発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

Delphi(デルファイ)とは?基本情報から導入のメリットまで詳しく紹介

Delphi

システム開発やアプリ開発にはさまざまなソフトウェアを使用しますが、それら一つ一つを個別に操作するのは効率的ではありません。
エンジニアに求められる作業が増大している昨今、より効率良く作業できる開発環境は必須です。
そしてこのようなときに役立つのが「統合開発環境」です。
統合開発環境は複数のソフトウェアが一つにまとまっており、操作も一つの画面で行えます。
その中でも、特に作業効率アップに秀でているツールとして、人気を集めているのが「Delphi(デルファイ)」です。

今回は、「統合開発環境とDelphiの基本情報」「Delphiで何ができるのか?」「Delphiのメリット・デメリット」などについて紹介します。
Delphiを使用した開発を検討している企業担当者の方であれば、ぜひご参照ください。

 

目次

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国3000社以上からご提案

200x200b

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

統合開発環境(IDE)とは?

冒頭の通り、アプリやソフトウェアを開発するには、実にさまざまなソフトウェアを使う必要があります。開発で必要とされる主なソフトウェアは以下の4つです。

  • ソースコードを書くための「テキストエディタ」

  • ソースコードからオブジェクトコードを生成する「コンパイラ」

  • CPU向けの実行コードを生成する「リンカ」

  • プログラムのバグを検出するための「デバッガ」

統合開発環境がなかった時代は、上記のソフトウェアを個別に入手してそれぞれ起動し、画面を複数見ながら操作して作業していました。しかし、ITエンジニアが対応しなければいけない作業が年々増加し、従来の作業環境では対応しきれなくなってきました。そこで、エンジニアの負担の軽減と、開発スピードを向上させる目的で「統合開発環境」が作られたのです。

統合開発環境を一言で表すと、「アプリやソフトウェア開発に必要なツールの詰め合わせ」です。英語表記では「Integrated Development Environment」と書くので、略してIDEと呼ばれることもあります。統合開発環境の代表例として、Delphiの他に「Eclipse」や「Visual Studio」が有名です。これらのツールは基本的に無料で使用できます。

統合開発環境を導入する一般的なメリットとして挙げられるのは、開発の効率化や品質の均一化が実現しやすいことです。優れた入力補完機能、構文エラーを知らせてくれる機能、コードの共有がしやすいなど、エンジニアの作業をサポートしてくれる機能が充実しています。

 

「Delphi」とは?

Delphiは、ソフトウェア開発企業として知られる「エンバカデロ・テクノロジーズ(Embarcadero Technologies)」がリリースしている統合開発環境です。Windows・Mac・Linux・Android・iOSのアプリ開発に適しており、複数のプラットフォームをまたがる「クロスプラットフォーム」の環境で開発できます。設計や実装、ビルド、配置、デバッグに至るまで、開発の幅広い工程でエンジニアをサポートしてくれます。C++に代表されるオブジェクト指向の要素もあるため、大きなプロジェクトにも対応可能です。

Delphiは、1995年にリリースされた歴史ある開発環境で、バージョンアップのたびに使いやすさや便利さが向上しています。そのため、開発初心者からベテランに至るまで、多くのエンジニアに支持されています。

Delphiの主な特徴は以下の通りです。

  • コードを一度書けばさまざまなプラットフォームにコンパイルできる「単一コードベース」を搭載

  • FireDACを使えば、同じ方式で20以上のデータベースにアクセスできる

  • すべてのプラットフォームで利用可能なHTTP / RESTクライアントライブラリを搭載

  • プラットフォーム検知ができるレスポンシブUIを構築することで、複数のプラットフォームに展開できる

  • ライブラリ・コンポーネント・プラグインを追加して機能を強化できる

  • 自分独自のカスタムコンポーネントやプラグインを作成できる

快適な開発環境が整うDelphiですが、上記の中で特に注目すべきはやはりコンパイル機能の柔軟性と自分好みに機能をカスタマイズできる拡張性でしょう。このエンジニアのかゆいところに手が届く機能は、Delphiの大きな魅力です。

 

Delphiを使うと何を開発できるの?

Delphiは、同じソースコードで複数のプラットフォームにコンパイルできます。そのため、Windows・Mac・Linux・Android・iOSといった複数のデバイスに対応した開発プロジェクトを一度で完結できます。例えば、

  • 「デバイス別に開発チームを分散させたくない」

  • 「AndroidとiPhoneの両方で動くアプリを開発したい」

  • 「OSを選ばずに稼働する業務システムを作りたい」

という企業担当者であれば、Delphiの採用を検討してみてはいかがでしょうか。幅広いデバイスで展開するアプリやソフトウェアを開発したい企業にとって、最適な開発環境です。また、Delphiはコラボレーション機能とバージョン管理機能を上手く活用することで、個人・チームを問わず素早くコードを作成できます。コードが早く書き終わればテストに時間をかけられるので、結果的にソフトウェアのクオリティアップにも繋がります。

さらに、Delphiには「クロスプラットフォームネイティブデバッガ」という機能が搭載されており、これを使えば迅速にバグを特定可能です。プラットフォームをまたがったリモートデバッグが可能なため、バグを発見する時間を短縮できます。この他にも、Delphiはコードの品質向上に役立つ支援機能が備わっています。機能と具体的な効果は、以下の通りです。

  • Error Insightがコーディングのエラーを自動検出してくれるため、迅速に問題箇所を修正できる

  • リファクタリング機能を使えば、コードの内部構造を整理して効率的良くアプリケーションを改良できる

  • 最適化されたクロスプラットフォームライブラリを活用することで、コーディング量を大幅に削減できる

これらの支援機能をフルに活用すれば、開発サイクルを短縮してもコードの質を犠牲にしなくて済みます。タイトなスケジュールの開発でも、対応がしやすいと言えるでしょう。

 

Delphiのメリットとデメリット

Delphiは柔軟性と拡張性に優れ、作業効率を向上させられるというメリットがある一方、デメリットも存在します。この項目では、メリットとデメリットをそれぞれ紹介します。

 

●Delphiのメリット

  • 現在主流のプラットフォームの開発に対応している

  • 自分好みのコンポーネントやプラグインを作ることで、自分だけの開発環境が構築できる

  • コンポーネントを画面上で組み合わせるだけで、アプリケーションデザインどおりに開発できる

  • 実際のデザインを確認しながら作業できるので、開発者の負担が減る

  • コーディング支援機能が充実しているため、コーディングスピードが向上する

  • 各プラットフォームに最適化したコンパイラを搭載しているので、コンパイルスピードが速い

 

●Delphiのデメリット

  • Windowsでしか動かせない(Boot Campなどの仮想マシンを利用すればmac OSでも利用可能)

  • Delphiに精通したエンジニアが少ない

  • 一から学ぼうとするとき、最適な学習方法が見つけにくい

 

特に、Delphiに精通したエンジニアが少ないというデメリットは、システム開発において「自社で開発チームを組みにくい」というデメリットにも繋がります。もちろん、将来的なアップデートに伴い、これらのデメリットが解消される可能性もゼロではありませんが、Delphiを使った開発を検討する場合、必要に応じてアウトソーシングのように内製以外の方法を検討するようにしましょう。

 

Delphiで使用されるプログラミング言語とは?

Delphiは専用のプログラミング言語を使ってソースコードを記述します。このプログラミング言語の名前も「Delphi(Object Pascal)」という名前なので、混同しないよう注意が必要です。

Delphiを使用した開発のイメージは、まず「Delphi(Object Pascal)」という専用の言語でソースコードを完成させます。その後、ソースコードをコンパイルし、それぞれのプログラミング言語に変換して利用するという流れです。アプリやソフトウェア開発に使用される言語は、以下のようなものが挙げられます。

 

言語 主な特徴
PHP 初心者でも比較的馴染みやすい言語で、Webアプリケーションソフトウェアの開発に最適
フロントエンドやプログラムの処理、管理をするサーバサイドで利用されることが多い
JavaScript ソフトウェア開発で使用され、主にWebページやゲームの開発に向いている言語
汎用性にも優れ、ユーザーが目にする部分からサーバーサイドまで幅広く使われる
Python 人工知能や機械学習などの深層学習のデータ処理に優れた言語
文法がシンプルなので、複数人で作業する場合でも読みやすいコードを書きやすい
Java 幅広いOSに対応しており、Webシステム・アプリ・組み込み系システムなどで活用されている言語
Androidアプリや業務システムの開発に適している
C# C言語系列のプログラミング言語の一つで、Javaと似た特徴を持つ
習得に時間がかかりやすい一方、柔軟性と生産性両面で優れている

 

Webサービスの開発にはPHP・JavaScript、AIや機械学習ソフトウェア開発にはJava・Pythonが向いています。C#はゲーム開発、Javaはスマホアプリ開発に向いている言語です。この他、アプリやソフトウェア開発に使用される言語の種類については、以下のページでも詳しく解説をしています。

 

Delphiを使ってシステム開発をする方法は?

Delphiの使用環境自体は公式サイトからダウンロードするだけで整えられます。しかし、先述の通り、Delphiは専用の言語を使ってコードを書くため、エンジニアに習得させるには時間と労力が必要です。そのため、システム開発は外部企業に委託することをおすすめします。外部の開発会社はDelphiの開発に長けた企業が多く、手軽に依頼できます。

Delphiの開発を得意とする企業を探すのであれば、マッチングサービスの「発注ナビ」の利用がおすすめです。発注ナビは、日本最大級のシステム会社検索・比較サイトです。IT知識が豊富な専門コンシェルジュがサポートしてくれるため、依頼するときに専門知識がなくても問題ありません。さまざまなスキルを持つ会社の中から得意領域・制作実績・リソース状況などを吟味して選べるので、開発したいシステムや要望にピッタリの企業が見つかります。

相談から紹介まで完全無料なので、気軽に利用できるのも特徴です。発注ナビの公式サイトでは、「カテゴリ」「対応システム」「技術・領域」などから開発会社を検索できます。もし、探し方が分からなくて不安な場合は、専門コンシェルジュに相談するとスムーズです。

システム開発会社やアプリ開発会社を探すなら【発注ナビ】

 

難易度の高い開発は外注も視野に入れよう

繰り返しになりますが、Delphiは複数のプラットフォームの開発を一度に行えるため、プラットフォームをまたがるプロジェクトを進めるときに非常に便利なツールです。作業効率の面でも、コーディングのスピードを向上させる支援機能や、複数人とコードを共有できるコラボレーション機能などを搭載しています。また、自分好みのコンポーネントやプラグインを作成できるのは、エンジニアにとって嬉しい機能でしょう。

しかし、専用のプログラミング言語を学習する必要があるので、Delphiを習得したエンジニアは数が少ないのが現状です。このようなとき、「発注ナビ」が有用です。ゼロからエンジニアを育てる必要もなく、スキルの高いDelphiエンジニアと簡単にコンタクトが取れます。「Delphiを使った開発を検討している」という企業担当者の方であれば、ぜひ発注ナビで検索してみてください。

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国3000社以上からご提案

200x200b

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

■Delphiに関連した記事

Webアプリケーション開発でおすすめのシステム開発会社10社【最新版】

技術力・実績などから厳選!おすすめのアプリ開発会社11社【最新版】

関連する記事

\条件ピッタリの/
発注先を探してもらう
無料
PAGETOP