発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

知っておきたい!オープンソースライセンスについて

shutterstock_428711248-min

ソースコードが無償で公開されていることを意味するオープンソース。
誰でも自由に複製や改良、再配布ができますが、その範囲はライセンスによって制限されているため、注意が必要です。
「え?ライセンスってなに?」と疑問に感じた方もいるでしょう。本記事で詳しく解説していきます。
 

目次

 

■前提知識としてオープンソースを知ろう

オープンソースとは、ソースコードを無償で公開し、誰でも自由に複製、改良、再配布ができるソフトウェアのことを指します。代表的なオープンソースには、プログラミング言語のJava、PHP、Python、データベース管理システムのMySQL、オペレーティングシステムのLinuxなどがあります。また、Web制作において近年よく使われているWordPressもオープンソースになります。

 

●オープンソースのメリット・デメリット

オープンソースを使う場合のメリットは様々です。まずは無償であること。何といってもこれは大きなメリットになるでしょう。初期費用はもちろんのこと、その後のライセンス管理などにおいてもコストを削減できるため、ソフトウェア開発における強い味方となります。また、オープンソースの場合、自社のシステム要件に合わせて自由にカスタマイズできることもメリットの1つです。市販のソフトウェアでは対応できない要件に関しては重宝されることでしょう。
一方、デメリットもあります。開発に関するスキルやノウハウがない場合には取り扱いが困難であることです。基本的にサポート体制は整っていないことが多いため、トラブルが発生した際には対応が難しくなります。

 

概要やメリットについては「OSS(オープンソースソフトウェア)とは?利用時のメリットと注意点」をご覧ください。

 

システム開発会社選びはプロにお任せ   全国1700社以上よりご提案
a_300x300c
本記事は、システム開発会社探しのプロ
発注ナビ」がお届けしています。

全国1700社以上の開発会社から、
最適な外注先を無料でご紹介中。
業者探しにお困りの方はぜひご相談ください。

外注先探しのご相談はコチラ


ご紹介までたった1営業日   完全無料   上場グループ会社の安心

 

 

■オープンソースライセンスについて知りたい

オープンソースにおける前提知識とメリット・デメリットが分かったところで本題であるライセンスについてです。
オープンソースは前述のとおり、ソースコードが開示されているため、誰でも自由に複製、改良、再配布ができます。その一方で指定されたライセンスに従って正しく利用しなければ、著作権違反になってしまうケースがあるのです。つまり、ライセンス=使用許諾条件はしっかりと理解しておく必要があります。
ライセンスの種類によって守らなければならない条件は異なります。例えば、Web制作をおこなう際に有名なWordPress。無料で使うことができますし、ソースコードも公開されています。ただし、WordPressはGPLと呼ばれるライセンスの種類です。詳しい特徴については後述しますが、GPLには「再配布する制作物もGPLライセンスにしなければならない」というルールがあります。つまり、WordPressを改良して、公にするのであればソースコードを公開しなくてはいけないということです。

 

■3つのライセンスについて紹介!

ライセンスには大きく分けて「GPL」、「MPL」、「BSD License」の3つが存在します。それぞれのライセンスにおいて著作権を表示することは共通しています。異なる点としては、再配布するソフトウェアのソースコードの公開が必要かどうかという点です。また、必要な場合には公開範囲をどこまでとするかも異なります。それでは、それぞれのライセンスにおける特徴も見ていきましょう。

 

●GPL

GPLは、WordPressやLinuxにおいて採用されているライセンスです。ここで紹介する3つの種類の中では制限が最も厳しいとされています。

 

■著作権表示を保持する

■無保証

■誰でも自由に複製、改変、配布することが可能

■GPLライセンスを使用した場合、その制作物もGPLライセンスで配布する

 

以上のルールがあります。

 

●MPL

MPLは、FirefoxやThunderbirdなどのMozillaソフトで採用されるライセンスになります。Mozilla Public Licenseの略称です。

 

■再配布の際には著作権表示を残す

■無保証

 

上記が主要のルールとなります。
ソースコードを変更して使用した場合、その部分はMPLライセンスで公開する必要があるので覚えておきましょう。

 

●BSD License

BSD Licenseは、カルフォルニア大学バークリー校から誕生したライセンスです。PHPやApache、Pythonなどに採用されているライセンスになります。

 

■再配布の際には著作権表示を残す

■無保証

 

基本的にはMPLと同じです。制限は非常に緩いライセンスになります。
BSDライセンスのコードを他のプログラムに組み込むことも可能です。

 

■ほかにもある!オープンソースライセンス

ライセンスはここで紹介した3種類以外にもたくさんあります。それでは多く使われているライセンスはどういったものなのでしょうか。ソースコードの管理サービスをおこなっているGitHubが2015年に発表した調査データによると、GitHubにおけるプロジェクトではMIT Licenseが最も多いという結果になりました。


MIT Licenseとは、マサチューセッツ工科大学を起源とするライセンスです。BSD Licenseをベースに構築されたライセンスになります。BSD Licenseと同様に制限や条件の緩いライセンスになります。


※参考:「Open source License usage on GitHub.com

 

システム開発会社選びはプロにお任せ   全国1700社以上よりご提案
a_300x300c
本記事は、システム開発会社探しのプロ
発注ナビ」がお届けしています。

全国1700社以上の開発会社から、
最適な外注先を無料でご紹介中。
業者探しにお困りの方はぜひご相談ください。

外注先探しのご相談はコチラ


ご紹介までたった1営業日   完全無料   上場グループ会社の安心

 

 

■システム開発に関連した記事

Pythonによるシステム開発でおすすめの開発会社7社

 

 

MySQL開発でおすすめのシステム開発会社8社

 

 

 

関連する記事

PAGETOP