発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

ホームページ制作を成功させる8個の手順

会社の規模関わらず、自社のホームページを制作するところが増えています。会社の顔としてのホームページだけではなく、サービス単位、事業単位でもホームページを持つことも選択肢として考えられるようになってきました。なぜ、ホームページ制作をすると会社にとって良いことがあるのでしょうか。

  1. ホームページ制作の工程を理解する
  2. 作りたいHPを明確にする
  3. 依頼する会社選びを行う
  4. 各社に要望を伝える
  5. 見積もりを比較し発注先を決定する
  6. 開発スタートの注意点
  7. 開発中の注意点
  8. 納品後の注意点

ホームページ制作のメリット

ホームページのメリットは、一度作っておけば、インターネットを通じて幅広い対象に会社を知ってもらうことができ、直接コンタクトを取れるツールとして活用できる点になります。カタログとして商品を掲載することもできますし、ホームページは会社案内よりも強い販促ツールと考えられます。SEOに取り組めば会社を知ってもらう機会が増え、問い合わせなどのフォームへの導線を効果的に設定することによって営業機会も増えます。 こうしたメリットから、多くの企業が自社サイトを持っているのが当たり前な時代になっています。

担当者が大体の流れを知り、ゴールを明確にすることが重要

ホームページ制作をする前に、まず担当者が大体の流れを知ることが必要です。そして、ホームページ制作を成功させるには、ゴールを明確にして、どんな企業紹介をしたいかをチームで考えることが必要です。そのため、WEB戦略の相談相手としても頼りになる制作会社を探します。まずは自分たちの求めるホームページ像を各社に伝え、コストや内容を提案をしてもらいます。その中で見積もり比較をして発注先を決定していきます。

制作会社が決まったら実制作に入ります。納期を守らせるために、契約が済んで制作がスタートした後も細かくコミュニケーションをとりましょう。

運用も大切なホームページプロジェクト

ホームページが完成した後は、修正点等をチェックします。文言が間違っていないか、全ての仕掛けが作動するかを確認します。社内更新システムなどを開発していれば、テストして実務者が使いにくい部分は相談して対策を考えることも必要です。検収後も、修正などが発生することもあり、一度決めた制作会社との付き合いは長くなります。発注先選びの際は会社同士の相性や信頼感も重要です。

関連する記事

PAGETOP