発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

アプリ開発会社の実力を見抜く3つの質問

外注を依頼する開発会社が良いかどうかはどうやって判断すればいいでしょうか。今回は3つのポイントに絞って良い開発会社を見抜く方法をお教えします。内容をざっくり言うと・・・・

これから開発するアプリの本質をしっかりつかんでいるか?

開発実績は数だけでなく”質”も伴っているか?

アフターフォロー及びサポート体制はどういう契約になっているか?

見上げるビジネスマン

理想のアプリを開発するために

スマートフォンアプリ開発(以下、アプリ開発)にあたっては、どんな業者を選定するかが非常に重要です。理想的なアプリ開発会社の選び方には、どのような基準で選ぶかによっていくつかの方法がありますが、もっともシンプルにその業者の実力を見抜くには、次の3つの質問が有効です。

1.「このアプリの魅力はどんな点だと思いますか?」

アプリ開発を任せるにあたっては、技術はもちろん「一緒に素晴らしいアプリを創りあげる」という想いの強さが重要です。これから開発するアプリについて、自社のコンセプトをどの程度理解しているのか、そしてアプリ開発にかける意欲の程度がこの質問でわかります。

また、アプリの付加価値をさらに高めるために独自の提案をしてくれるような業者であれば、さらに望ましいといえるでしょう。

2.「この開発実績では、具体的にどのような貢献をしたのですか?」

開発実績欄に有名なアプリがズラリと並んでいても、それを鵜呑みにしてはいけません。システム開発の一部だけ、あるいはコーディングだけを手伝ったというような事例も紛れている可能性があります。

そのアプリにどの段階から携わり、どのようなアイディアを出し、どのような強みを発揮したのかという実績の内容を説明してもらうことで、その会社の技術力が見えてきます。

3.「この金額で、アフターフォローはどこまで面倒をみてくれるのですか?」

本来、アプリ開発には完成はありません。ダウンロード数の多いアプリほど、たびたび不具合修正やインターフェース改良のためのマイナーバージョンアップを繰り返しています。「完成した」と思った瞬間から改善点が見えてくるのがアプリ開発です。

しかし業者に依頼する以上、「いつまで・どこまでの作業をいくらで請け負ってくれるのか」という金銭的なケジメはしっかりつけておく必要があります。

まとめ

組織のしっかりしている業者ほど、見積書の提出時に「アフターフォロー及びサポートの範囲」について明確な提示があるはずです。また、経験豊富な業者ほど、アフターフォローを巡ってトラブルが発生しやすいかをよく知っていますから、明確な線引きをしてきます。

「柔軟に対応します」といって話を曖昧にしたがる業者ほど、アプリ完成後のイメージがよくつかめておらず、アフターフォローに対応する・しないでトラブルに発展する可能性が高いと考えられます。

img02

 

発注先選びにお困りの方はこちら

具体的に『アプリ開発』が得意な会社を探す

アプリ開発の発注先を「専門スタッフ」に相談する

関連する記事

PAGETOP