発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

初めてAndroidアプリを開発する人のための基本情報

PCやスマートフォンでアプリケーションを操作するためには、コンピューターの制御や管理を担うOS(オペレーティングシステム)が必要です。
PCにおけるWindowsやMacのように、スマートフォンにおいてはAndroid(アンドロイド)が世界的なシェアを獲得しています。

 

目次

 

アプリ開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国2000社以上からご提案

200x200b

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

そもそもAndroidとは?

Androidとは、スマートフォン(またはタブレット)端末に搭載するOSの一種で、2007年11月にアメリカのGoogle社によって開発されました。iOS(iPhone OS)のような、ほかのOSと比較をすると、Androidはアプリケーション開発のしやすさ、数の豊富さに定評があり、国内外を問わず人気を博しています。令和の現在においても、世界的なシェアを伸ばしているスマートフォンOSと言えるでしょう。世界40ヶ国の主要OSシェアを見ても、シェア率が80%を超える国々もあるほどです。

国別主要OS/機種シェア

<Androidのシェアが80%の国と地域>

・アジア:中国、インドネシア、フィリピン、インド、イラン、トルコ、アラブ首長国連邦

・南アメリカ:メキシコ、ブラジル

・ヨーロッパ:ポーランド

・アフリカ:エジプト、ナイジェリア、南アフリカ

※出典:世界40カ国、主要OS・機種シェア状況 【2020年5月】

 

Androidは、OSの基礎部分がオープンソースで公開されており、どんなスマートフォンにもライセンス料をかけずに無償で搭載することができます。そのうえアプリケーションの開発環境も、OSと同様に無償で公開されているので、デザインやプログラミングの知識があれば誰でもAndroidのアプリ開発が可能です。Google社が「メーカーやエンジニアが参入しやすい環境を提供した」ことで、Androidは世界で急速に普及して行ったのです。

 

Androidアプリとは?

Androidアプリとは、その名の通りAndroidで動かせるアプリケーションのことです。仕事に役立つビジネスアプリから、ちょっとした暇つぶしに最適なゲームアプリまで、その種類は無数に存在します。Androidアプリは、Android端末にインストールされている「Google Playストア」と呼ばれるアプリを通じて、検索とダウンロードを行うことが可能です。Androidの普及に伴い、現在も多くの企業やエンジニアがAndroidのアプリケーション開発を行っています。

Androidのアプリ開発に用いられるプログラム言語は、環境を選ばずソフト開発をしやすい「Java」や、マイクロソフトが開発した「C#」のように、習得難易度の高い言語が多くなっています。ですが、昨今はKotlin(コトリン)と呼ばれるシンプルなコーディングを行いやすい言語が登場し、アプリ開発に活用する企業やエンジニアも増えつつあります。アプリ開発との相性の良さから、Androidのオフィシャルサイトでも、Kotlinを用いた開発を推奨しているほどです。

ただ、Kotlinは2011年にリリースされた比較的新しいプログラム言語なので、古くから普及しているJavaのような言語と比べると、習得しているエンジニアが少ないという特徴もあります。言語として推奨されているKotlinとはいえ、世間的な人気やエンジニア数などから、Androidのアプリ開発はKotlinとJavaのどちらかが使われるケースが多くなっているのです。

 

Androidアプリの開発に必要なものは?

趣味や仕事などの目的で、一般の方がAndroidアプリを開発するには、Androidアプリを開発できる作業環境の準備が必要です。Google社では「Android Studio」と呼ばれるAndroidアプリ開発に必要な機能をすべて揃えた開発環境を提供しています。WindowsやMacのように、OSごとにインストール方法と設定方法が異なるので、オフィシャルサイトにて確認をしたうえで導入することをおすすめします。

製作したAndroidアプリを配布するには、Google Play デベロッパーアカウントへの登録が必須ですが、PCやインターネット環境があれば、開発環境の準備自体は容易に行えるでしょう。このほかにも、JavaやKotlinといった、開発に使用するプログラム言語を別途インストールしておく必要があります。

 

Androidアプリの開発を依頼できる?

個人ではなく、企業担当者がビジネスや自社向けのAndroidアプリを開発する場合は、外注という形でアプリ開発を行うことができます。外注開発のおおまかな流れは、自社で「どんなアプリを作りたいか」という企画案や要件定義をまとめた後、開発を担う外注先を決定します。その後は、開発企業と細かな仕様や納期などの打ち合わせを行い、アプリ開発が実施される流れです。必要となる予算は、アプリやシステムの規模や、開発企業によって異なるため、企画の段階で企業の比較検討は必須と言えます。

最後に、Androidのアプリ開発を依頼する場合は、必ず「Androidアプリの開発に強いシステム会社」への発注を行ってください。企業によっては、iOS(iPhone OS)向けのアプリケーションを得意とすることも多く、Androidのアプリ開発が苦手な企業も少なくありません。さらに、アプリ開発を担う企業は、企業ごとにソーシャルアプリやゲームアプリなど、得意なアプリが異なるため、開発目的に合ったアプリを得意とする企業に依頼するのが理想です。Androidのアプリ開発を得意とする開発会社を探すなら、発注ナビへご相談ください。

 

アプリ開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国2000社以上からご提案

200x200b

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

■アプリ開発の関連記事

 技術力・実績などから厳選!おすすめのアプリ開発会社11社

 

 

 扉絵3D空間認識技術を活用した新たなソリューションの創造(TangoによるARアプリ開発)

 

関連する記事

PAGETOP