発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

IaaS、PaaS、SaaSの違いについて

インターネットの発達によって、日常生活の面でもビジネスのシーンでも、より早く、より正確な情報の管理や受発信が求められるようになりました。
そのため、多くの情報サービスにおいてオンライン上で扱えるクラウドコンピューティングの必要性が提唱され、様々なことが通信回線を介したネット上で行われるようになってきています。
こうしたクラウドサービスのなかでよく使われているのが、IaaSやPaaS、SaaSと呼ばれるもので、これらは提供されるサービスの概要を、システムを構成している形態や技術などによって分類したものです。

図1

 

IaaSとは

IaaSは、イアースやアイアースなどと読み、Infrastructure as a Serviceの頭文字を取ったものです。
IaaSは、従来から馴染みのあるレンタルサーバやレンタルホームページといった、ウェブホスティングサービスに似た特徴を持ったサービスであると考えることができます。
IaaSというのは、オフィスや企業などから見て外部にあたるインターネット上に、すべてのインフラを用意してしまうという考え方です。

IaaSでは、インターネットを通じたサーバ上に、ユーザー独自のネットワークや仮想マシンなどを用意することができます。例えば、自治体や政府によって設置されている電子行政のシステムにも、このIaaSが使われています。
IaaSの特徴は、システムの中心となるサーバのCPUやメモリ容量などを自由に変更できる点です。今までのシステムでは行えなかったサービスの柔軟な運営ができ、料金も使用量に応じた従量課金となるため、コストを大幅に減らすことが可能になります。

 

PaaSとは

PaaSは、パースと読み、Platform as a Serviceの頭文字を取ったものです。
PaaSはIaaSの元となったクラウド技術で、インターネット上で多数の人が利用できるサービスにおいて、必要なデータを提供するためのデータベースだけでなく、システムを構築・変更するためのアプリケーションも含めて設置してしまうというものです。
例えば、ECサイトやオークションサイトなどで使われている、出品や売り上げ・顧客について管理するシステムなどがPaaSに当たります。
PaaSでは、システム自体の変更が容易にできるため、グループ企業全体で営業成績やマーケティング情報などを管理したり、自社独自のECサイトを持ちたいといった場合に適しています。
また、PaaSはモノのインターネット「IoT」の分野でも利用されています。オフィスビルや工場の空調をリアルタイムで調節したり、設備の稼働状態や位置情報を把握するためのシステムにもPaaSが使われています。

 

SaaSとは

SaaSは、サースと読み、Software as a Serviceの頭文字を取ったものです。
SaaSは、PaaSやIaaSなどすべてのクラウドサービスの発端となった技術だと言えます。プロバイダ上にある有名なメールサービスや、オンラインゲームなども、広い意味でのSaaSに含めることができます。
SaaSは、一言で表現すると、インターネット上で特定のプログラムを実行する環境のことです。ウェブ上にあるメーラーやSNSなどでは、ただ「見る」だけでなく、文章や画像を作成したり、位置を動かしたりといった、動的なサービスを利用することができます。
これらのサービスは、もともとは簡単な機能しか持っていないものが多く、アプリケーションサービスプロバイダ「ASP」と呼ばれていました。しかし、最近では文書作成や表計算、画像編集といった高度な業務までが、クラウドによって行えるようになり、技術の進化にともなってSaaSと呼称されるようになってきたと考えることができます。

 

■システム開発の外注先探しは「発注ナビ」で

システム開発会社はすでにお決まりですか?

発注ナビは、システム開発に特化した発注先選定支援サービスです。
全国1500社以上の開発会社から、貴社に代わって最適な発注先をお探しします。
ご相談からご紹介まで完全無料(成約手数料なども一切不要です)。
最短1日のスピード紹介で、お急ぎの案件でもお待たせすることがありません。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

発注先選びにお困りの方はこちら

具体的に『システム開発』が得意な会社を探す

システム開発の発注先を「専門スタッフ」に相談する

 

関連する記事

PAGETOP