発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

東京ゲームショウ出展企業さん教えてください!ゲームアプリ開発のコツ【開発会社インタビュー vol.2】

株式会社エスカドラ(2014東京ゲームショウ出展企業)×株式会社IDCフロンティア(Yahoo!JAPANグループ) ×発注ナビ

日本のゲーム業界における一大イベントといえば、東京ゲームショウ。2014年は9月中旬に、32の国と地域から、過去最多の421企業が参加して行なわれました。発注ナビ掲載企業のなかにも、この東京ゲームショウに参加した会社があります。それがエスカドラさん。もちろんゲームアプリ開発を得意としています。今回、エスカドラさんに「ゲームアプリ開発」に関するお話を聞きました。

エスカドラ×IDCフロンティア株式会社IDCフロンティア 飯田さん(左)/
株式会社エスカドラ 荻野さん(右)

ゲームアプリのサーバー構築時間が、1カ月から1時間に?

 

発注ナビ:エスカドラさんは、スマホゲームアプリを開発されるときに、開発のコスト削減や、品質向上につながるサービスを活用されているそうですね。今回はそのお話をお聞きしたいと思います。

荻野 ゲームアプリを開発したり、運用したりするためのバックエンドサービスを活用しています。たとえばアプリを開発したり、運用したりする際、まずサーバーが必要ですね。また、アプリのユーザーを認証したり、管理したりするためのシステムも必要です。

加えてゲームアプリであれば、たとえばユーザーごとのデータをセーブするためのデータベースを構築したり、ユーザーの得点ランキング機能をつけたりします。こういったアプリの裏側のしくみ、いわゆるバックエンドを、アプリごとに毎回開発していると、時間や手間がかかります。それを提供してくれるのがバックエンドサービスです。

 

発注ナビ:なるほど。そのバックエンドサービスを提供されているのがIDCフロンティアさんですね?

飯田 スマホアプリの開発会社向けバックエンドサービス、専門用語でいうと、いわゆるMBaaS(Mobile Backend as a Sevice)を提供しています。それが、当社の「Fairy」です。

IDCフロンティア×エスカドラ

荻野 当社で「Fairy」を活用する前は、新しいアプリを開発する際、サーバーの構築や設定に1カ月かかることもありました。しかし「Fairy」を使用すると、機能だけなら1時間程度で導入できたのです。

発注ナビ:1カ月が1時間に?それはかなりのコスト削減ですね。

飯田 開発だけでなく、運用のコストも下げることができます。まず、開発会社様で24時間・365日サーバー監視を行なう必要はなくなります。また、毎日ゲームで遊んでくださるユーザーさんのデータ管理など、ゲームアプリのサービス運用も効率的に行なえます。

これでゲームアプリ開発がラクになる! Next

株式会社エスカドラの情報をみる

関連する記事

PAGETOP