発注ナビ
発注ラウンジTOP>インタビュー>ベトナムオフショア企業が1500万円の受注!直請け拡大で単価アップを実現

ベトナムオフショア企業が1500万円の受注!直請け拡大で単価アップを実現

Xのアイコン

株式会社Miichisoft Japan

海外オフショア開発を行う企業からよく聞かれる声として「エンドユーザー企業からの新規案件の受注はハードルが高い」というものがある。それまでコスト競争で勝ち抜いてきた企業には、特にそういう傾向が強い。また、提案力に自信があっても、なかなか商談に進めないため、提案に至らず、真価を発揮できないという企業も少なくない。株式会社Miichisoft Japanは、海外オフショア開発の価格競争からいち早く抜け出し、提案力で勝負する体質へと変換を図った。ファム氏によれば、その過程には、さまざまな試行錯誤があったという。

 

本気度の高い案件探しは発注ナビロゴ

無料プランへの登録で
今すぐ案件情報がご覧いただけます

詳細はこちら

案件獲得に成功した
活用事例多数!

受託案件の獲得に成功した企業事例を
まとめてご紹介

導入事例集ダウンロード

 

社名 株式会社Miichisoft Japan
所在地 東京都千代田区内神田3-3-4 全農薬ビル4F
従業員数 1 – 30名
事業内容 受託開発 ラボ開発 運用・保守 コンサルティング

 

  • 導入前の課題
    海外オフショア開発のコスト競争が激化し、単価の高いエンドユーザー企業からの案件を受注しようと展示会やWebセミナー開催などで営業チャネルを広げるも、成約までに時間がかかり、結局、短期・中期的なリード獲得のためにはマッチングサービスを利用するほかなかった。
  • 導入後の効果
    発注ナビ導入2カ月目で1500万円の案件を受注。商談に進みやすくなったことで、エントリー案件を経験のある分野でさまざまな提案が行えるものに絞り込むようになった。営業サイドや開発サイドにも意識の変化があり、コスト競争からの脱却に大きな一歩を踏み出せた。

 

海外オフショア開発のコスト競争激化で新たな販売チャネルを模索

Miichisoftは「システム開発を通じて人の役に立ちたい」という理念のもと、ベトナムでのオフショア開発をはじめ、ブロックチェーン開発やモバイルアプリ開発、ITコンサルティングなどさまざまなサービスを提供している。

株式会社Miichisoft JapanはMiichisoftの日本法人として、日本とベトナムの親善友好を深め、日本のIT業界が抱える「人材不足」の課題解決に貢献することを目指している。

「ベトナム法人のMiichisoftは2018年に、日本法人のMiichisoft Japanは2019年に、それぞれ設立されました。Miichisoft Japanは東京に拠点を構えています。現在、ベトナムで約180名、日本で約16名のスタッフが働いており、合計で200名近いスタッフが、すでに100件以上の開発プロジェクトを成功に導いています。なお、Miichisoftのスタッフのうち30%は日本での実務経験があり、日本向けのシステム開発に精通しています」(ファム氏)

Miichisoft Japan ファム・ヴァン・ハイ様

CEO
ファム・ヴァン・ハイ氏

同社では日本における案件の開拓に、当初からマッチングサービスを活用してきたという。

「もともと当社では100%日本企業から受注しています。当初の営業チャネルはマッチングサービスと、お付き合いのある会社からの紹介でした。マッチングサービスは2社を利用していました。紹介はSIer企業から受注するものが多く、2018年頃はちょうど海外オフショア開発ブームがあり受注件数も順調に推移していました」

この時点では、まだ発注ナビの利用には至っていなかったという。

「2019年になると海外オフショア開発の競合が増え、コスト競争が激化していきました」

コスト競争は、特にSIerからの受注に顕著で、開発の単価は上がらない。件数を増やそうにもSIerの数は限られているため、エンドユーザー企業からの受注を増やしていくほかなかった。そこで同社は2020年から、他チャンネルも検討するようになった。

「たとえば展示会への出展では、いくつかのリードを取得できましたが、会場で名刺を交換し、定期的にコンタクトして、リードを提案ができる状態になるまでに3カ月~6カ月程度かかりました。また、Webセミナーも開催しましたが、やはりリード獲得までにかなりの時間がかかりました。短期・中期の仕事を受注するためには、やはりマッチングサービスを厚くしようという考えに至りました」

そして2022年4月になり、いよいよ発注ナビの利用を開始する。

 

利用開始から2カ月で1500万円の案件受注に成功!

発注ナビを使い始めて2カ月目(2022年5月)で初受注に漕ぎつけた。受注した案件は「オンライン研修(学習)用のシステムで、予算は自由に提案を、納期は応相談」というものだった。

「発注ナビを利用して最初に感じたのは、紹介された案件は、きちんと商談まで進めるため、お客様にこちらからの提案を聞いていただくことができます。そこが他のサービスとの大きな違いでした」

同社では商談に進めるようになったことから、発注ナビでの受注で、次のような取り組みを心がけた。

 

1.コンタクトのスピード

案件を紹介されたら、お客様にできるだけ早くコンタクトし最初の商談のためのアポイントメントをとる。

 

2.初回の商談の準備

発注ナビから収集した情報をもとに「こういうシステムならこういう技術を持っている」とアピールできるような準備をしておく。初回の商談を挨拶だけで済まさないことが大切。

 

3.提案力で勝負

コスト勝負でなく提案内容で勝負することで、コスト競争を避けられる。お客様に提案内容を納得してもらえるように努める。

 

こうした取り組みが功を奏し、利用開始からわずか2カ月で、同社は見事に案件を受注した。同社から提示した見積りは1500万円だったという。

「当社からご提案差し上げた内容を、お客様がとても気に入ってくださいました。結果として、ご提示したお見積り額でご成約いただけました」

同社の国内営業体制は6名。コンサルやブリッジエンジニアなど、専門的な業務も手掛けているため、提案力も備えている。また、ベトナム側のエンジニアも、現地の大手で活躍した経験を持つメンバーがおり、日本向けのシステム開発にも精通しているなど、開発サイドからのフィードバックも同社の提案力をより強力なものとしている。

 

他社のマッチングサービスを利用してきたからこそ分かる発注ナビの3つの魅力

いくつかのマッチングサービスを検討し、実際に利用してきた同社から見て、発注ナビの魅力は大きく3つあるという。

1つは、単なるコスト競争になりにくいところだという。

「他のサービスでは、発注企業のもとへ数十社の開発企業が押しかけるため、なかなか会ってお話を聞いていただくことができません。場合によっては見積りだけ先に提出し価格のみで選ばれてしまうこともあります。その点、発注ナビは発注企業側に紹介する開発企業の数を平均3~5社程度に絞り込んでくれています。そのため、商談に進みやすく、こちらの提案に耳を傾け検討してくださる確率がとても高い。最終的にどこかの企業が受注するという前提ならば単純計算でも受注の確率は高いと思います。」

もう1つは、さまざまな形で情報収集ができるところだという。

「新着案件情報を眺めるだけでもお客様がどのようなシステムを求めていらっしゃるのかというトレンドを知ることができます。さらに商談まで進むことが多いため、お客様が直面する具体的な課題やニーズを直接聞けるのも大きいですね。こうして収集した情報を営業担当や開発スタッフの間で共有し、次の提案にフィードバックすることで、提案の質を向上させられます」

そして最後の1つがサポートの手厚いところだという。

「発注ナビの担当の方から定期的に連絡があり、いろいろとサポートしてくれるのも嬉しいポイントです。『ご紹介したお客様とのコンタクト状況はどうですか』と、その後の状況を確認してくれて『コンタクトができない』と相談すれば、ヒントやアドバイスをもらえます。このきめ細かなサポートが、とても心強く、頼りにしています」

 

得意な分野の案件に絞り込み提案力で勝負! 営業も開発も意識が変わってきた

ところで同社では、どのような案件にエントリーしているのだろうか。

「かつては、あらゆる案件にエントリーしていましたが、提案の機会が増えたため、開発経験があり、当社からいろいろな提案ができる案件に絞り込んでいます。5月中旬から6月半ばの約1カ月で言えば、1日当たり2~3件のペースでエントリーしています」

また、発注ナビからの受注は、営業サイドや開発サイドにも大きな意識の変化をもたらしている。

「エンドユーザー企業からの受注は1回のみのことが多いのですが、横のつながりは無視できません。実際に、発注ナビでご成約いただいたお客様から『Miichisoftさんの対応力なら他の企業にも紹介できるよ』と言われ、別企業からシステムを発注していただくことができました」

営業チームは、ネットワークを広げて信頼関係を構築してから案件を掘り起こしていくタイプと、マッチングサービスで提案からスタートしていくタイプの2つの営業手法を上手に使い分けるようになったという。

「開発サイドにも意識の変化が表れています。2020年頃まではSIerとばかりお付き合いしていたのですが、受注するのは開発工程とテスト工程のみで、なかなか単価が上がりませんでした。しかし、エンドユーザー企業の仕事をするようになり、開発経験をフィードバックした設計や、さらには要件定義など、エンジニアの活躍できるフィールドが増え、単価も向上。エンジニアの能力が、以前に比べ、各段に上がっています」

発注ナビの導入でエンドユーザー企業との仕事も増えつつあり、今後の展望も開けてきた。

「社員数を今年末までに280人、来年には500人規模にしたいと考えています。日本でもエンジニア数50名規模の開発拠点化を目指したいです。長期的には日本で蓄積した技術やノウハウを体系的にまとめ、何らかの自社サービスを作り、提供していきたいと考えています」

競争が高まる海外オフショア開発企業の中で、Miichisoft Japanは今、頭一つ抜け出そうとしている。

 

本気度の高い案件探しは発注ナビロゴ

無料プランへの登録で
今すぐ案件情報がご覧いただけます

詳細はこちら

案件獲得に成功した
活用事例多数!

受託案件の獲得に成功した企業事例を
まとめてご紹介

導入事例集ダウンロード

 

■関連リンク

株式会社Miichisoft Japan

「発注ナビ」掲載のご案内

 

■導入事例インタビュー

有限会社T&Kオフィスの事例記事 有限会社T&Kオフィス
初月で300万円受注!営業部を持たずに「FileMaker」の案件受注増に成功した秘訣
atma株式会社の事例画像 atma株式会社
リファラル営業以外の販路獲得!受注率を飛躍的に向上させた秘密とは?
日本ソフト技研株式会社の事例記事 日本ソフト技研株式会社
大手SIerとの取引中心から、エンド直請けの挑戦!受注に繋がった商談時の工夫とは
Heligate Japan社の扉絵 Heligate Japan株式会社
ベトナム企業が日本進出に成功!2500万円の受注に繋がったオフショア開発の強みとは
エックスポイントワン社の扉絵 株式会社エックスポイントワン
費用対効果が不透明でも、導入して納得!安定した受注獲得に成功
YUKINE COMPANY社の扉絵 有限会社YUKINE COMPANY
スピード競争や値引き競争にならないのが発注ナビの大きな魅力!
株式会社メビウスボックスの代表取締役、湯浅清氏の写真 株式会社メビウスボックス
従量課金でお試しスタート。お客様に自社の魅力を直接伝えられるのは大きな「財産」
アセアン技能支援機構株式会社
パートナー企業と協業し低コスト・高品質を実現。オフショア対応案件の獲得に成功
パーソルAVCテクノロジー株式会社
営業部新設から2カ月で8件の受注に成功!エンジニア主導の商談で顧客に安心感を与えるのが自社のスタイル

 

新規案件の獲得にお悩みなら

希望ぴったりの外注先がラクして見つかる
ad_banner

人気記事

関連記事

即戦力のシステム開発会社を探すなら発注ナビロゴ
発注ナビは、システム開発に特化した
発注先選定支援サービスです。
紹介実績
19000
対応社数
5000
対応
テクノロジー
319
紹介達成数
92%
システム開発の発注先探しで
こんなお悩みありませんか?
checkbox
なかなかいい外注業者
見つからない。
checkbox
ITの知識がなくて
発注内容をまとめられない。
checkbox
忙しくて外注業者を探す
時間がない
悩んでいる人物
発注ナビの主な特徴
IT案件に特化
IT案件に特化
日本最大級5000社以上のシステム開発・WEB制作会社が登録。IT専門だから細かい要望が伝わり、理想的なパートナーが見つかる。
ITへの不安を徹底サポート
ITへの不安を徹底サポート
専門コンシェルジュがしっかりヒアリングするので、IT知識に不安があっても、まだ要件が固まっていなくても大丈夫。
完全無料・最短翌日紹介
完全無料・最短翌日紹介
コンシェルジュに発注内容を話すだけで最短翌日に開発会社をご紹介。しかも完全無料・成約手数料も無し。
さらに
東証プライム上場
「アイティメディア株式会社」
グループが運営
ご相談内容は一般公開しないため、クローズド案件でも安心。
ご紹介企業は第三者調査機関にて信用情報・事業継続性を確認済です。

発注先探しの
ご相談フォーム

発注ナビは貴社の発注先探しを
徹底的にサポートします。
お気軽にご相談下さい。
必須
必須
必須
■必要な機能・課題■ご予算■スケジュールなど
■企画書やRFPの添付が可能です(10MBまで)

お問い合わせには、
発注ナビ 利用規約  及び 個人情報の取扱い 
「当社からのメール受信」への同意が必要です。