発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

「ローコード開発」とは?ノーコードとは何が違う?

low-code

システム開発の方法が多様化する令和の現代では、「ローコード」「ノーコード」といった新しい開発手法も登場しています。

中でもローコードはある程度の自由度を持ちながら、簡単に直感的な開発ができる手法です。
リソース面やスピード面などでシステム開発に課題を抱えている企業のソリューションとなる可能性を秘めています。
今回は、ローコード開発を導入したい企業担当者に向けて、ローコードの概要やメリット・デメリット、そしてノーコードとの違いなどを解説します。

 

目次

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国3000社以上からご提案

200x200b

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

ローコードとはどういう意味?

ローコードとは「システムにおけるソースコードをほとんど書かずにシステム開発を行う手法、またはその作業ができるプラットフォーム(ツール)」です。

ローコードは、プラットフォーム側が用意したGUI(ビジュアルを重視して直感的に操作できるようにした画面)を使いながら開発を行えます。プラットフォームによって機能や特徴は違いますが、積み木を組み立てるように手軽にWebサイトやネイティブアプリ、グループウェア開発などができるのが最大の特徴です。

「手間と時間をかけずに開発が行える」点を挙げれば、手軽にサイト設計ができるWordPressをイメージしてもらうと、ローコードの想像がしやすいでしょう。「アプリの開発費を抑えたい」「世間の需要に合わせて素早くシステムをリリースしたい」という企業担当者であれば、ローコード開発を検討してみてはいかがでしょうか。

ちなみに従来のシステム開発手法は、エンジニアやシステム開発会社が「ゼロからコードを入力して開発を行う手法」こと「フルスクラッチ」が主流でした。これは、ソースコードをほとんど書かないローコード開発や、後述するノーコード開発とは対極的な開発方法です。

 

ローコード開発にはどんなメリットがある?

ローコード開発には次のようなメリット・デメリットがあります。

 

ローコード開発のメリットとデメリット
メリット デメリット
開発期間や開発費用を大幅に削減しやすい プラットフォームで対応してない操作は行えない
エンジニアのスキルに関わらずシステム開発がしやすい システムの設計や工数計算に関する知識が必要となる
システムの完成後でも機能の拡張や改修をしやすい システムがブラックボックス化しやすい

 

●開発期間や開発費用を大幅に削減しやすい

「データを保管する機能」や「チャット機能」など、アプリやWebサイトに応じて搭載されている機能はさまざまです。ローコードでは、こういったいわゆるテンプレート的な要素・機能をGUI上からスピーディーに追加できます。要はテンプレート的な部分はGUIから追加をする分、開発期間や費用を削減しやすいのです。

エンジニアやシステム開発会社へフルスクラッチで開発の外注を行うと、システムの規模によっては膨大な開発期間や費用が掛かります。しかしローコード開発として外注する、あるいは自社でローコード開発を行うことで開発期間や費用が大幅に削減されるでしょう。この他、スピーディーにサービスをリリースすると競合に遅れてしまうといったリスクも防ぎやすくなります。

 

●エンジニアのスキルに関わらずシステム開発がしやすい

ローコードは、スキル面で開発のハードルを大きく下げてくれるのが特徴です。

従来は「こういった機能を開発したい」と思っても、スキルの高いエンジニアが在籍していないと実行に移すのが難しいのがネックでした。しかしローコードプラットフォームを使えば、エンジニアのスキルにかかわらずシステム開発が可能です。工夫すれば、プログラムをほとんど知らないユーザーでもシステム開発を実行できるでしょう。開発の柔軟性を上げてくれるのがローコード開発なのです。

 

●システムの完成後に機能の拡張や改修をしやすい

いったんシステムを開発した後に、「動作スピードをより高速にしたい」「特定の機能を追加または削除したい」といった希望が出てくる場合があります。ローコードの場合、「コードを直接記述できる」というある程度の自由性も手伝い、機能の拡張や改修もしやすくなっています。「他システムと連携して機能拡張を行う」「プログラミングの構造を組み合わせて複雑な処理を行えるようにする」といった作業も可能です。

 

ローコード開発のデメリットとは?

●プラットフォームに対応してない操作は行えない

ローコードは残念ながらGUIに操作を依存するので、プラットフォーム側で対応していない操作が行えません。自分でコードを入れればカスタマイズはできますが、画面との兼ね合いによっては作業が複雑になり時間が掛かる可能性もあります。「大幅にソースコードを追加しないとシステムを開発できない」といったケースが発生した場合は、ローコードは開発に向いていないでしょう。

 

●システムの設計や工数計算に関する知識が必要となる

ソースコードをほとんど書かずに開発ができる一方、ローコード開発はシステムの設計部分に関する知識が欠かせません。例えば、自社で業務システムをローコードで開発する場合「どんなシステムが必要なのか」は、企業側で考える必要があります。これに加えて、開発の工数計算についても知識が必要です。工数計算を疎かにした結果、開発スケジュールが大きくズレてしまう可能性も少なくありません。

 

●システムがブラックボックス化しやすい

ローコードでは直感的に操作してソースコードを追加できる分、ユーザー側からはどんなコードが動いているのか直接見るのが難しい部分があります。このため管理を間違えると中身がブラックボックス化してしまい、「指定の担当者しか使えなくなる」「思わぬ誤動作を引き起こす」といったトラブルが発生する可能性があります。「管理担当者をしっかり決める」「設計方法をメンバー間で都度共有する」といった対策で、ブラックボックス化を防ぎましょう。先に挙げたメリットとデメリットをまとめて考えると、以下のような案件にローコード開発は向いていると言えます。

  • 開発コストや期間を抑えたい案件

  • スキルの高いエンジニアリソースを用意するのが難しい案件

  • 外注に頼らず自社である程度機能性の高いシステムを開発したい案件

 

ローコード開発のプラットフォームにはどんなものがある?

ローコード開発のプラットフォームとして、国内で普及しているサービスに「kintone(キントーン)」があります。kintoneは業務効率化に使えるアプリをユーザーベースで手軽に開発・管理できるクラウドサービスプラットフォームです。kintoneを使うだけで、顧客管理システムや売上管理システムといった機能を持つ業務システムを簡単に開発できます。

「CSVやExcelデータを読み込んで制作」「ドラッグアンドドロップで制作」といった方法を場合によって使い分けられるのも特徴です。データ・ファイル共有やメンバー間のコミュニケーション機能も備わっているため開発プロジェクトを効率よく進めることができます。kintoneについてより詳しく知りたい方は、以下の記事もぜひご参考にしてみてください。

kintone(キントーン)とは?サービス内容や活用するメリットなどを紹介

kintone開発でおすすめのシステム開発会社7社【最新版】

この他にも、マクロを使う感覚でアプリを開発できる「Microsoft Power Apps」や、20倍のスピードでアプリ開発を実現する「Oracle APEX」といったようにさまざまなローコードプラットフォームが存在します。自社のリソース状況や開発目的などに応じて最適なローコードプラットフォームを選んでみましょう。

 

ローコード開発とノーコード開発は何が違う?

ローコードとノーコードの違い
主な比較点 ローコード ノーコード
ソースコードの記述 必要に応じて記述する 記述しない
開発スピード 早い ローコードよりも早い
機能拡張性 自由度が高い 自由度が低い

ローコード開発と混同されやすい言葉に「ノーコード」があります。この2つはエンジニアではなくユーザーベースで開発ができるという点では同じですが、操作性や柔軟性といった観点で違いがあります。

 

●ノーコードではまったくソースコードを記述しない

ノーコードは訳すと「コードがない(必要ない)」になります。つまり開発の際ソースコードをまったく記述せずに作業を進められるのが特徴です。そのためローコードでは多少のプログラミングに関する知識やスキルが必要なのに対して、ノーコードではまったくプログラミングに関する知識やスキルがなくても開発作業に着手できるのがメリットです。

ただし「どういったコンテンツを設計したいのか」「どのような順番で機能を組み合わせるのか」といった思考を巡らせながら開発を行うスキルは必要になります。ノーコードはあくまで、「コードを書く必要がない」のが特徴です。

 

●ローコードより素早い開発を実現しやすい

前述の通りノーコードではまったくコードを書く必要がありません。このためローコードを使ってコードを記述しながら開発を進めるよりも、さらにスピーディーな開発がしやすくなっています。

またリソースについてもプログラミング技術がまったく必要ないため、プラットフォームの操作を覚える必要はありますが誰でも扱えます。この点、多少プログラミングに関する知識や技術がないと拡張性のある開発ができないローコードよりも人件費を削減できる可能性があります。

 

●ノーコードは機能拡張性にデメリットがある

ノーコードのデメリットは、ローコードよりも自由度に劣る点です。プラットフォーム内で解禁されている作業しかできないため、実装をあきらめないといけない部分も出てきます。

例えば、「このAPIをシステムへ追加して機能を拡張したい」という場面が出てきたとします。ローコードの場合は、指定のAPIの呼び出しコードを自分で記述できますが、ノーコードの場合は、指定のAPIに対応していないと追加ができません。ノーコードのプラットフォームを選定する際は、自社の開発目的をコードなしでなるべく実装できるか事前に確認する必要があります。

 

●ノーコードはまだ国内のサービスが少ない

ノーコードはまだ国内のサービスが少ないのが現状です。そのため「プラットフォームが日本語に非対応」「日本語に関係する機能を使えない」といったトラブルが起きる可能性もあります。国内のサービスで限定する場合、選定作業は楽になるでしょうが選択肢の幅が小さい点は頭に入れておきましょう。

 

ローコード開発の将来性は?

現代社会はITやインターネットの発達により、流動性が高くなっています。一方で企業が提供している商品・サービスが陳腐化するケースも多く、競合に先を越されずにユーザーを獲得するためにもシステム開発にスピード性が求められているのがポイントです。フルスクラッチは、設計を行った後にゼロからプログラムへ落とし込む分、開発スピードに劣ります。

対してローコードはフルスクラッチ的に直接コードを打ちながら、基本はGUIベースで直感的にプログラムの追加、削除、編集などを行えるようになっています。開発のスピード性ではプログラムを直打ちするのが基本のフルスクラッチより早く、カスタマイズ性もノーコードと比較するとバランスよく取り入れられているのがポイントです。エンジニアに頼らないと開発ができない場面は減ります。

今までシステム外注を依頼していたクライアント側が、ローコードで開発作業を直接行う場面は増えていくでしょう。しかし複雑なシステム開発が必要といった要件がある場合は、コード入力やシナリオ組みなどに慣れているエンジニア、そしてシステム開発会社といったリソースのスキルが必要不可欠です。例えば、

  • ノーコード:小規模なシステムや機能が絞られているシステム

  • ローコード:中規模なシステムやカスタマイズも必要なシステム

  • フルスクラッチ:大規模なシステムやカスタマイズが多数必要なシステム

といったように、システム要件によって今後開発手法が使い分けられていく可能性が高いでしょう。ローコードが新たなシステム開発手法の1つとして確立されていくわけです。

ちなみにローコードツールで何を作りたいかは、クライアントによって変わります。そのため、今後はニーズに合わせてWebサイト制作に特化、ECサイト制作に特化といった、さまざまなコンセプトのローコードツールが増えていくと考えられます。

今回は、ローコード開発の基本情報やメリットについて詳しく解説をしました。

システム開発を行っている企業には、ローコードベースでアプリやソフトウェアの開発を発注できる企業も存在します。発注の際は費用が発生しますが、「開発期間やコストを抑えた上で開発を依頼したい」と思う場合はローコードを得意とする企業に発注してみるのも手です。フルスクラッチでの開発が難しい場合は、ローコード開発の検討をしてみては如何でしょうか。

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国3000社以上からご提案

200x200b

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

■システム開発に関連した記事

DX支援でおすすめのシステム開発会社10社【最新版】

 

 

agile_cover

アジャイル開発でおすすめのシステム開発会社10社【最新版】

 

 

関連する記事

\条件ピッタリの/
発注先を探してもらう
無料
PAGETOP