発注ラウンジTOP>システム営業>SaaS企業がインサイドセールスで営業力を高めるには?導入のメリットや効果的な戦略を紹介

SaaS企業がインサイドセールスで営業力を高めるには?導入のメリットや効果的な戦略を紹介

Xのアイコン

インサイドセールス導入のイメージ図

SaaS企業の営業力を高めるには、インサイドセールスが効果的です。インサイドセールスは、顧客との関係構築、質の高いリード獲得、そして売上の増加に直結します。営業部門や企業の担当者が直面する「インサイドセールスをどのように強化すれば良いか」という問題に対し、本記事では、SaaS営業におけるインサイドセールス導入のメリットや効果的な戦略までを詳しく解説します。顧客との長期的な関係構築が重要であるSaaS製品のインサイドセールスにおいては、MAツールの活用も有効な手段です。SaaS企業の営業力強化にお役立てください。

 

目次

 

リード獲得の課題は「発注ナビ」で解決!SaaS・IT製品に特化したビジネスマッチング

本気の発注者と最短1日でつながる

・対応したい案件を選ぶエントリー制
・紹介する案件は商談からスタート
・コンシェルジュが依頼内容をヒアリング
・SaaS製品比較サイト「ITセレクト」に掲載

 

インサイドセールスはSaaS企業の営業力強化につながる

SaaS業界の競争が激化する中、営業戦略の見直しは企業成長に欠かせません。多くの企業は、対面を中心とした営業に重きを置いてきましたが、市場の変化に伴い、対面営業だけで競争力を維持することが難しくなっています。そこで有効な解決策として注目されるのがインサイドセールスです。インサイドセールスは、リモート技術を活用してリードを生成し、育成するプロセスが特徴で、営業部門の効率化を実現します。特に、顧客との長期的な関係を築くことが重要視されるSaaS製品の場合、インサイドセールスは非常に有効であり、SaaS企業が市場競争に打ち勝ち、成長を加速させるうえで重要な役割を果たします。

 

●顧客との信頼関係を構築する方法

顧客との信頼関係の構築には、コンテンツマーケティングとWebセミナーが効果的です。オウンドメディアやSNSを利用してターゲット層に価値ある情報を提供し続けることで、顧客との信頼関係を築けます。また、製品デモや知識共有を目的としたWebセミナーを定期的に開催し、非対面ながらも顧客と強固な関係を構築することにより、高品質なリード獲得にもつながります。インサイドセールスを通じた継続的なコミュニケーションや個別提案は、導入までの検討期間が長期化する傾向にあるSaaS製品において、顧客との信頼関係を深めるための有効な手段です。

 

●非対面でのアプローチ戦略

非対面でのアプローチ戦略では、SEOとオーガニックリーチを活用し、検索エンジンや質の高いコンテンツを通じて自社サイトへのアクセスを増やすことで、顧客にリーチしやすくなります。また、顧客が製品やサービスを最大限に利用し、成功を収められるようにサポートすることで、顧客ロイヤリティを高め、ビジネスの成長を促進できます。インサイドセールスでは、電話やメール、Web会議ツールを駆使し、非対面でありながらも全国の企業に効果的にアプローチしてSaaS製品のメリットを伝えることが可能です。全国規模での営業展開を行うSaaS企業にとって大きな利点です。

 

●MAツールの導入による営業効率の向上

MA(マーケティングオートメーション)ツールの導入は、営業効率を飛躍的に向上させるうえで重要な検討事項です。MAツールは、企業内部のコミュニケーションと連携を強化し、顧客データの一元管理やマーケティング活動の自動化を行い、時間とリソースを節約し、マーケティングと営業間の情報共有をスムーズに行います。結果として、顧客に対するアプローチが最適化され、顧客満足度と売上の双方が向上します。さらに、見込み客の興味や行動に基づいたスコアリングを自動化し、効果的な見込み客リストの作成が可能です。

 

インサイドセールスのメリットと戦略

SaaS企業において、インサイドセールスを導入するメリットは次のとおりです。

  • リード獲得とリード育成を行い、顧客との長期的な関係を構築できる

  • 全国の企業を対象に営業ができる

  • 営業を効率化し、コスト削減・成約率アップにつながる

ここでは、インサイドセールスと従来の対面営業(フィールドセールス)との違いや役割を明確にし、効果的な戦略を解説します。

 

●対面営業との違い

インサイドセールスと対面営業(フィールドセールス)は、営業活動を行ううえでそれぞれ異なるアプローチと利点を持っています。以下の表は、両者の主な違いを比較しています。

  インサイドセールス 対面営業(フィールドセールス)
営業手法 電話、メール、Web会議ツールを使った非対面 直接顧客を訪問しての対面交渉
目的・役割 主にリード獲得・リード育成 最終的に成約へつなげること
地理的制約 なし(全国規模での営業が可能) あり(訪問範囲に限りがある)
成約率 初期段階のリードに強い 実物を見せることができ、信頼性が高い
得意とする領域 初期リード育成、遠隔地の顧客へのアプローチ 高価値顧客への深い関係構築、複雑な製品の販売

インサイドセールスと対面営業は、それぞれが持つ独自の利点により、互いに補完的な関係にあります。インサイドセールスはリード獲得や育成に特化しており、その後のプロセスである成約に向けてフィールドセールスへスムーズにつなげられるため、営業活動全体の効率化に貢献します。インサイドセールスと対面営業を適切に組み合わせることで、企業は顧客のニーズに応じた柔軟かつ効果的な営業戦略が可能です。

 

●顧客関係を深化できる

インサイドセールスは、営業効率の向上とコスト削減を実現しつつ、顧客との関係を深化させるために有効な手段です。例えば、顧客の購入履歴や使用状況を分析し、個々にカスタマイズされたコミュニケーションを行うことで、顧客満足度を高め、ロイヤルティを築きます。そのプロセスにおいて、顧客からのフィードバックを製品開発やサービス向上に生かし、さらに顧客との信頼関係を強化します。また、電話・メール・Web会議の利用で、地理的な制限なく広範囲な顧客基盤にリーチでき、顧客関係を効果的に深化させることが可能です。インサイドセールスを通じて、長期的な契約へとつなげるための土台を構築します。

 

●成功するインサイドセールス戦略の要素

成功を収めるインサイドセールス戦略は、顧客との信頼関係の構築、高度なコミュニケーションスキル、そして商品やサービスに対する深い知識にかかっています。信頼関係は、顧客の個別ニーズに対する注意深い対応と、長期間にわたる関係の育成を通じて築かれます。加えて、顧客の質問に明確に答え、疑問を解消することで信頼を深めるためには、効果的なコミュニケーション能力と製品知識が不可欠です。インサイドセールスでは、主に電話、メール、Web会議ツールなどの非対面手段を用いるため、フィールドセールスに比べて異なる種類のコミュニケーションスキルが求められます。セールスチームがこれらの必要なスキルを身につけ、さらに磨きをかけるためには、定期的なトレーニングと実地での経験が重要となります。

 

●チームの構築と管理

効率的なインサイドセールスチームを構築・管理するためには、戦略的な計画と充実したサポート体制が重要です。まず、各チームメンバーの能力に応じた適切な役割の割り当てと、明確な目標の設定を行い、チームの基盤を作ります。そして、継続的な研修と教育プログラムを提供することで、メンバーの能力を向上させ、変化する市場環境や新技術への対応力を高めます。また、MAツールの導入により、リードの管理や追跡を自動化し、顧客とのコミュニケーションの効率化が可能です。チームメンバーのパフォーマンスを評価し、スキルアップを支援するための内部体制の整備と、チーム間の連携を強化することも、インサイドセールスの成功を支える重要なプロセスです。

 

成果を生むインサイドセールス戦略

インサイドセールスの成果を最大化するためには、リードの特性に応じたカスタマイズされた提案が効果的です。提案の内容は、対象となる企業の規模やニーズによって異なります。ここでは、スタートアップ、中堅企業、大企業、および教育機関を対象とした、実践的な提案戦略を提供します。さらに、非対面営業における信頼関係の構築、および持続的な検証と改善のプロセスの重要性についても深く掘り下げます。

 

●リードに合わせた提案が重要

インサイドセールスにおいて、顧客のニーズと課題を深く把握し、リードの特性や課題に応じて最適なソリューションを提供することは重要なプロセスです。ターゲットに応じたSaaS営業の提案例を4パターン紹介します。

 

スタートアップ企業

新市場への進出と急成長を目指し、適切なSaaSツールの選択が課題であるスタートアップ企業に対し、ビデオ会議や電話を利用して、スタートアップ特有のニーズに合った柔軟かつ拡張性のあるSaaSソリューションを提案します。そこで、成長段階に応じたカスタマイズ可能なプランを提案し、早期のROI実現を訴求します。

 

中堅企業

既存のビジネスプロセスのデジタル化と効率化を課題とする中堅企業に対して、オンラインデモや資料共有を通じて、業務効率化と自動化を促進するSaaSソリューションを提案します。そして、導入実績がある中堅企業の成功事例を引用し、導入のメリットを詳細に説明します。

 

大企業

広範な顧客基盤と複雑な内部プロセスの管理に直面する大企業に対しては、企業レベルのセキュリティとカスタマイズ性を兼ね備えたSaaSソリューションを推奨します。特に、高度なセキュリティ機能と企業固有のニーズに対応可能なカスタマイズオプションに重点を置いた提案が有効です。

 

教育機関

遠隔教育やオンラインコースの基盤構築が課題である教育機関においては、専用に開発されたSaaSプラットフォームの提示が有効です。直感的な操作性と高いアクセシビリティを持つ学習ツールの利点を前面に出し、実際の使用例やポジティブなフィードバックを共有します。

 

●非対面営業における信頼構築スキル

非対面営業における信頼構築は、メール、電話、Web会議ツールといったコミュニケーション手段を通じて、顧客との関係を深めていきます。このプロセスでは、顧客のニーズを正確に理解し、適切な情報提供とフォローアップが重要です。特に、定期的な連絡を取り続けることで、顧客との信頼関係を築き、好感度の向上が可能です。また、マーケティングオートメーション(MA)ツールを活用することで、顧客データベースの情報を蓄積し、リードスコアリング(ランク付け)ができます。顧客の興味やニーズに応じて最適なアプローチを行うことで、リードナーチャリングを効果的に進められます。

 

●検証・改善を繰り返すことが大切

リードナーチャリングプロセスの検証と改善は、データ分析を通じて行われるべき重要なプロセスで、集められたデータを基にして何が効果的かを判断し、適切な改善策を講じることが求められます。PDCAサイクルを営業活動全体に適用することで、継続的な改善が可能になります。特に、データの蓄積、活用、および組織全体での共有は、非対面営業における信頼構築と同様に、効率的な営業戦略を構築するうえで不可欠です。インサイドセールスを成功させるためには、PDCAサイクルを回して運用体制をブラッシュアップし、問題が発生した際にはボトルネックを特定し、具体的な改善策を実施する必要があります。

 

MAツールで変わるSaaS営業

MA(マーケティングオートメーション)ツールの導入は、SaaS企業の営業戦略を根本から変え、企業が市場での競争力を高めます。MAツール導入によって次の3つのメリットが得られます。

  • 営業プロセスの効率化:リード生成から育成、最終的なコンバージョン(お申し込み)に至るまでのプロセスを自動化(営業チームは手作業で時間を費やすことなく、より価値の高い活動に専念)

  • 営業成績の向上:時間の節約だけでなく、営業プロセスの精度向上にも効果的(例えば、適切なタイミングで適切なリードにパーソナライズされたコミュニケーションを行うことが可能)

  • 顧客理解の深化:顧客データの収集と分析が容易になるため、企業は顧客の行動や嗜好を深く理解し、パーソナライズされたコミュニケーションを展開(結果として、顧客満足度の向上やロイヤリティの強化が期待)

MAツールの導入は、単に営業プロセスを自動化するだけではありません。顧客との関係を深め、企業の成長を加速させるための戦略的な投資です。MAツールを活用することで、SaaS企業は競争の激しい市場で優位に立てます。

 

●インサイドセールスの効率化

インサイドセールスの効率化には、MAツールの導入が欠かせません。MAツールの基本機能には、リード管理や顧客行動の追跡機能があり、営業効率が格段に向上します。リード管理の自動化により、リード情報を一元的に管理し、顧客ごとの状況に応じたアクションを自動で実行できます。また、顧客のWebサイト訪問やメール開封率などの行動を追跡し、データに基づいて興味・関心に合ったマーケティング活動を自動での展開が可能です。さらに、セミナーや情報提供を通じてリードの購買意欲を高める自動化されたナーチャリングキャンペーンは、MAツールの重要な機能の一つです。

 

●MAツールの主要機能と活用方法

MAツールは次の4種類の主要機能があり、それぞれの活用方法は以下のとおりです。

  • Web行動解析:リードや顧客のオンライン行動を詳細に分析し、顧客の興味やニーズを把握

  • ソーシャルマーケティング機能:SNSを通じたマーケティング活動を自動化し、精度の高い効果測定

  • リードスコアリング:リードの購入意欲や優先度を自動的に評価し、より有望なリードに優先的にアプローチ

  • シナリオ作成機能:リードや顧客の特定の行動に応じて、自動的に最適なフォローアップ

以上の機能を効果的に組み合わせることで、MAツールはリードの獲得から育成、さらには成約に至るまでのプロセスを効率化し、インサイドセールスの成果を高められます。

 

発注ナビを活用してSaaS営業の効率化を図ろう

発注ナビを使用することで、SaaS製品のインサイドセールスを強化できます。発注ナビは、IT製品の導入を検討している顕在化したニーズを持つ導入検討者と、提供者を効率的に結びつけるビジネスマッチングサービスです。発注ナビのメリットは、顕在化したニーズを持つ潜在顧客に直接アプローチできる点にあります。製品の理解や意志決定に時間を要するSaaS営業において、時間と資源を無駄にすることなく、より質の高い商談へとつなげることが可能です。効率的にSaaSのインサイドセールスを進めたい方は、ぜひ発注ナビを利用してみてください。

 

リード獲得の課題は「発注ナビ」で解決!SaaS・IT製品に特化したビジネスマッチング

本気の発注者と最短1日でつながる

・対応したい案件を選ぶエントリー制
・紹介する案件は商談からスタート
・コンシェルジュが依頼内容をヒアリング
・SaaS製品比較サイト「ITセレクト」に掲載

 

■受託案件の獲得に成功した企業インタビュー

HapInS株式会社の事例記事HapInS株式会社
1年で10件の新規受注!SESに加えて受託開発の拡大を成功させた発注ナビの利用方法
オーバルテクノロジー株式会社の事例記事オーバルテクノロジー株式会社
SaaSベンダーの課題「リードが取れても商談につながらない」を発注ナビの新サービスで解決
株式会社アウルキャンプの事例記事株式会社アウルキャンプ
「発注ナビは確実に商談ができる」自社に合った利用方法で新規顧客開拓に成功
アンダーズ株式会社の事例記事 アンダーズ株式会社
既存顧客で手一杯!そんなシステム開発会社がどうやって新規顧客を増やし成長を実現したか
ダブルファクトリー株式会社の事例記事 ダブルファクトリー株式会社
発注ナビは小さなWebサイト制作会社も分け隔てなく「質の高い商談」を紹介してくれる
MICKS株式会社の事例記事 MICKS株式会社
驚異の成約率70%を実現する営業戦略。発注ナビの活用で『営業もできるエンジニア』を育成
株式会社日本キャストの事例記事株式会社日本キャスト
受注総額は5000万円超。5年に渡って発注ナビを利用するIT企業が語る活用法
株式会社ユキサキの事例記事株式会社ユキサキ
京都発のデザインファームが3件の新規受注。発注ナビ担当のアドバイスで営業力も向上
株式会社Life Crayon Styleの事例記事株式会社Life Crayon Style
初めての利用で1000万円超の大型案件を受注。発注ナビのフル活用で営業にかける時間も圧縮

 

即戦力のシステム開発会社を探すなら「発注ナビ」

希望ぴったりの外注先がラクして見つかる
ad_banner

人気記事

関連記事

即戦力のシステム開発会社を探すなら発注ナビロゴ
発注ナビは、システム開発に特化した
発注先選定支援サービスです。
紹介実績
19000
対応社数
5000
対応
テクノロジー
319
紹介達成数
92%
システム開発の発注先探しで
こんなお悩みありませんか?
checkbox
なかなかいい外注業者
見つからない。
checkbox
ITの知識がなくて
発注内容をまとめられない。
checkbox
忙しくて外注業者を探す
時間がない
悩んでいる人物
発注ナビの主な特徴
IT案件に特化
IT案件に特化
日本最大級5000社以上のシステム開発・WEB制作会社が登録。IT専門だから細かい要望が伝わり、理想的なパートナーが見つかる。
ITへの不安を徹底サポート
ITへの不安を徹底サポート
専門コンシェルジュがしっかりヒアリングするので、IT知識に不安があっても、まだ要件が固まっていなくても大丈夫。
完全無料・最短翌日紹介
完全無料・最短翌日紹介
コンシェルジュに発注内容を話すだけで最短翌日に開発会社をご紹介。しかも完全無料・成約手数料も無し。
さらに
東証プライム上場
「アイティメディア株式会社」
グループが運営
ご相談内容は一般公開しないため、クローズド案件でも安心。
ご紹介企業は第三者調査機関にて信用情報・事業継続性を確認済です。

発注先探しの
ご相談フォーム

発注ナビは貴社の発注先探しを
徹底的にサポートします。
お気軽にご相談下さい。
必須
必須
必須
■必要な機能・課題■ご予算■スケジュールなど
■企画書やRFPの添付が可能です(10MBまで)

会員登録には、
発注ナビ 利用規約  及び 個人情報の取扱い 
「当社からのメール受信」への同意が必要です。