクノロジーの進化

インターネットやSNSなどテクノロジー全体で進化が常に進んでおり、膨大なデータから顧客のニーズや価値観をビジネスに活かすことができるため、さらなる効率化と最適化を図る動きが加速しています。

SCMを導入すると、日本でも変化が激しい市場や顧客の需要を正確に予測して、事業リスクの軽減が可能です。

 

●ECサービスの発展

ECサービスとは、商品やサービスなどをインターネット上で販売すること、つまり通信販売を指します。インターネットを利用した通信販売、Amazonや楽天市場などを利用する人が激増し、在宅でありながら、インターネットであらゆる商品の購入ができるようになりました。

「販売」と「配送」がセットとなったため、SCMの導入によってECの最適化が必要になりました。

SCMの解説や注目されている背景についての詳細は、「SCM(サプライチェーンマネジメント)とは?メリットや導入事例」で解説しています。ぜひご覧ください。

 

SCMは在庫管理や需要の変化に役立つ

SCM導入によるメリットは3つあります。特に、物流業界や製品・商品の在庫の管理する企業には、役立つメリットです。

  • 在庫数の最適化

  • 需要変動に敏感に対応できる

  • 物流コストの削減

 

●在庫数の最適化

SCMの導入によって、「欠品」「納期の遅延」「余剰在庫」の数をまとめて管理できるため、適正な数の在庫を保持できます。さらに一元管理ができると、原材料の仕入れの段階から消費者の手に渡るまでのプロセスを最適化できます。物流がスムーズに行うため、業務の効率的な実行にはSCMの導入が適しているのです。

 

●需要変動に敏感に対応できる

SCMを導入することで、在庫の大幅な増加や減少にも迅速に対応できます。在庫が常に最適化されているので、需要が変動しても素早く対応できるようになっているからです。アパレルといった流行に左右されるものや需要の予測が難しいものにも、対応することができます。

 

●物流コストの削減

SCMを導入することで、商品販売の情報をリアルタイムで把握することができます。そのため、最も適したタイミングで商品を配送することができます。配送業者は、常に小売店の在庫状況に合ったタイミングで必要な量のみの配送を行うことが可能になり、余分な在庫の管理にかかるコストロスや在庫不足を解消につながるのです。

 

SCMの導入にかかる費用相場はどれくらい?

SCMツールの導入にかかる費用相場は、それぞれ初期費用と運用コストに分けられます。

販売会社 初期費用 月額使用料
システムA 50万円以上 10万円以上
システムB 40万円以上 20万円以上

初期費用とはSCMを導入にかかる費用、運用コストとはサービス利用料のことであり、月額か年額かは販売元の料金プラン次第です。

この金額はあくまで目安であり、費用はツールの販売元によって変わってきますので、注意しましょう。詳しい金額を知りたい方は、販売元に問い合わせたり、見積もりを依頼したりするのがおすすめです。

また、自社独自のツール・システムが欲しいとなると、上記で紹介した費用が変わってきます。詳しい費用相場は「システム開発にかかる費用はどのくらい?費用計算の方法も解説!」をご覧ください。

 

自社に合うSCMの選び方

SCMの導入には、自社に合ったものを選ぶことが最も重要です。ここでは自社に合ったSCMの選び方3点を紹介します。

  • 自社の課題に解決できるツールを選ぶ

  • 既存システムと併行して活用できる

  • 販売元のサポート体制に注目する

 

●自社の課題に解決できるツールを選ぶ

まず自社の業務プロセスの洗い出しを行います。現在の問題点や改善すべきポイントを明確にすることで、SCMの適用範囲を把握するためです。SCMによって得意範囲が異なるので、自社に合ったものを選びやすくなります。

 

●既存システムと併行して活用できる

SCM導入前に、ほかのシステムを導入している会社も多いと思います。既存システムを活かしながら導入する場合は、双方の兼ね合いが重要です。既存システムを活かすのではなく、新に導入するSCMに置き換える場合も、状況によって選定するものが変わります。

既存システムを活かすのか、置き換えるのかを開発会社の検討とともに決めましょう。

 

●販売元のサポート体制に注目する

SCMは導入したら終わりではありません。導入後はツールを改善しながら運用を行っていく必要があるため、運用中の販売元のサポート体制は重要です。SCMを導入する前には、必ずサポート体制が充実している販売会社を選びましょう。

 

まとめ

SCMを導入することで、物流を効率化しサプライチェーンを最適化することができます。2000年頃に一度注目されたSCMは、企業のグローバル化や少子化による労働人材の不足など様々な問題の解決になるため、再び注目を集めています。SCM導入を成功させるためには、自社に合ったものを選ぶことが重要です。コストをかけて導入しても期待通りの結果を得ることができない能性があります。改善すべき点や問題の解消とともに、業務効率化を実現できるものを選びましょう。

自社独自のSCMが欲しいため、システム開発会社をお探しなら、ぜひ発注ナビの利用をご検討ください。

発注ナビは、システム開発を行う企業に主に特化したパートナー企業マッチングサービスです。発注ナビを利用すれば、時間や手間、費用を抑えて自社とマッチする開発会社に出会えます。

企業選定の時には要望や悩みなどを専門スタッフが細かくヒアリングし、全国4,000社の中から最適な開発会社を提案します。相談から見積もりまで無料で対応しているため、SCMにまつわる開発で外注先選びにお困りの方は、ぜひ発注ナビをご利用ください。

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国4000社以上からご提案

即戦力のシステム開発会社を探すなら「発注ナビ」

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

■システム開発に関連した記事

生産管理システムの開発でおすすめの開発会社

生産管理システムの開発でおすすめの開発会社10社【最新版】

物流システム開発でおすすめの開発会社

物流システム開発でおすすめの開発会社10社【最新版】

即戦力のシステム開発会社を探すなら「発注ナビ」

希望ぴったりの外注先がラクして見つかる
soudan_banner

人気記事

関連記事

関連特集

offer_banner
即戦力のシステム開発会社を探すなら発注ナビロゴ
発注ナビは、システム開発に特化した
発注先選定支援サービスです。
紹介実績
16500
対応社数
4000
対応
テクノロジー
319
紹介達成数
92%
システム開発の発注先探しで
こんなお悩みありませんか?
checkbox
なかなかいい外注業者
見つからない。
checkbox
ITの知識がなくて
発注内容をまとめられない。
checkbox
忙しくて外注業者を探す
時間がない
悩んでいる人物
発注ナビの主な特徴
IT案件に特化
IT案件に特化
日本最大級4000社以上のシステム開発・WEB制作会社が登録。IT専門だから細かい要望が伝わり、理想的なパートナーが見つかる。
ITへの不安を徹底サポート
ITへの不安を徹底サポート
専門コンシェルジュがしっかりヒアリングするので、IT知識に不安があっても、まだ要件が固まっていなくても大丈夫。
完全無料・最短翌日紹介
完全無料・最短翌日紹介
コンシェルジュに発注内容を話すだけで最短翌日に開発会社をご紹介。しかも完全無料・成約手数料も無し。
さらに
東証プライム上場
「アイティメディア株式会社」
グループが運営
ご相談内容は一般公開しないため、クローズド案件でも安心。
ご紹介企業は第三者調査機関にて信用情報・事業継続性を確認済です。

発注先探しの
ご相談フォーム

発注ナビは貴社の発注先探しを
徹底的にサポートします。
お気軽にご相談下さい。
必須
必須
必須
■必要な機能・課題■ご予算■スケジュールなど
■企画書やRFPの添付が可能です(10MBまで)

お問い合わせには、
発注ナビ 利用規約  及び 個人情報の取扱い  への
同意が必要です。