発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

アプリ公開後のプロモーション活動について

アプリを公開するだけではお客さんは増えません。今回はいかに集客(プロモーション)するかの方法についてです。内容をざっくり言うと・・・・

画像や動画を大切にする

アプリ紹介サイトやブロガーなどに情報を発信してもらう

リワード広告の利用も短期的には効果あり

掲示板

アプリのダウンロード数はプロモーションで決まる

アプリはリリースしてからいきなりブレイクすることはなく、徐々にダウンロード数が増加していくという傾向があります。

しかしプロモーションを行うことでダウンロード数を増加させ、多くのユーザーにアプリを利用してもらうことは可能です。ここではアプリのプロモーション手法の代表的なものをご紹介していきます。

ユーザーに「インストールしたい」と思わせること

まず大切なことは、「無料でできるプロモーション活動をしっかりやっておくこと」。いくらマスメディアを使って大々的に広告しても、App StoreやGoogle Storeを見たユーザーが「このアプリをインストールしたい」と思ってくれなければダウンロード数は伸びません。

ユーザーが、最終的にそのアプリを欲しがってくれるかどうかは、実は「無料でできる、基本的なプロモーション」にかかっています。その筆頭は「画像・動画を大切にする」ことです。 App Store・Google Play ストアともに最初の画面では「おすすめアプリ」「新着アプリ」などがジャンルごとに紹介されています。

ランキングの上位に表示されることで注目度が高くなりますが、特定のアプリをダウンロードしようかどうか迷った時、アイコンのデザインの良し悪し、説明画像や説明動画の有無/デザインの良し悪しはダウンロード数に大きな影響を与えます。

アプリの内容によって説明動画が必要ないものもありますが、少なくともデザインやインターフェース、機能が直感的にわかる説明画像は用意しておくべきでしょう。また、アイコンのデザインもある程度は凝った方がよいと思われます。

アプリ紹介サイトにアピールする

App Store・Google Play ストア以外に、魅力的なアプリを紹介することで読者を集める「アプリ紹介サイト」が多数あります。アプリの魅力やユニークさに自信がある場合は、こうしたアプリ紹介サイトにアプリをアピールし、レビューを書いてもらうなどの協力を求めましょう。

面白いアプリなら特集記事などに取り上げられることもあります。 また、ブログやSNSなどでアプリ紹介を個人で行っているブロガーの中にも多くのファンや読者を抱える人がいます。

アプリのジャンルに適切なブロガーとのツテがあれば、アプリを紹介してくれるよう依頼するのも有効なプロモーション手法です。

リワード広告の活用

「指定されたアプリをインストールすることで、他のゲーム内の仮想通貨やポイントが溜まってゲームを有利に進められる」など、ユーザーに便宜をはかることでダウンロードを勧める広告のことを「リワード広告」といいます。

アプリのユーザーを急いで増やしたい時にはこうしたリワード広告の活用も検討しましょう。アプリをダウンロードする人が増えればApp StoreやGoogle Play ストアでのランキングも上がり、ユーザーの口コミが広がる確率も高まります。

ただし、リワード広告によるユーザー増加やランキング上昇はあくまでも一時的なものです。プロモーションの効果を継続させるためには、上記で説明した「無料でできる、基本的なプロモーション」を大切にすることが欠かせません。

img02

 

発注先選びにお困りの方はこちら

具体的に『アプリ開発』が得意な会社を探す

アプリ開発の発注先を「専門スタッフ」に相談する

関連する記事

PAGETOP