発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

Spring Frameworkとは?特徴や役割を知ろう!

アプリケーションやシステム開発においては、開発効率を向上させるためにフレームワークを使用する企業も少なくありません。
今回はJavaの開発環境で使用できるフレームワークの中から「Spring Framework」について詳しく紹介します。
 

目次

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国2000社以上からご提案

200x200b

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

Spring Frameworkとは

Spring Frameworkとは、Javaの開発環境で使用できるオープンソースのフレームワークです。企業やエンジニアによっては、縮めてSpring(スプリング)と呼ぶこともあります。Spring Frameworkの初版がリリースされたのは2004年ですが、令和の現在においてもバージョンアップが続けられており、その人気の高さが伺えます。

そもそもフレームワークとは、ソフトウェアやアプリケーション開発を行う際に必要となる機能や、基本的な骨組みをまとめたもので、プログラミング言語によって使用できる種類が異なるといった特徴があります。また、フレームワークごとに、アプリの開発を支援するWebアプリケーションフレームワーク、機能性や操作性の向上を目的としたユーティリティ系フレームワーク、という2つの区分に分かれ、搭載されている機能も様々です。

中でもSpring Frameworkは、Java言語のWebアプリケーションフレームワークに該当します。Javaを扱うエンジニアの間では、使用されることの多いフレームワークで、Spring Frameworkを使ってアプリケーションの開発を行う企業も少なくありません。

 

Spring Frameworkの特徴

Spring Frameworkの特徴として、AOPとDIと呼ばれる概念で構築されていること、専用のテストプログラムがあることなどが挙げられます。

 

●AOPによりメンテナンスがしやすい

AOPとは「Aspect Orientation Programming」の略で、日本語では「アスペクト指向プログラミング」と訳されます。簡単に表現をすれば、システム内で行われる同じ処理(共通処理)を抽出して集約をするプログラミング手法で、プログラムをシンプルにまとめることができます。コードを短くわかりやすくすることで、不具合の特定が容易になるほか、プログラムの修正も行いやすくなります。

 

●DIにより変更がしやすい

DIとは「Dependency Injection」の略で、日本語では「依存性の注入」と訳されます。例えば、2つのクラスが存在していて、両方のクラスが依存関係にある場合、一方が未完成だと動作のテストを行うことができません。ですが、Spring Frameworkを使用して、オブジェクトを注入することにより、クラスの依存関係が解消されて、動作のテストを行えるようになります。結果として、1つひとつのプログラムを独立させやすくなり、システムの開発や改修が楽になるのです。

 

●開発に役立つテストプログラムがある

開発したシステムを実施するためにはテストが必要です。ひとつひとつのシステムを統合した際のバグ検出ができる専用テストプログラムがあります。開発したシステムが問題なく処理できるかを事前にチェックすることで、バグを最小限に抑えられるようになります。また、テストプログラムを利用することで、一連の処理が問題なくできているか確認して開発を進めることが可能です。

 

Spring Frameworkの開発環境とは

Spring Frameworkには、専用の総合開発環境としてSTS(Spring Tool Suite)が存在します。これは、Javaの開発環境にたびたび使用されるEclipse(エクリプス)をベースとした開発環境です。Eclipseの仕様を踏襲しつつ、Spring Framework向けに機能が追加されています。Spring Frameworkと同様に、STSもオープンソースなので、Springのホームページから無料でダウンロードすることができます。ただし、使用しているJavaのバージョンによってはSTSが起動できないこともあるので、インストールを試みる際は、はじめにJavaのアップデートを行うことをおすすめします。

 

Spring Frameworkのメリット

Spring Frameworkは、WebシステムやWebサービスをはじめ、クラウドアプリケーションやモバイルシステムなど、様々な開発に適しています。これは、機能の拡張性に優れるSpring Frameworkであれば、大規模な開発や細かな仕様変更にも柔軟に対応できるためです。

また、Spring Frameworkは数多くのプロジェクトによって構築されており、作りたいシステムによってプロジェクトを使い分けることができます。ここでいうプロジェクトとは、複数のプログラムを機能やアプリケーションとしてまとめたものと定義していますが、Spring Frameworkに搭載されているプロジェクトは以下の通りです。

名称 特徴
Spring Cloud クラウドアプリケーションの開発や構築に特化したプロジェクト
Spring Security セキュリティ機能の開発をサポートするプロジェクト
Spring Batch データの集計処理といったバッチ処理のシステム構築向けのプロジェクト
Spring Session セッション情報を管理するためシステム構築に特化したプロジェクト

参照:https://spring.io/projects

 

上記以外にも、Spring Frameworkには様々なプロジェクトが存在し、搭載されている機能もそれぞれで異なります。詳しくは、Spring Frameworkのホームページ上にあるプロジェクトのページを参照ください。

 

Spring Frameworkのデメリット

先に挙げた通り、豊富なプロジェクトを有し、幅広い開発に対応しているSpring Frameworkですが、その規模の大きさゆえに全体を把握しにくい欠点があります。そのため、ほかのフレームワークと比較をすると、Spring Frameworkは難易度が高いと言えるかもしれません。さらにSpring Frameworkは日本語の情報が少なく、学習コストが高い点も、習得の難しさに拍車をかけています。プログラミング言語として、初心者にも人気の高いJavaですが、高度な知識がなければSpring Frameworkを扱うのは困難でしょう。

今回は、Spring Frameworkを紹介しました。企業によっては、Spring Frameworkを扱えるエンジニアを在籍させているケースも少なくありませんが、それはこのフレームワークが開発力に優れたものである何よりの証拠でしょう。そんな優れたフレームワークを使ってアプリケーションやシステムの開発を検討してみてはいかがでしょうか。

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国2000社以上からご提案

200x200b

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

■システム開発の関連記事

Spring Frameworkを使ったシステム開発でおすすめの開発会社7社 【最新版】

 

 

Javaシステム開発でおすすめの開発会社10社【最新版】

 

 

 

関連する記事

PAGETOP