発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

Webサイト制作会社の見積もりで気をつけるべきポイントとは?

website-estimate

Webサイトの立ち上げを考えた時、Webサイト制作会社に依頼するという方法があります。
ゼロからスタートする人の中には、見積書をどのように見るのかわからない方も多いでしょう。見積書の金額は妥当であるのか判断することも困難です。記載されている項目の意味がわからず、見積もりに過不足があるのかなど頭を悩ませてしまうこともあります。
そこで今回はWebサイトの見積もりを適切に取りたい方向けに、Webサイト制作会社に依頼した場合の金額の相場、依頼する際の注意点について解説いたします。企業のWebサイトや商品紹介ページなどを作りたい企業担当者の方は、ぜひご参照ください。

 

目次

 

ホームページ制作会社選びはプロにお任せ完全無料で全国2500社以上からご提案

200x200b

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

Webサイト制作会社の見積書とは

Webサイトの見積もりは、制作会社によって異なりますが主な項目について理解する必要があります。Webサイトに見積書によくある項目をご紹介します。

  • 進行管理費

  • KPI・コンセプト

  • サイト設計

  • デザイン

  • SEO施策・マーケティング

  • レスポンシブ対応

 

●進行管理費

進行管理費は、会社によっては「ディレクション費」「企画構成費」「プロジェクト進行費」と記載されている場合があります。わかりやすくいえば、進行管理費とはWebサイト制作の窓口になる「ディレクター」や「プロジェクトマネージャー」と呼ばれる人の人件費です。Web制作においてディレクターの存在は重要で、Webディレクターによってプロジェクトの質が左右されるといわれています。

 

●KPI・コンセプト

KPIとは、目標達成に向けた行動を評価するための指標のことです。KPI・コンセプトとは、プロジェクトの企画の部分を表しています。Web制作会社とクライアントが協議をしながら決めることになるため、ミーティング費などもKPI・コンセプトの中に含まれます。

 

●サイト設計

サイト設計費は、名前の通りサイトの設計やサイトの全体像を作成する設計の部分にかかる費用です。サイト設計に力を入れているWebサイト会社は、単独で「サイト設計費」として見積もりに記載していますが、進行管理費やディレクション費に含まれていることもあります。なお、見積書に記載されていて「0円」となっている場合には、サイト設計はクライアントが行うという意味です。

 

●デザイン

デザインに関する費用は、おおまかに分けてページ単位で見積もりされているパターンと、日にち単位で見積もりされているパターンの2種類があります。デザインは、PC版はスマホ版の倍の費用がかかります。トップページや下層ページなどの重要度が高いページに絞ってデザインを依頼することが多くなっています。このほか、ロゴ制作を依頼する場合には、追加料金が発生しますのでご注意ください。

 

●SEO施策・マーケティング

Webサイトを制作するにあたり、SEO・マーケティング施策は必須です。検索上位に掲載されるために、分析や調査を行います。よく検索されるキーワードを網羅し選定することが重要です。

 

●レスポンシブ対応

Webサイトは、パソコンやスマートフォン、タブレットなど見る端末は人によって異なります。それぞれの端末に合わせたサイズのWebサイトを制作する必要がありますが、どの端末で見ても正常に表示されるように自動調整する技術をレスポンシブといいます。このレスポンシブはコーディングの中に含まれている場合もあります。コーディングとは、簡単にいうとデザインが完了したものをもとに、見出しをつけたりリンクを設定したりしてブラウザで見える形にすることです。レスポンシブ対応がされていないと、どんなに内容がよくても見にくいという理由でサイトから離脱されてしまうため、重要な工程です。

 

このほかにも、依頼するシステム企業やデザイナーなどによっては、「素材作成・購入費」や「環境構築費」などが加わることもあります。以下の項では、Webサイト制作の料金相場について解説をしましょう。

 

Webサイト制作の料金相場

Webサイト制作について「コーポレートサイト」「ECサイト」「オウンドメディア」「WordPress」の4種類の料金相場をご紹介します。

 

●コーポレートサイトの規模で料金相場を比較

コーポレートサイトとは、商品やサービス、企業の採用などの情報を伝えるサイトです。コーポレートサイト制作にかかる費用は、サイトの規模によって異なります。

 

小規模サイト

シンプルで小規模なサイトの場合の料金相場は、20~30万円程度です。小規模の場合には、もともとあるテンプレートを使用するケースが多くなっています。大手のWeb制作会社に依頼しても断られることが多いため、フリーランスや個人で活動している制作会社に依頼することになるでしょう。制作期間は、1週間~1ヶ月程度の場合が多くなっています。

 

中規模サイト

中規模のコーポレートサイトの制作には、10~50万円程度が料金相場となっています。さらに、毎月の運用費用として1万円程度かかります。

フリーランスもしくは中小規模のWeb制作会社に依頼することになります。制作にかかる期間は2週間~2ヶ月程度であると考えると良いでしょう。ロゴ制作などを依頼すると、追加料金が発生します。

 

大規模サイト

企業の情報をしっかりと掲載した大規模サイトの制作には、50~100万円程度の費用がかかります。オリジナルデザインの作成や画像素材を制作会社が用意してくれるケースが多く、完成度の高いサイトの制作が可能です。サイトの内容も、サービス情報や採用情報など詳細なものとなります。大手のWeb制作会社に依頼することが可能で、制作会社とクライアントとのやり取りにも時間をかけることができるため、満足できるコーポレートサイトを制作できるでしょう。制作にかかる期間は、2ヶ月から4ヶ月程度です。100~300万円程度の費用をかけると、Webからの集客を高めることも可能になります。

 

●ECサイトの種類(タイプ)で料金相場を比較

ECサイトとは、商品やサービスを販売するためのWebサイトのことです。商品の販売を目的としています。

 

ASP

ASPとはApplication Service Providerの頭文字を取ったもので、インターネットを利用してサービスを提供する事業者もしくはサービスそのものを指しています。ソフトをインストールすることなく、ネット(ブラウザ)で簡単にECサイトを始めることができます。構築費用、維持費ともに低コストというメリットがあります。費用相場は、無料~10万円以下です。制作期間は1週間~1ヶ月程度です。ASPの代表的なものとしてBASE、カラーミーショップなどが挙げられます。

 

オープンソース

オープンソースとは、無償で公開されているECサイトの構築システムのことです。自由にカスタマイズできるのですが、専門的な知識が必要となります。ECサイトシステムに強いWeb制作会社に依頼すると良いでしょう。自社にエンジニアといったリソースがいれば、無料で構築を行うことも可能です。費用は、10~100万円と相場の幅が広くなっています。制作にかかる期間は1ヶ月から2ヶ月程度です。

 

パッケージ

「OrangeEC」や「ecbeing」などのパッケージを使用する方法です。初期費用や維持費がかかりますが、カスタマイズ性が高いため、柔軟な対応をすることが可能です。独自機能は開発してもらう必要がありバージョンアップにも費用がかかるため、コストを削減したい場合には不向きです。

費用相場は、100~500万円とかなり高額になります。制作にかかる期間は、2ヶ月~5ヶ月程度です。

 

フルスクラッチ

フルスクラッチとは、既存のコードやアプリを使用することなくゼロから作り上げることです。完全にオリジナルのシステムを開発するため、カスタマイズ性が高いのですが、高額な費用がかかります。独自のものが作れるため、ほかシステムとの連携ができるなど機能面において思いのままに制作することができます。費用相場は、500万円以上で機能の追加によっては上限がないともいえます。制作期間も同様に上限はありませんが、4ヶ月~8ヶ月程度かかると考えてください。

 

●オウンドメディアの種類(タイプ)で料金相場を比較

オウンドメディアは「Owned media」、つまり自社所有メディアのことで、長期的な集客を目的とするのに適した媒体です。ブログ形式のWebサイトのことを指していると思っている方が多いのですが、自社の公式ホームページもオウンドメディアとなります。

 

簡易サイト

簡易サイトを活用することで、コストを抑えることができます。オリジナルデザインの作成やSEO対策は自分達でやらなければならないというデメリットがあります。クオリティの高いものは望めませんが、ライトな仕上がりでも良い場合はおすすめです。費用相場は、無料~20万円以下で、制作期間は1週間~1ヶ月程度です。

 

オリジナルデザイン

簡易サイトのテンプレートを利用せずに、オリジナルデザインを作成するとデザインにこだわったクオリティの高いものが完成します。使い勝手の良いオリジナルデザインのWebサイトにすると集客率もアップしやすくなります。費用相場は、20万~100万円以下と高額になります。制作期間は1ヶ月~2ヶ月程度です。

 

SEO支援を含む

オリジナルデザインの制作にSEO支援を含めることで、サイトの上位サイトが期待できるためさらに集客率を上げることができます。SEO施策には3ヶ月~12ヶ月の期間がかかることが多く、費用は「初期費用+(月額運用費×月数)で算出されます。初期費用相場は10~30万円、月額費用は10~50万円程度です。

 

●WordPressを使ったページの料金相場を比較

WordPress(ワードプレス)は、世界で最も利用者が多いオープンソースです。プログラムに関する専門的な知識がなくても簡単にカスタマイズすることができ、SEO対策がしやすいというメリットがあります。

 

テンプレート使用

WordPressでは、デザインテンプレートのことを「テーマ」と呼びます。WordPressの公式サイトやテーマ制作者の公式サイトで提供されています。

無料の既存テーマを使用することで費用が安くなります。テーマはオリジナルで作成することも可能ですが、依頼した場合は有料です。無料のテーマを使用してもカスタマイズを行う場合は工数がかかるため、有料になってしまいます。テンプレート使用の費用相場は、無料~2万円程度です。

 

オリジナルデザイン

WordPressは世界中で利用されていることから、数百種類以上のテーマが存在しているといわれています。しかし中にはフルスクラッチでテーマを作成依頼するケースもあります。オリジナルデザインだと自社の個性をフルに表現可能です。デザインの要望を少なくしてシンプルに作成してもらえば、料金を抑えることもできるでしょう。費用相場は、1~2万円弱です。

 

大規模サイト

大規模サイトになると工数もかかるため、料金も高くなります。手間や時間をかければ納得のいくものが作れますが、その分料金も高くなってしまいます。ただし、ページ数が多くても既存テーマを流用して作成する、といった方法で外注すれば料金は抑えられるでしょう。目的に応じて料金は変わってきます。費用相場は、おおよそ80万円以上です。

もちろん、サイトの作成方法や依頼先の企業、サイトに実装する機能によって、サイト制作にかかる費用は異なります。ここで紹介した金額は、あくまで目安である点を留意しておきましょう。サイト制作を依頼する際は、しっかりと見積もりを出してもらい「具体的な金額」を計算してもらうのが理想です。

 

Webサイト制作に見積書を依頼する時に注意するポイント

目安となる料金を紹介できたところで、見積もりを依頼する際に注意したいポイントについて解説をしましょう。ポイントを押さえることでスムーズに作業を進めることができます。

 

●情報は具体的に伝える

見積書作成に必要な情報は、具体的に伝えてください。現状の課題や要望や、Webサイトに期待する点、希望納期などを細かく伝えることで、見積もりで正確な製作費が算出しやすくなります。情報が少ないとアバウトな見積もりが出てくる可能性があり、実際に請求された時に差が大きくなり問題になる可能性があります。

 

●見積もりは数社に依頼する

Web制作会社に見積もりを依頼する場合には、1社だけでなく必ず2社以上に依頼して比較するようにしてください。適正な価格の判断は難しいのですが、比較をすることは大切です。トラブルにならないように、あらかじめ複数のWeb制作会社に依頼をしていることは伝えましょう。

 

Webサイト制作を依頼する会社の選び方は?

最後に、Webサイト制作会社を選ぶ際は何に注目して選んだら良いのか、選び方のポイントをご紹介します。

 

●実績を確認する

同じ業界のWebサイトを作成した実績を確認しましょう。実際にそのWebサイトを見て確認することで、ご自分が理想とするものと近いのかどうかがわかります。実績を積み上げている企業であるほど、より具体的な話を聞くことができるでしょう。

 

●マッチングサービスを利用する

Webサイト制作を依頼するのが初めてというケースにおいては、Web制作のマッチングサイトを利用するのも良いでしょう。条件や得意分野、制作費用などの項目で理想にあったWeb制作会社を見つけることができます。複数のマッチングサイトを利用してみてください。必要項目を入力するだけなので、アウトソーシングのノウハウがなくても、手軽にWeb制作会社を探せるのが魅力です。

 

サイト制作の発注は複数社で比べて検討しよう

Webサイト制作会社に見積もりを依頼する際には、同じ業界のWebサイト作成の実績があるかどうか確認をしましょう。

実績を積んでいると安心です。Webサイトの目的やターゲットを明確にして、可能な限り具体的に情報を提供するようにしてください。見積書は、1社だけでなく複数の会社に依頼をして比較をすることをおすすめします。Webサイトを作成するための費用は、10万円程度から500万円以上とかなりの差があります。追加料金の発生も考慮のうえで、作成してみてください。

 

ホームページ制作会社選びはプロにお任せ完全無料で全国2500社以上からご提案

200x200b

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

■ホームページ制作に関連した記事

東京でおすすめのホームページ制作会社20社【最新版】

大阪でおすすめのホームページ制作会社10社【最新版】

関連する記事

\条件ピッタリの/
発注先を探してもらう
無料
PAGETOP