発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

POSシステムの仕組みとメリット・デメリット

小売業では馴染みのあるPOSシステムですが、どのようなシステムなのでしょうか?

その仕組みや、導入にあたってのメリット、デメリットのついて解説します。

 

a887c0d3eb3d4fb0daa6dded930d5e49_s

 

POSシステムとは

 POSシステムとは、「Point of Sale」の略で、物品の販売や在庫管理などを行うためのシステムです。
 たとえば販売の時には、商品につけられたバーコードを、バーコードリーダーで読み取ります。すると、瞬時にその商品の価格情報を得ることができ、商品を速やかに販売することができます。また、POSシステムを経由して物品を販売することで、商品が売れた数をカウントし、店舗内の在庫データなどを管理するようになっており、最新システムでは、在庫が無くなると自動発注するようなシステムまで登場しています。
 このシステムの採用により、店舗では多くの労力や人件費を削減することに成功しているのです。
 レジにて顧客データなどを打ち込むことで、商品を購入した人の年齢層や性別を調べるなどのマーケティングに活用することも可能です。

 

POSシステムの仕組み

 POSシステムは、専用回線を通じてクラウドサーバと通信することでそのシステムを実現しています。たとえば、商品を販売する時には、取り付けられたバーコードを読み取り、その情報を速やかにクラウドへと送信します。クラウドでは、バーコード番号と一致する商品の価格情報をレジなどの端末に送り返すことで、レジではすぐに価格がわかるという仕組みです。
 また、クラウドにはあらかじめ、商品の在庫数を登録してあります。商品を販売する度に、レジからクラウドへ「販売した」という情報を送信するので、それをカウントすることでどれだけ売れたかが管理できます。商品が売れた数と在庫の数を照合すれば、補充すべきかどうかの判断材料となります。

 

POSシステムのメリット・デメリット

 POSシステムを導入することの最大のメリットは業務効率化による人件費の削減です。たとえば、商品を販売する時には、バーコードリーダーで商品のバーコードを読み取るだけなので、誰でもできる単純作業となり非常にスピーディーです。また、在庫管理などもシステムが自動的に行いますので、仕入れ業務も簡素化します。
 一方、デメリットが無いわけではありません。やはり高額なシステムを使用しますので、初期投資の費用がかかってしまうことがデメリットと言えます。また、災害などによる停電時にはシステムが止まってしまうため、販売ができなくなるリスクはあります。

 

■システム開発の外注先探しは「発注ナビ」で

システム開発会社はすでにお決まりですか?

発注ナビは、システム開発に特化した発注先選定支援サービスです。
全国1500社以上の開発会社から、貴社に代わって最適な発注先をお探しします。
ご相談からご紹介まで完全無料(成約手数料なども一切不要です)。
最短1日のスピード紹介で、お急ぎの案件でもお待たせすることがありません。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

発注先選びにお困りの方はこちら

POSシステムなど『システム開発』が得意な会社を探す

システム開発の発注先を「専門スタッフ」に相談する

 

関連する記事

PAGETOP