発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

システムの運用・保守とは?仕事内容や事例、外注依頼の方法などについて解説!

システムの運用・保守のイメージ

システム開発の外注を依頼すると、企業によってはオプションサービスとして運用保守してくれます。運用保守は、実際に作ってもらったシステムを上手く扱って、トラブルがないように十分管理する上で必要なものです。システム開発だけでなく、運用保守にも目を向けることが欠かせません。そこで今回は、システムの運用保守について知りたい方に向けて、システムの運用保守の概要や仕事内容や運用保守サービスの探し方などを解説します。

 

目次

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国2500社以上からご提案

即戦力のシステム開発会社を探すなら「発注ナビ」

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

システムの運用保守とは

システムの運用とは、端的にいえば「システムの稼働を管理して、適宜設定や操作をすること」を指しています。システムが停止してしまうと、それまでしていた作業をストップさせてしまうことになり、業務や企業運営が滞ってしまうことも少なくありません。そうならないようにするため、管理業務がシステムの運用です。

一方のシステムの保守は、外注先に開発してもらったシステムのサポート業務のことを指しています。システムが停止しないように管理しながら運用していても避けられないトラブルはどうしてもあります。そのため、トラブルが生じた際にすぐにトラブルに対応することが大事になってくるでしょう。早急にトラブルに対応するための業務がシステムの保守です。

システムの運用とシステムの保守を同一に捉えてしまう方もいますが、システムの運用はシステムが停止しないための業務で、システムの保守がシステムの不具合に対応するための業務という違いがあります。

 

システム運用の仕事内容

ひと口にシステムの運用保守といっても、その業務は多岐に渡ります。システム運用の具体的な仕事内容は、以下の通りです。

  • サーバの起動や停止

  • 定型化されたオペレーション

  • システムの稼働状態の監視

  • 外部からの攻撃などのセキュリティ監視

  • 急激なアクセス増加などのリソースやキャパシティ管理

 

●サーバの起動や停止

サーバの起動や停止は、システムの正常性を確認する業務です。

サービスを安定して提供するためには、サーバの存在が欠かせません。サーバを使い続けていると負荷がかかってきて、その対応に着手しなければならなくなります。その際に、サーバの起動や停止ができないとサーバを正常な状態に戻すことができません。そのため、サーバの起動や停止が正常にできるように管理していくことが必要です。

 

●定型化されたオペレーション

定型化されたオペレーションは、「決められた内容のデータを入力すること」などを指し、システムの稼働状況の報告をする際に行う業務です。システムの稼働状況を記録して報告レポートを作成し、まとめた報告レポートをシステムの修繕作業に携わるスタッフに提出します。レポートでまとめたデータを基にシステムの不具合やリスクを探し、トラブルの防止やシステムの強化する業務です。

 

●システムの稼働状況の監視

システムの稼働状況を報告するために、稼働状況の監視が求められます。

  • CPU・メモリ・ストレージなどのリソースやキャパシティの負荷状況

  • ネットワーク機器の稼働率

  • データ伝送率や帯域利用率

  • 障害の発生件数や発生状況

 

これらの客観的なデータを正常な状態の時と見比べて、システムの稼働状況が正常かどうかを判断していきます。

 

●外部からの攻撃などのセキュリティ対策

サービスをインターネット上で提供していると、攻撃の標的になることもしばしばです。例えば、不正アクセスやサイバー攻撃によるプライバシー情報の盗難や、システムに悪影響を与えるウイルスの送付など、攻撃内容もさまざまなものが存在します。システムに十分なセキュリティ対策が施されていないと、隙を突かれて被害を受けてしまうかもしれません。年々技術が向上して、従来のセキュリティ対策では突破されてしまうことも珍しくなくなっているため、セキュリティ対策はなるべく常に新しいものになるようにアップデートしていく必要があります。

 

●急激なアクセス増加などのリソースやキャパシティ管理

急激なアクセス増加などが問題となって、システム障害が発生してしまうことがあります。その対策のために、システムの稼働状況の監視項目にもありますが、リソースやキャパシティ管理をすることが重要です。システム障害が発生してしまうと、サービス利用者からの多くの不満が一気に寄せられてきます。大きなシステム障害が起こらないように、アクセス状況や負荷状況を常に確認できる体制を整えておきましょう。

 

システム保守の仕事内容

システム保守の具体的な仕事内容は、以下のようなものが挙げられます。保守の名前が示すように、システムやサービスを安全に管理する業務とがほとんどです。

  • 老朽化した周辺機器のリプレース

  • ネットワークのメンテナンス

  • セキュリティ管理全般

  • バックアップなどの復旧作業

 

●老朽化した周辺機器のリプレース

周辺機器にあたるハードウェアを確認して、メンテナンスで復旧が難しい場合に周辺機器のリプレースをします。ただ、周辺機器を取り換えている間、異常のあるハードウェアをそのまま利用してサービスを提供し続けるわけにもいきません。そのため、リプレースの際は一時的にサービスを停止させることもあります。

 

●ネットワークのメンテナンス

周辺機器のリプレースをする際に、リプレース後にすぐサービスの提供を再開できるわけではありません。取り換えた周辺機器で正常にサービスを提供できるか確認する必要があります。周辺機器のリプレースが完了したら、ネットワークのメンテナンスを行うようにしましょう。

 

●セキュリティ管理全般

セキュリティ状況を監視してシステム内に異常がないかチェックするまでがシステムの運用業務でした。しかし、セキュリティの異常を発見した場合に対応していくのはセキュリティの保守業務に該当します。異常を発見して放置するのではなく、対処まですぐに対応してセキュリティ管理を行っていくことが大事です。

 

●バックアップなどの復旧作業

何らかのイレギュラーで、システムが使いものにならなくなるケースもしばしばです。その時が来たらバックアップからデータを引っ張り出して、システムの復旧作業を行っていきます。もしデータのバックアップを取っていないと、システムの復旧ができずにそのままサービス運営を終わらせることにもなりかねません。データのバックアップはいざという時のために、定期的に保存するように心掛けてください。

 

運用・保守業務は社内の負担になりやすい?

システムの運用や保守業務は、自社で行うこともできます。しかし、業務量によっては従業員の大きな負担になりやすいです。まず、システムの運用や保守には専門的な知識が必要です。特に保守作業は24時間体制で監視する環境を整える必要があります。システムの専門的な知識を持つエンジニアが自社にいるとしても、保守業務までを担う場合は、知識を有した人材だけで監視し続けられる体制を整える必要があります。

そして、エンジニアを抱えていない企業の場合、その体制を整えることは容易ではありません。物理的に監視できる体制は作れるとしても、コストが大きくかかってしまいます。さらにシステムの運用や保守業務は負担が大きい分、自社で完結させようとすると、ほかの業務に人員のソースが割けません。結果的に、業務効率の悪化を招く可能性もあります。

以上の点から、運用・保守業務は運用保守サービスを専門とする企業への依頼がおすすめです。安全に運用保守が行えるようになれば、企業のリスクも軽減できる上、自社の従業員がコア業務に注力しやすくなります。

 

システム運用・保守サービスの一例

システムの運用・保守を手掛けるシステム会社は多く、サービス内容も企業ごとに大きく異なります。

例えば、システム運用・保守サービスの中には、24時間365日で運用保守を担ってくれるものも多く、運用・保守業務をすべてアウトソーシングできるサービスも少なくありません。契約期間中は運用・保守をすべて任せられる上、システム障害時にも迅速な対応で復旧対応ができます。エンジニアを持たない企業や、コア業務へ注力したい企業に適したサービスといえるでしょう。

このほかにも、運用設計の組み立てを行ってくれるサービス、予期せぬ障害発生時にエンジニアを派遣してくれるサービスなど、その種類はさまざまです。目的に合わせたサービスを選ぶことで、自社のシステムを安全に稼働させやすくなります。

 

運用保守サービスの探し方

最後に、システムの運用保守サービスの探し方について解説をしましょう。システムの運用や保守サービスの探し方としては以下の方法が挙げられます。

  • 企業ごとに直接当たる

  • クラウドソーシングを利用する

  • マッチングサービスを利用する

 

●企業ごとに直接当たる

サービスの探し方として、企業ごとに直接システムの運用や保守サービスを持ちかける方法があります。システム運用や保守サービスを提供する企業と直接的な関係を築けますが、そこまでたどり着くには、時間も労力も多大に必要になります。労力が必要となる分、この方法は何らかの企業同士のつながりがないのであればおすすめできません。

 

●クラウドソーシングを利用する

クラウドソーシングを利用して、システムの運用や保守サービスの依頼を持ちかける方法もあります。これは主に、フリーランスに対して依頼する場合に有効的な方法で、案件を掲載してフリーランスから仕事を受けたい旨の連絡があれば実際に依頼する形となります。フリーランスだとスキルや実績の差が顕著に出やすいため、しっかり運用や保守をしてもらえるかはその人次第です。必要なスキルを有しているか、しっかり吟味した上で依頼をする必要があるでしょう。

 

●マッチングサービスを利用する

このほかにも、企業に依頼する場合は、マッチングサービスでまとめて企業を探す方法もあります。マッチングサービスではシステムの運用や保守サービスに関して、条件に合った企業をまとめて紹介してもらえます。そのためマッチングまでがスムーズであり、一定以上のサービスの質が保証されるのがメリットです。システム開発を依頼する予定がある場合に、開発と合わせてシステムの運用や保守もしてもらえると安心感があります。システムの運用や保守サービスの参考例として、以下のページでおすすめの企業を紹介しています。

 

運用保守を外注することで業務の効率化を

システムの運用や保守は安定してサービスを提供し続けるために欠かすことのできないものです。

システムの運用でシステム障害の発生を防止して、システム保守でそれでも対応できなかったシステム障害の復旧をしていきます。システムの運用や保守は自社で行うことも可能ですが、一定以上の専門知識や人員のソースの問題から、あまり効率的な方法とはいえません。クラウドソーシングやマッチングサービスで外注依頼をして、業務効率の悪化を防ぎつつ質の高いシステムの運用や保守をしてもらうことをおすすめします。

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国2500社以上からご提案

即戦力のシステム開発会社を探すなら「発注ナビ」

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

■運用保守に関連した記事

サーバ構築でおすすめのシステム開発会社

サーバ構築でおすすめのシステム開発会社10社【最新版】

セキュリティに強いおすすめのシステム開発会社

セキュリティに強いおすすめのシステム開発会社10社【最新版】

システム開発の外注先探し、もっと早く正確に

関連する記事

\条件ピッタリの/
発注先を探してもらう
無料
PAGETOP