発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

アプリ開発っていくらかかるの?費用相場をチェック

近年のスマートフォン普及で、アプリの利用が一般的となり、さまざまな企業が目的にあわせたアプリの提供を行っています。
そんな中、自社アプリの開発を検討しているという企業は少なくないでしょう。
本記事ではアプリ開発における費用相場について紹介していきます。

 

目次

 

■アプリ開発の費用ってどれくらい?

まず、大前提としてアプリ開発にかかる費用は非常に幅があるのが現状です。アプリ開発の費用は、そのアプリの種類や機能から決まるため、一概に費用を想定することはできません。とはいえ、アプリの種類別であれば、ある程度の相場は存在します。

●アプリ開発の費用相場(種類別)


■ショッピングカート系:100万円~300万円

■カタログ・フリーペーパー系:50万円~100万円

■ゲーム系:300万円~1,000万円

■SNS位置情報系:500万円~1,000万円

 

上記のように、アプリの種類によって大きく開発費用が異なります。さらに、搭載する機能や、開発規模によっても、大きく金額が異なるため、それぞれの相場にも幅があるのです。

また、費用相場を考える際に覚えておきたい点がiOS、Androidは別物だということ。つまり、iPhoneやiPad用のアプリであればiOSですし、GALAXY やXperia用のアプリであればAndroidに対応したアプリを開発しなければなりません。2つのOSは開発環境や言語が異なります。両方のアプリを開発する場合は、その分の開発費用がかかるのです。そして、OSアップデートにあわせたメンテナンスが必要であるため、その度に費用が必要であることも忘れてはなりません。

 

●アプリ開発の費用相場(機能別)

先ほどアプリに搭載する機能によって開発費用が異なるとお伝えしました。それでは実際には、どんな機能に、どれほどの費用が必要なのでしょうか。先ほどお伝えした種類別の開発費用に加算する費用の目安としてお考えください。

■ログイン機能(メールアドレス使用) 20万~40万円

■決済システム(クレジットカード・銀行) 各10万~20万円

■会員データの管理(もしくは、会員サイト) 50万~70万円

■ユーザーの個人情報、保管・管理システム 60万~100万円

■アプリのデザイン(一式依頼) 50万~100万円

 

■アプリ開発の費用を抑える方法

アプリ開発には、想像以上に費用がかかると感じた方も多いことでしょう。そこで、費用をできるだけ抑えるためには、無駄に機能をリッチにさせない、つまり必要になる機能を絞ることが大切です。また、開発依頼をする機能に検討をつけておくことで、より正確な見積もりをもらえるため、そちらも合わせて注意すべき点です。

しかし、費用を優先させすぎたため、思い通りにいかないアプリを作っては元も子もありません。必要な機能を明確にすることで、無駄な機能を省きコストを抑えつつも、実用的なアプリ開発ができるでしょう。

 

■アプリ開発・システム開発の外注先探しは「発注ナビ」で

アプリ開発会社はすでにお決まりですか?

発注ナビは、アプリ開発、システム開発に特化した発注先選定支援サービスです。
全国1500社以上の開発会社から、貴社に代わって最適な発注先をお探しします。
ご相談からご紹介まで完全無料(成約手数料なども一切不要です)。
最短1日のスピード紹介で、お急ぎの案件でもお待たせすることがありません。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

発注先選びにお困りの方はこちら

具体的に『アプリ開発』が得意な会社を探す

アプリ開発の発注先を「専門スタッフ」に相談する

関連する記事

PAGETOP