発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

WordPressとは?基本的な使い方から導入するメリットなどを詳しく紹介

wordpress-description

インターネットが世間に浸透した現代では、ECサイトやコーポレートサイトを運用する企業は珍しくありません。
企業担当者の中には、商品の販促や企業のPRを目的に「Webサイトを作りたい!」と考える方も多いでしょう。
かつては、Webデザイナーやエンジニアが欠かせなかったWebサイト制作も、ツールやシステムの進歩に伴い、今は高品質なWebサイトをカンタンに作ることができるようになっています。
そんなWebサイトの作成に特化したシステムの中でも、世界で最もスタンダードなシステムとして知られる「WordPress(ワードプレス)」をご存知でしょうか。
今回は、サイト運営を検討する企業担当者に向けて、WordPressの基本情報とメリットを解説します。「Webサイトの作成や管理を手軽に行いたい!」「WordPressの詳しい機能を知りたい」という方であれば、ぜひ当コンテンツをご参考ください。

 

目次

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国2000社以上からご提案

200x200b

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

WordPressとは?

WordPressの解説をする前に、予備知識として「CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)」について簡単に触れておきましょう。CMSとは、Webサイトの画像やテキスト、デザイン、レイアウトなどをまとめて管理できるシステムのことです。「Webサイトの作成と管理が手軽にできるシステム」という認識でも構いません。企業や個人を問わずWebサイトを運営する現代では、数多くのCMSがリリースされています。 

Wordpress

 

WordPressは、このCMSの一種です。国内外問わず「世界で最も使用されるシステム」として支持を集めています。使い勝手の良さや機能の豊富さに優れるため、著名な企業がWordPressを使ってECサイトやコーポレートサイトを作るケースもしばしばです。Webサイトはインターネット上に星の数ほど存在しますが、その内の「約4割がWordPressを使って作られている」と言えば、規模の大きさが想像しやすいでしょう。

あまりにスタンダードな存在となっているため、CMS選びに迷ったら「とりあえずWordPress」という単純な理由で選ぶ方もいるほどです。以下では、WordPressに搭載されている代表的な機能について紹介しましょう。

 

WordPressにはどんな機能があるの?

WordPressは、プラグインを含めると「5万以上の機能」が存在するため、そのすべてを列挙するのは困難です。以下では、WordPressの代表的な機能にスポットを当てたうえで、それぞれを簡単に解説します。

 

●サイト全体をデザインする機能

WordPressは、無料で公開されているテーマの中から、好きなデザインのものを選んで使用することが可能です。「ECサイト」や「ブログ」など、Webサイトの種類ごとにテーマが用意されているので、目的に合わせてサイトのデザインを簡単に設計することができます。もちろん、テーマカラーやレイアウトといった細かいカスタマイズを行うこともできます。

 

●コンテンツを作成する機能

サイトに掲載するコンテンツも、WordPressを使えば容易に作成できます。コーディングの知識や技術がなくても、画像やテキストなどを「素材を選んで貼りつける」ようにデザインが可能です。コンテンツ内に外部サービスの動画や地図、SNS共有ボタンなどを設けることもできるので、柔軟性のあるコンテンツ作成ができるようになっています。

 

●アクセス数を管理する機能

WordPressでは、「サイトに訪れたユーザー」を把握することも可能です。プラグインを使えば、「どのコンテンツが人気なのか」「どの検索エンジンからサイトにアクセスしたのか」などを細かく解析できます。サイトの方向性や追加修正するコンテンツなどを分析するうえで、アクセス解析の機能は欠かせません。

 

●使用言語を選択する機能

世界中で普及しているWordPressは、英語や日本語、フランス語といった世界各国70以上の言語が選択可能です。グローバル展開が著しい企業のように、国籍が異なる従業員同士でサイトの運営管理をする際に重宝する機能と言えます。また、WordPressはコンテンツごとに権限を設定できるので、特定の従業員だけに管理権限を付与することもできます。

 

●ほかのサービスからインポートする機能

WordPressには、インポート機能が備わっています。ほかのCMSやブログサービスを使っていても、簡単にWordPressに移行することが可能です。既存のECサイトやコーポレートサイトをインポートすることで、運営管理をWordPressで行えるようになります。

このほか、WordPressに搭載されている機能については、WordPressのオフィシャルページをご参照ください。プラグインを駆使すれば、「スパムコメントをブロックする機能」や「写真や画像を編集する機能」、「コンテンツを複製する機能」など多彩な機能を搭載することができます。

 

WordPressのメリット

WordPressのメリット・デメリット
メリット デメリット
無料で使用できる セキュリティリスクが高い
テーマが豊富でデザインを決めやすい オフィシャルのサポートが存在しない
コミュニティが無数に存在する 高度な開発にはエンジニアやデザイナーが必須

一見すると完璧なCMSに見えるWordPressにも、メリットとデメリットの両方が存在します。企業でWordPressを導入する際は、両方を把握したうえで検討するようにしましょう。

 

●無料で使用できる

オープンソースであるWordPressは、無料で使用することが可能です。費用を抑えてサイトの作成と運用をしたい方にとっては、嬉しいポイントと言えるでしょう。ただし、一部のテーマやプラグインは有料となっているほか、サイトのドメイン代やサーバ代は別途で必要となる点には注意が必要です。

 

●テーマが豊富でデザインを決めやすい

CMSによっては、テーマの数が少なく「目的に合ったサイトを作成しにくい」という欠点があります。一方のWordPressは、豊富なテーマから自由にサイトのデザインを決められるので、ECサイトやコーポレートサイトといった目的に合わせたサイトを設計しやすいというメリットがあります。

 

●コミュニティが無数に存在する

世界的に普及しているWordPressは、ユーザーが集うコミュニティや、使い方をレクチャーしてくれるセミナーなどがたくさんあります。そのため、「WordPressを使ったことがない」という方であっても、使い方や活用方法などを効率良く学ぶことができるのです。企業のデザイナーやフリーランスの方の中には、コミュニティやセミナーを使ってWordPressを学習する方もいます。

 

WordPressのデメリット

●セキュリティリスクが高い

世界で利用されている分、WordPressは「ハッカーの標的になりやすい」という欠点があります。WordPress自体は高いセキュリティを保っているものの、データの改ざんやアカウントの乗っ取りなどのリスクは常に警戒をしておくべきでしょう。

 

●オフィシャルのサポートが存在しない

オープンソースのシステムは、無料で使用ができる一方で「公式のサポート」が存在しないのが一般的です。そのため、サイトの作成や運営で何かしらのトラブルが生じた際は、個々に解決をはかる必要があります。WordPressだけのデメリットではありませんが、オープンソースのシステムを使ううえで注意しておきたい特徴です。

 

●高度な開発にはエンジニアやデザイナーが必須

手軽にサイトの作成や管理ができるWordPressですが、高度な設計を行うには専門知識が必要となるケースもしばしばです。企業にWordPressを扱えるエンジニアやデザイナーがいない場合は、外注でサイトの作成を依頼する方法もあります。世界的なCMSであるため、WordPressのWebサイト作成に対応している企業を探すことは難しくないでしょう。

 

WordPress以外にもCMSはあるの?

WordPress以外にも、CMSには著名なシステムが数多く存在します。

WordPress以外の主なCMS
CMS 読み方 主な特徴
Movable Type ムーバブルタイプ ・ページ数の多い大規模サイトに適したCMS
・商用利用にはライセンス料が必要
Joomla! ジュームラ ・ビジネスサイトや公共サイトの運営管理に最適
・テンプレートが特徴的なデザイン

 

例えば、アメリカ企業のシックス・アパート株式会社(Six Apart, Ltd.)が開発した「Movable Type(ムーバブルタイプ)」や、エンジニアからの高い支持を集める「Joomla!(ジュームラ)」など、その種類はさまざまです。いずれも、Webサイト制作や管理に役立つCMSですが、細かな機能やカスタマイズ性などはWordPressとは異なります。

このMovable TypeやJoomla!の特徴、具体的な機能については以下のページでも詳しく解説しています。WordPress以外のCMSについて把握したい方や、WordPressとの違いを知りたい方であればご参照ください。

Movable Type(ムーバブルタイプ)ってどんなCMS?WordPressとの違いは?

Joomla!とは?基礎知識から具体的な使い方までわかりやすく解説

 

WordPressを企業で導入するには?

WordPressの導入に必要なもの
必要なもの 備考
WordPressプログラム オフィシャルサイトからDL可
レンタルサーバ PHPとMySQLに対応しているもの
FTPソフト ファイルのアップロードに必要

 

企業でWordPressを導入する場合、サイトのHTMLや画像ファイルを入れておく「レンタルサーバ」や、サーバへファイルをアップロードする際に使う「FTPソフト」の準備が必要になります。これらの入手方法については割愛しますが、オフィシャルサイトを通じて入手した「WordPressプログラム」を、サーバにアップロードするだけで導入の準備が整います。

サーバにアップロードしたWordPressのプログラムを起動すると、「インストール用の専用画面」が表示される仕組みです。あとは表示された手順に従うだけで、晴れてWordPressの導入できます。WordPressプログラムがダウンロードできるオフィシャルサイトには、WordPressのスタートガイドが掲載されているため、WordPressを導入する際の参考にすると良いでしょう。

なお、ECサイトやコーポレートサイトなど、WordPressを導入する理由はさまざまですが、継続的な運営を行っていくには、社内で運営開発を担う従業員やチームの存在が不可欠です。繰り返しになりますが、社内にWordPressを扱えるエンジニアやデザイナーがいない場合でも、外部企業に依頼することで、WordPressの運営開発を任せることもできます。

 

WordPressを扱えるシステム会社とは?

最後に、WordPressを扱えるシステム会社について紹介します。

繰り返しになりますが、WordPressは世界的に普及しているCMSのため、数多くのシステム会社が利用しています。メリット・デメリットの項で紹介した通り、選べる発注先が多い分、依頼の際に苦労が伴うケースは少ないでしょう。ただし、「動画コンテンツの制作を得意とする会社」や「プロモーション支援を行っている会社」など、企業ごとに得意な案件は異なります。そのため、サイトの制作や管理を依頼する際は、比較検討を入念に行うようにしてください。

WordPressを得意とするシステム会社は、以下のページでも詳しく紹介しています。WordPressを使って、企業のECサイトやコーポレートサイト、自社商品のランディングページなどの制作を検討している方であれば、比較検討のため参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国2000社以上からご提案

200x200b

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

■ホームページ制作に関連した記事

ホームページのリニューアルを成功させる方法。発注先の選び方や費用もチェック

 

 

EC-CUBEを使ったECサイト構築でおすすめの制作会社8社【最新版】

 

 

関連する記事

PAGETOP