発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

eラーニングシステムとは?導入方法から具体的なメリットを詳しく解説

E-learning,Education,Internet,Technology,Network,Concept

新人教育やマネージャー研修など、多くの企業では「従業員の役割・立場」に合わせてスキルや知識を得る機会を設けています。
これらの教育や研修は、インストラクターまたは上司が「対面で直接教える」のが一般的でしたが、現代では従業員が単独で学習できる「eラーニングシステム」という学習形態が主流になりつつあります。

すでに多くの企業で導入されているeラーニングシステムですが、今回はこのeラーニングシステムの基本情報から具体的なメリット、導入方法に至るまでを詳しく紹介しましょう。
eラーニングの導入を検討している総務や人事担当者の方であれば、ぜひ当コンテンツをご参照ください。

 

目次

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国2000社以上からご提案

200x200b

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

eラーニングとは

eラーニングとは
言葉 意味
e(electric) 電子的な、電子工学
ラーニング(Learning) 学習、学ぶこと

eラーニングシステムについて解説をする前に、「eラーニング」について紹介をしておきましょう。

eラーニングとは、electric(電子的)とLearning(学習)を組み合わせた造語です。端的に言えば、eラーニングは「インターネットを活用した通信教育」という認識でも構いません。ビジネスにおいて、eラーニングは従業員の教育や資格取得のために使用されるのが一般的です。就業規則や業務手順など、人材育成を目的とした教育内容はたくさんありますが、より具体的に言えば以下のようなものがeラーニングに該当します。

  • 企業の就業規則を動画で配信する

  • ITリテラシーのテスト問題を配信する

  • 業務のフローをイラストや漫画で配信する

eラーニングは、通信機器と技術が発達した現代ならではの学習形態と言えるでしょう。ビジネスのみならず、学校や塾など、さまざまな場所で活用されています。ちなみに、カメラやマイクを使って遠隔地から授業や研修を行うことを指して「eラーニング」と呼ぶケースもありますが、当コンテンツでは別物として取り扱っています。

 

eラーニングシステム(学習管理システム)とは

先に挙げた「eラーニングを管理するシステムまたはツールのこと」を、eラーニングシステムと呼びます。システムごとに機能は異なりますが、例えば、学習教材の動画やテストを配信したり、配信したものを編集したりする際は、eラーニングシステムを通じて行う仕組みです。その特徴から、eラーニングシステムのことを「学習管理システム(LMS)」と呼ぶこともあります。このほか、eラーニングシステムには「どの従業員に対して学習教材を配信するのか」「どの従業員がどれだけ教材を利用したのか」などを細かく管理する機能も備わっています。

 

eラーニングにはどんな種類がある?

eラーニングの種類
学習形式 制作コスト おすすめの用途
動画・アプリ × 企業紹介、業務フローの伝達等
イラスト・漫画 ビジネスマナー、経営方針の伝達等
テキスト・文章 就業規則、企業のルールの伝達等
テスト問題 従業員のスキルチェック、人事評価等

eラーニングの主な学習形式は上記の通りです。配信された動画やテキストを視聴したり、テスト問題を受けたりしながら、従業員のスキルアップをはかる仕組みです。学習形式によって発生するコストやおすすめの用途などが異なるため、従業員に対して「何を習得してもらいたいのか」「どのように配信するか」を、決めておくのが賢明です。なお、先に挙げた学習形式は、複数の形式を組み合わせて配信することもできます。ビジネスにeラーニングシステムを導入することで、企業や従業員のそれぞれにメリットが生まれます。

 

企業でeラーニングシステムを導入するメリット

eラーニングのメリット
企業側 従業員側
人材育成を計画的に進めやすい 情報の信頼性が高い
教育の質を均一化させやすい 時間と場所を選ばずに利用できる
幅広い知識やスキルを習得させやすい マイペースで学習を進めやすい
教育にかかる労力とコストを抑えやすい スキルの習得度合いを把握しやすい

上図の通り、eラーニングシステムは企業と従業員のそれぞれにメリットがありますが、以下では企業が享受できるメリットを中心に解説しましょう。

 

●人材育成を計画的に進めやすい

eラーニングシステムには、学習教材の配信対象者を選べる機能が備わっています。従業員すべてに対してはもちろんのこと、特定の部署にだけ学習教材を配信することも可能です。加えて、eラーニングシステムは学習教材の利用履歴も管理できるうえ、テストやドリルを通じてスキルの習得度合いをはかることもできます。「従業員の誰がどこまで学んだのか」を把握できれば、それだけ計画的な人材育成を進めやすくなるでしょう。

 

●教育の質を均一化させやすい

インストラクターや上司が行う従業員教育は、「インストラクターや上司の質」と比例して、教育の質も変化します。その結果、従業員のスキルアップの速度に差が生じやすくなるのです。一方、インターネットを通じて動画や教材を配信するeラーニングシステムは、「誰もが同じものを受講できる」特徴があります。そのため、教育の質を変えずに従業員を過不足なく教育することが可能です。

 

●幅広い知識やスキルを習得させやすい

働き方によっても異なりますが、ITリテラシーやビジネスマナーなど、業務に必要な知識やスキルは広域にわたります。これらをすべて「インストラクターや上司が直接教える」というのは、効率の良い方法とは言えません。ですが、ひと口にeラーニングと言っても、企業の経営理念から業務アプリの使い方、リスクマネジメントの手法に至るまで、学べる知識やスキルは多岐にわたります。直接的な指導が難しい知識やスキルは、eラーニングシステムで学んでもらうことも可能です。

 

●教育にかかる労力とコストを抑えやすい

eラーニングシステムは、デバイスとインターネット環境があれば、従業員が場所を選ばずに利用できます。知識やスキルを学んでもらうのに、研修場所や講師の手配をする必要もありません。わかりやすく言えば、eラーニングシステムを導入することで、コストを抑えて人材育成を行いやすくなるのです。

このほかにも、eラーニングシステムは「教材のアップデートや改良がしやすい」「従業員の得手不得手が把握しやすい」などのメリットも得られます。

 

eラーニングシステムにもデメリットはある?

eラーニングのデメリット
企業側 従業員側
実技の習得には不向き 実技の習得には不向き
学習教材の作成にコストがかかる 学習のモチベーションを維持しにくい
ITスキルに乏しいと制作や管理が難しい デバイスがないと利用できない

eラーニングは一見すると良いこと尽くめの学習方法ですが、オンラインならではのデメリットも存在します。

 

●実技の習得には不向き

繰り返しになりますが、eラーニングは「デバイスを通じて教育する」という特徴があります。幅広い知識やスキルを学べる一方、「学べる内容の深さ」はどうしても限界があるのです。これは、座学でも交通ルールは学べますが、運転技術に関しては「自動車を運転して学ぶほかない」のと同じです。例えば、製造業における作業機械の操作方法などは、eラーニングでも知識自体は学べます。ですが実際に操作するとなると、操作方法を身体で習得しなければ、機械を手足のようには動かせません。

 

●学習教材の作成にコストがかかる

eラーニングを企業で導入する場合、従業員に学ばせたい知識やスキルに合わせて、学習教材を用意する必要があります。例えば、eラーニングで従業員に業務内容を習得してもらう場合、まずは「わかりやすい業務マニュアル」の制作が必要です。たとえ学習教材を配信しても、理解するのが難しい内容だった場合、従業員を効果的に成長させることはできません。教育コストを抑えやすいeラーニングといっても、導入そのものには相応のコストが発生するのです。

 

●ITスキルが乏しいと制作や管理が難しい

eラーニングは、IT初心者の方でもスマホやタブレットから簡単に利用できます。ですがシステムの管理は、ITに精通している方でないと困難なケースもあります。配信した動画やテストの改修、データの集計などを行うためにも、システムの担当者を決めておくことを推奨します。

このほかにも、機密性の高い情報を取り扱ったeラーニングの内容が外部に公開されてしまうと、情報流出に伴う企業の信頼性失墜などに繋がる可能性もあります。eラーニングの導入を検討する際は、上記のようなデメリットがあることを留意しておきましょう。必要に応じて、マンツーマンの直接指導や集合研修など、eラーニング以外の従業員教育も考えたほうが良いでしょう。

 

企業でeラーニングシステムを導入するには?

最後に、eラーニングシステムの導入方法を簡単に紹介しましょう。eラーニングシステムは、有料無料を問わずシステム会社から数多く提供されていますが、導入の際に検討しておきたい内容は以下の通りです。

  • eラーニングシステムの導入目的は何か

  • どの部署(または従業員)を対象とするのか

  • 配信する教材コンテンツをどのように調達するのか

  • システムをいつから利用開始するのか

  • システムの運営管理責任者を誰に任命するか

  • 導入後の運用体制をどのようにするか

先に挙げた項目を事前に決めておけば、企業に見合ったシステムを選びやすくなります。とはいえ、eラーニングシステムによっては、コストが見合っていない、機能が不十分などの理由により、最適なものが見つかるとは限りません。おまけに、ITスキルに乏しい方だと、eラーニングシステムの比較検討を行うことも難しいでしょう。

そんな時は既製品のシステムを使わずに、オリジナルのeラーニングシステムを開発するのも良いでしょう。システム会社の中には、eラーニングシステムの開発や運営を受け付けているケースも多く、自社に最適なシステムを構築してくれます。システムを導入したい企業からしっかりとヒアリングを行い、「どんなUIが良いのか」「どんな機能が欲しいのか」を吟味したうえでシステム開発を行ってくれます。

システムを導入したいけど「ITスキルに自信がない」「既製品の比較検討が難しい」という方であれば、eラーニングシステムの開発を検討してみてはいかがでしょうか。以下のページでは、eラーニングシステムの開発でおすすめのシステム開発会社を紹介しています。基本情報から、得意とする開発案件に至るまで詳しく掲載しているので、開発を検討する際にご参照ください。

 

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国2000社以上からご提案

200x200b

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

■eラーニングシステムに関連した記事

2度にわたる開発中断の危機を乗り越え、頼れる発注先に巡り合う(eラーニングシステム開発事例)

 

受託開発でおすすめのシステム開発会社10社【最新版】

 

 

関連する記事

PAGETOP