発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

プログラミングの依頼・外注におすすめの方法は?その際に意識すべきポイントなどについても解説!

プログラミングのイメージ画像

新しいシステムの導入やアップデートを検討したい方で、プログラミングを外注(アウトソーシング)したいと考える方も多いでしょう。プログラミングの依頼・外注をする際には、具体的な方法をしっかり押さえておくことが大事です。そこで今回は、プログラミングを依頼・外注する方法を知りたい、プログラミングの依頼・外注先を探すサイトを教えてほしい方に向けてプログラミングを依頼・外注する方法や成功させるコツ・費用相場などを解説します。

 

目次

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国2500社以上からご提案

即戦力のシステム開発会社を探すなら「発注ナビ」

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

プログラミングを依頼・外注する方法とは

プログラミングを依頼・外注する方法として、以下の2つの方法が挙げられます。

  • システム開発会社向けのマッチングサービス

  • クラウドソーシング

 

●システム開発会社向けのマッチングサービス

マッチングサービスは、端的にいえば「仕事を依頼したいユーザーと仕事を受けてほしいユーザーをマッチングさせるサービス(またはサイト)」のことです。本来ならシステム開発の依頼・外注先を探そうとすると、膨大な数の企業の情報を集めて候補を絞っていくことになるため、かなりの時間がかかってしまいます。

しかし、マッチングサービスを利用すれば、検索機能で自社の依頼内容に合った企業とマッチしやすくなり、相手のシステム開発の実績や得意な開発言語などもプロフィールから確認できます。そのままサイト内でメッセージも送れるため、マッチングサービスを使うと、今までよりも効率的に情報を集めてコンタクトが取りやすいです。

多くのサービスは無料で使えて、マッチングサービスのスタッフが企業選びのサポートをしてくれるため、初めて利用する方でも安心して使えます。ただ、プログラミングだけを請け負うところは少ないため、システム開発やアプリ開発全般を一括で外注したい場合におすすめです。別ページでは、システム開発会社の例を紹介しています。具体的にどんなシステム開発会社があるのか知りたい方は、以下のページをご参照ください。

 

●クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、不特定多数に業務を発注するという依頼方法のことです。

会員登録をして外注案件を掲載すると、仕事を受けたいユーザーが受注したい案件を見つけた際に応募をしてくれます。プログラミングをクラウドソーシングする場合、案件に応募してきたプログラマーの提案内容や費用・納期などの観点から判断して、誰に依頼するのかを決める仕組みです。プログラマーのプロフィールを見ると、自己紹介欄やレビュー欄で実績が掲載されているため、それを参考に評価していきましょう。

大抵の場合、プログラマーはフリーランスです。人によって技術力に大きなばらつきがあります。判断を誤ると思ったものよりずっとクオリティの低い成果物が納品される可能性があるため、慎重に実績を確認して判断しましょう。ちなみに、料金はシステム開発会社に依頼する場合よりも安く済むことが多いです。

 

依頼・外注の費用相場

依頼・外注の費用相場はマッチングサービスかフリーランスかどうか、システム開発かアプリ開発かどうかでも変わります。以下では、マッチングサービスとフリーランスに分けて解説していきます。

 

●マッチングサービス

マッチングサービスの場合、開発費用は以下の計算式で算出されます。

「作業単価×作業時間+固定費用=開発費用」

ここでいう作業単価はエンジニアやプログラマーが1ヶ月稼働した場合の報酬単価のことで、作業時間はシステム開発にかかった時間を指します。固定費用は、サーバー代やパソコン代などの設備費用のことです。この計算式を簡単に表すと以下のようになります。

「人件費+固定費用=開発費用」

作業量がある程度変わっても固定費用はさほど変わりませんが、人件費は大きく変わります。高い実績を持つプログラマーやシステムエンジニアであるほど、作業単価も高くなりがちです。そのため、十数万円程度で済ませられる場合もあれば、数百万にもなることも珍しくありません。開発環境や開発する機能、システム開発かアプリ開発かなどで大きく上下してしまう分、目安となる費用相場の幅は大きくなってしまいます。システム開発とアプリ開発の費用相場について、以下のページで詳しく紹介しています。

システム開発にかかる費用と仕組みについて

アプリ開発っていくらかかるの?費用相場をチェック

 

●フリーランス

フリーランスの場合は、明確な費用計算の基準はなく、案件そのものの規模や納期を基に案件依頼側の裁量で費用を決定できます。しかし、規模の大きいものを安い単価で提案しても仕事を受けてくれる人は少ないでしょう。仕事の内容や相手の内容、似たような案件を出しているほかの企業の費用などを参考に、仕事を受けてもらえるような費用に設定することが大事です。それでもシステム開発企業などに依頼するよりかは安く、数万円から数十万円で依頼できる案件がほとんどです。

 

プログラミングを依頼・外注を成功させるコツ

プログラミングの依頼・外注を成功させるためには以下のコツを押さえておくことが大切です。

  • 依頼・外注先を探す前に、案件と目標を固めておく

  • 依頼・外注先の得意とするプログラミング言語や得意な案件、開発実績を押さえておく

  • 依頼・外注先候補をある程度絞ったあと、見積書の作成を依頼する

 

●依頼・外注先を探す前に、案件と目標を固めておく

まず、プログラミングの依頼・外注先を探す前に、案件の内容と目的を明確にしましょう。なんとなくシステム開発をしてもらおうと依頼をして、システム開発企業に丸投げにしていると失敗しやすくなります。せっかくプログラミングをしてもらっても、思ったものと違うものになっては意味がありません。システム開発に必要なプログラミングをしてもらって、それで自社の抱える問題が解消されるのが理想です。問題を解消するためには、プログラミングの内容やプログラミングを依頼する目的を明確にしておく必要があります。

 

●依頼・外注先の得意とするプログラミング言語や得意な案件、開発実績を押さえておく

プログラミングを依頼・外注するといっても、プログラマーやエンジニアによって得意とするプログラミング言語は異なり、そのプログラミング言語に合った案件を得意分野としています。そのため、プログラミングの依頼・外注する案件にはどんなプログラミング言語が必要なのかを理解して、その条件に合った相手に依頼してください。

また、クラウドソーシングの項でも触れましたが、プログラミングの依頼・外注の成功率を上げるためには、似たような内容の案件をこなした実績や経験を持っている相手を選ぶことが大切です。開発実績を基に依頼・外注先を選ぶことで、イメージ通りのプログラミングをしてもらいやすくなります。

 

●依頼・外注先候補をある程度絞ったあと、見積書の作成を依頼する

依頼・外注先の候補をある程度絞ったら、見積書の作成を依頼しましょう。そこで出た見積もりを見て、最も条件の良いところで正式に依頼を持ちかけてください。同じ内容のシステムを依頼するとしても、どんなプログラマーやエンジニアが着手するのか、どんな開発環境でプログラミングが行われているのかで算出される料金は変わります。そのため複数社で見積もりをすると、かかる費用は大きく変わってきます。

複数社で見積もりをしないで依頼をすると、コストを抑えにくくなるので注意しましょう。損失を生み出さない意識を大切にしてみてください。ちなみに、見積書を複数社で依頼する場合、依頼先ごとに見積書を作成すると手間がかかるため、「一括見積」で同じ見積書を複数社に送る形式がおすすめです。ここでいう一括見積とは、複数社に対して見積もりを依頼する方法ですが、より詳しい情報については以下のページをご参照ください。

システム開発における一括見積とは?個別見積とは何が違う?

 

良い依頼・外注先の見つけ方のポイント

プログラミングの依頼・外注先を探す上で、相手との相性やコミュニケーションがうまくできるかどうかというのは大切な要素の1つです。それを踏まえて、良い依頼・外注先の見つけ方のポイントは以下のものが挙げられます。

  • マッチングサービスのスタッフに相談する

  • 口コミ・レビューを参考にする

  • SNSで人となりをチェックする

  • プログラミング以外のサービスも行ってくれるのか聞く

  • メールやSNSで直接コミュニケーションを取る

 

●マッチングサービスのスタッフに相談する

マッチングサービス(マッチングサービス)のスタッフは、マッチングの相談を持ちかけてきた側の話を聞いて、おすすめの依頼・外注先を紹介してくれます。システム開発の特徴やコミュニケーション力などがどの程度か理解しているため、マッチングサービスのスタッフの意見は参考になります。マッチングサービスを利用する場合は、スタッフに依頼・外注先について積極的に相談してみましょう。

 

●口コミ・レビューを参考にする

プログラミングだけに限らず、サービス利用者の口コミ・レビューはサービスを利用する側が直に感じたことを知ることができます。依頼・外注を検討するところの口コミ・レビューは、なるべくチェックしてから見積もりを依頼することをおすすめします。

 

●SNSで人となりをチェックする

SNSで書かれている情報は、形に囚われずに自由に意見を書き込むことができるため、依頼・外注先の方の人となりまで書き込まれていることも珍しくありません。実際に依頼するまで相手の人となりがわからないのは、不安に感じやすいでしょう。気になる方は依頼・外注先の代表や個人事業主のSNSアカウントをチェックするのも手です。

 

●プログラミング以外のサービスも行ってくれるのか聞く

外注を依頼する際は、プログラミング以外のサービスも対応してくれるか聞いておくことも大切です。例えば、システムの運用保守などを引き受けてくれる企業であれば、プログラミングが完了した後も継続して依頼ができます。トータルの費用を把握するためにも、依頼したいサービスの料金体系なども併せて確認しておくのが良いでしょう。

 

●メールやSNSで直接コミュニケーションを取る

相手の人となりを知るためには、直接コミュニケーションを取るのが確実です。プログラミングの依頼・外注の話をメールやSNSなどで持ちかけると同時に、その連絡の中で相手が話しやすいかを見極めてみてください。円滑な意思疎通ができれば、システムの開発もスムーズに行いやすくなります。

 

依頼・外注先は海外も視野に入れるべき?

プログラミングの依頼・外注先は国内だけでなく、海外の開発企業や子会社から選ぶ選択肢もあります。海外の開発企業や子会社を依頼・外注先とする手法を「オフショア開発」と呼びます。依頼する国によっては日本よりも人件費が安く、実力のあるプログラマーやエンジニアが多いです。そのため、オフショア開発を採用すると大幅なコストカットや優秀なプログラマー・エンジニアの確保が期待できます。別ページでベトナムのオフショア開発を依頼できる企業をまとめているので、システム開発でオフショアを検討している方であれば、以下をご参照ください。

 

 

マッチングサービスなどの利用も検討しよう

プログラミングを依頼・外注する際は、相手の実績や得意とするプログラミング言語を把握することはもちろんですが、コミュニケーションエラーで要望する内容を伝えられていないことで失敗するパターンも少なくありません。マッチングサービスやクラウドソーシングだと、スキル面とコミュニケーション面情報の両方を把握しやすくておすすめです。

まだ利用したことがない方は、マッチングサービスやクラウドソーシングの特徴を押さえた上で利用してみてください。発注ナビでは、専門コンシェルジュが丁寧にヒアリングを行います。案件依頼に知見がなくても、安心してシステム開発会社を探すことができます。まずはお気軽にご相談ください。

 

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国2500社以上からご提案

即戦力のシステム開発会社を探すなら「発注ナビ」

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

■システム開発に関連した記事

東京でおすすめのシステム開発会社

東京でおすすめのシステム開発会社22社【最新版】

大阪でおすすめのシステム開発会社

大阪でおすすめのシステム開発会社12社 【最新版】

システム開発の外注先探し、もっと早く正確に

関連する記事

\条件ピッタリの/
発注先を探してもらう
無料
PAGETOP