発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

Salesforceを活用した開発・構築は意外に簡単?その理由とは

Salesforceのイメージ画像

Salesforce(セールスフォース)とは、クラウドベースのCRM・SFAサービスのことです。導入によって、営業活動を効率化や営業ノウハウを共有、連携の円滑化などさまざまなメリットがあります。また、顧客に関する情報を社内で共有するのも可能です。共有された顧客情報を活用して接客を行えば、顧客満足度の向上にもつながるでしょう。
ここでは、Salesforceを用いた開発を検討している方向けに、その概要、Salesforceを利用するメリット、開発・構築例などを解説します。さらに、Salesforce導入の手順、自社に開発・構築するノウハウがない時に利用できるシステム開発会社についても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

目次

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国2500社以上からご提案

即戦力のシステム開発会社を探すなら「発注ナビ」

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

Salesforceで開発・構築できるモノ

Salesforceは、マーケティング・コマース・サービス・営業などのあらゆる部署で、顧客情報を一元的に共有できる顧客管理ソリューションシステムです。クラウドタイプの顧客管理ツールは、さまざまなタイプのシステムがリリースされていますが、その中でも、Salesforceは全世界で15万社以上の企業で導入されています。

日本においても、多くの有名企業に導入されている人気のプラットフォームなのです。Salesforceは、アプリの開発や業務管理システムといったシステムを開発・構築できます。この項目では、Salesforceで開発・構築できるアプリやシステムについて紹介します。

 

●アプリケーション

Salesforceは、自社独自のアプリケーションを開発・構築できます。作成できるアプリの種類は、主に業務管理やプロジェクト管理などを行うものがあり、自社の希望や目的に合わせて自由にカスタマイズが可能です。また、MicrosoftやOracle、SAPといった外部のシステムと連携できるインターフェースが用意されており、スマホとデスクトップPCとの連携もできます。さらに、Salesforceでは、専用のアプリマーケットからアプリを購入できます。アプリマーケットでは、財務や人事アプリの有料版・無料版の両方がそろっています。

 

●システムの構築

Salesforceのシステム構築で実装できる機能は、以下の通りです。

機能 概要
顧客管理 顧客との接点や過去に実施した施策、担当者の情報など、さまざまな情報を記録できる。
自社オリジナルの管理項目を設定することも可能。
商談情報 現在進めている商談や過去の商談の情報を管理できる。
成約や失注になった商談での活動内容・失注の理由などを一元的に管理可能。
これにより、商談の属人化を防止しやすくなる。
見込み客管理 見込み客の情報を一元管理できる。
リード→商談→成約のプロセスや、やり取りの記録を残せる。
承認とワークフロー ある項目に情報が入力されると、担当者に知らせる。
社内稟議の自動化など、あらゆる業務プロセスの自動化が可能になる
商品管理 商品マスタ・価格マスタの管理ができる。
問い合わせ管理 顧客からの問い合わせについて、問い合わせの発生から解決までの一連のプロセスを管理できる。
顧客対応プロセスを記録することで、ほかの顧客に対する対応にも活かせる。
全体的に顧客満足度が向上しやすくなる。

上記の問い合わせ管理機能については、企業が運営する多くのコールセンターへの問い合わせでSalesforceが利用されています。また、上記業務以外にも、金融サービス・医療業界・小売業界など、職種・業種の特徴を活かしたシステムの構築にも対応しています。

 

Salesforceで開発・構築する利点とは

Salesforceで開発・構築するメリットは以下の通りです。

  • 運用しやすい:自社でサーバーを用意する必要がなく、費用をおさえて導入が可能

  • 情報を管理する:さまざまなデータベースに対応しており、アプリとのカスタマイズも容易

  • さまざまなデバイスでアクセスできる:会社の外部から、さまざまなデバイスを使ってアクセスできる

  • 初期費用を低額におさえられる:サーバー環境の構築、作業管理、サーバー導入費用などが不要

  • システムを自社で自由に選んで拡張できる:企業の職種や業態、規模、作業内容に合わせてカスタマイズ可能

  • サポートサービスが充実している:サポートには、ベーシックとプレミアムの2種類がある。

  • ほかのマーケティングツールと連携できる:自社のサービスだけでなく、他社のサービスとも連携できる

  • 効率的な営業活動がしやすい:顧客や営業に関する情報を一目で確認できる。

このほか、Salesforceは結果が出ているスタッフと出ていないスタッフそれぞれの営業方法を確認できるため、営業活動の改善点の把握や修正を迅速に行えます。スタッフに対する評価も、成果に応じて公正に行えるため、モチベーションアップにつながるでしょう。また、Salesforceは初期の導入時点で教育に使える学習プログラムも用意しており、導入にあたっての問題点や懸念点を解消するために、万全の支援を受けられます。

 

Salesforceの開発・構築例を紹介

Salesforceの販売管理システムの構築例として、見積もり・請求などの販売業務と梱包作業をクラウドで管理することで、業務の効率化と標準化を実現した事例があります。Salesforceの販売管理システムを導入した結果、作業の管理が可能になったことで、案件状況をリアルタイムで把握できるようになりました。また、データを一元化することで、業務の効率化、ペーパーレス化が進み、帳票管理を統一することで業務の標準化も実現できました。

 

●構築手順

Salesforceを導入する手順は、以下の通りです。

  • 自社のビジネスモデルを視覚化

  • 要件定義を作成

  • Salesforceのトレーニングを開始する

  • Salesforceの標準機能を取り入れる

  • 動作確認・利用テストを行う

  • 運用開始・社内共有

 

〇自社のビジネスモデルを視覚化

導入後に効率良く運用するためには、ビジネスモデルに合ったプランやマニュアルを検討する必要があります。また、視覚化したビジネスモデルはデータ化し、社員全員に共有できるようにしてください。

 

〇要件定義を作成

導入指針が決定したら、要件定義書にまとめて、社員同士で共有できる状態にします。

 

〇Salesforceのトレーニングを開始する

要件定義書を共有したら、導入に向けた模擬トレーニングを始めましょう。責任者はトレーニング実施後のフィードバックを把握し、改善点の洗い出しを行ってください。

 

〇Salesforceの標準機能を取り入れる

模擬トレーニングによって、導入後のイメージが明確になったら、標準機能を取り入れて、コストパフォーマンスを比較検討します。標準機能をまんべんなく使いこなせるかどうかが、収益率に大きな影響を与えるので、導入する機能の種類や効果を入念に吟味しましょう。

 

〇動作確認・利用テストを行う

導入すべきシステムを選別して、一定期間運用し、定期的に動作確認を行います。トラブルが発生すれば積極的にフィードバックを行い、問題点を改善していくのが理想です。

 

〇運用開始・社内共有

一定期間運用して、トラブルシューティングが完了したら、晴れて本格運用に移行します。本格運用に移行後も積極的なフィードバックを行い、定期的に改善点を洗い出してください。

 

Salesforceをスムーズに導入するためには、「運用前のトレーニング」が特に重要になります。ちなみに、Salesforceの導入にかかる期間は、2ヶ月~6ヶ月前後です。具体的な導入プロセスは以下の通りですが、これらは企業によって大きく異なります。

  • 自社文化の視覚化(2週間~1ヶ月)

  • 導入可否の判断(2週間~1ヶ月)

  • 要件定義書の作成(1週間~2週間)

  • 模擬トレーニング(1週間~2週間)

  • システム構築(2週間~1ヶ月)

  • フィードバック~マニュアル再定義(1ヶ月~2ヶ月)

 

「本格的にアプリ・システム構築がしたい!」と思ったら

Salesforceを利用したシステムやアプリの開発・構築は、比較的簡単に行うことができます。しかし、「より業務に特化したシステムを構築したい」「開発・構築の経験やノウハウがない」という方は、システム開発会社に、開発を依頼するのがおすすめです。システム開発会社のマッチングサイトを利用すれば、依頼先候補を一括で探すことができ、専門スタッフに依頼先に関する相談に乗ってもらえます。

 

●依頼するメリット

システム開発会社に依頼すると、以下のようなメリットを享受できます。

  • 希望するスケジュールどおりに開発を進められる

  • 自社でシステム責任者を雇う必要がない

  • 契約内容によっては、設備に対する追加投資が不要になる

  • システム開発の最新ノウハウを自社に吸収できる

  • 依頼側の希望に沿ったシステムを開発してくれる

  • 自社に開発ノウハウや開発環境を整える必要がない

  • 会社によってはシステムの運用・保守サービスを行ってくれる

  • システム納品後に、システムのカスタマイズ依頼を出すことも可能

  • フリーランスへの依頼と比べて、クオリティの高いシステムを開発しやすい

自社にアプリ開発・システム構築のスキルを持った人材がいない、開発環境・設備が整っていない場合は、専門知識を持ったシステム開発会社に外注するのが賢明といえるでしょう。なお、Salesforceの開発・構築が得意な会社については、以下のページで紹介しています。Salesforceを使ったシステム開発を検討する企業担当者の方であれば、ぜひご参照ください。

 

発注する前に確認しておきたいこと

システム開発会社に案件を発注する前にしておきたいことは、以下の通りです。

  • 依頼したい分野のシステム開発を得意としているか

  • 担当ディレクターやマネージャーの人柄はどうか

  • 見積もり内容を明確に説明してくれるか

  • 運用保守をまかせられるか

 

●依頼したい分野のシステム開発を得意としているか

開発会社には、それぞれ強みや得意とする分野があります。Salesforceの開発・構築を依頼する時は、Salesforce関連の実績が十分にあるかをチェックしておく必要があるでしょう。

 

●担当ディレクターやマネージャーの人柄はどうか

alesforceだけに限らず、自社が必要としているシステムを手に入れるためには、開発会社との円滑なコミュニケーションが欠かせません。開発会社とのコミュニケーションの窓口は通常、担当ディレクターやプロジェクトマネージャーが担当することがほとんどです。そのため、依頼をする際はディレクターやプロジェクトマネージャーの人柄が重要となります。信頼に足る人物か、こちらの要望に真摯に応えてくれるか、などをしっかりチェックすることが大事です。

 

●見積もり内容を明確に説明してくれるか

見積もりで提示される料金に疑問がある時、真摯に説明してくれるかも重要です。全体的な説明や料金の内訳に関する説明がしっかりしていれば、後々のトラブルにも発展しにくいでしょう。

 

●運用保守をまかせられるか

システム運用は、改善を繰り返して最適化していくのが一般的です。そのため、システム稼働後もニーズや状況に応じた運用改善、保守などを受け持ってくれる会社が望ましいでしょう。特にエンジニアを持たない企業の場合、自社内で運用保守ができないため、開発後のアフターケアが重要です。

外注したい開発会社を見つけたら、問い合わせを行う前に、開発会社のWebサイトなどをチェックして、実績などを調べておきましょう。また、見積もりを取る時に合わせて、開発実績書の提示を依頼することもおすすめします。開発実績書は依頼の可否を判断するために非常に参考になる資料ですし、納品されるシステムの完成形をイメージしやすくなります。

 

質の高いシステムなら外注での開発がおすすめ

Salesforceを活用したアプリ開発やシステム構築は、ノウハウがなくても簡単に行えます。しかし、クオリティが高いシステムを用意できるかどうかは別問題です。業務の効率化やデータの一元管理に役立ってくれる質の良いシステムを必要としているなら、やはりプロのシステム開発会社に外注するのが賢明な判断といえるでしょう。

自社に合ったシステム会社の候補がない場合は、外注(アウトソーシング)がおすすめです。先述したSalesforceの開発・構築が得意な会社のページで探してみてください。Salesforceの開発・構築が得意な会社の情報が数多く載っているので、希望に合った開発会社を効率良く見つけられます。掲載している開発会社以外にも、案件内容に合う会社がないか検討することも可能です。発注ナビでは専門のコンシェルジュが丁寧に案件内容をヒアリングします。まずは気軽にご相談ください。

 

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国2500社以上からご提案

即戦力のシステム開発会社を探すなら「発注ナビ」

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

■Salesforceに関連した記事

顧客管理システム(CRM)開発でおすすめの開発会社

顧客管理システム(CRM)開発でおすすめの開発会社10社【最新版】

kintone開発でおすすめのシステム開発会社

kintone開発でおすすめのシステム開発会社7社【最新版】

システム開発の外注先探し、もっと早く正確に

関連する記事

\条件ピッタリの/
発注先を探してもらう
無料
PAGETOP