発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

RPAの導入費用はどれくらい?代表的なRPAツールや補助金を紹介

211290RPA2

「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」は、企業の総務や経理などの定型業務を自動化するためのツールです。企業の生産性向上に非常に役立つため、近年、多くの企業がRPA導入に積極的になっています。しかし、一方で導入するための費用が気になって二の足を踏んでしまっている企業の担当者様も多いのではないでしょうか。RPAにはさまざまな提供形態があるので、予算や企業規模によって最適なツールを導入しましょう。
この記事では、RPAの導入費用から月のランニングコスト、代表的なRPAツールなどについて解説します。またスタートアップ企業や中小企業のRPA導入を助ける補助金制度、自社にぴったりな開発会社を効率よく探せるサービスも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

目次

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国2500社以上からご提案

200x200b

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

RPAの導入費用

RPAの導入には「導入前」「導入中」「導入後」のコストがかかります。導入費用はイニシャルコストとも呼ばれ、提供形態や導入規模によって異なります。RPAの3種類の提供形態は以下のとおりです。

  • クラウド型

  • デスクトップ型

  • サーバー型

クラウド型は、クラウド上に用意された利用環境をそのまま使えるため、インストールする必要はありません。デスクトップ型はパソコンにインストールして利用するタイプです。サーバー型は、サーバーにインストールしてクライアント端末から利用するタイプです。RPAは導入するサービスの規模や内容によって大きく異なります。

RPAの導入費用の相場は以下のとおりです。

  • クラウド型:30万~50万円ほど

  • デスクトップ型:0~20万円ほど

  • サーバー型:100万円~数千万円

RPAの初期費用は主にRPAツールの購入代金と初期設定費用があり、製品によっては初期費用が無料となるケースがあります。購入代金については、買い切り型以外に月額料金型・年間料金型といったライセンスがあります。ライセンス体系の主な種類は以下のとおりです。

  • 開発版:ロボットの開発ができる

  • 実行版:ロボットの実行・操作ができる

  • フル機能版:開発と実行の両方に対応。フル機能版には管理統制までできるライセンスもある

ライセンスに関する注意点として、提供されるツールによっては1ライセンスにつきパソコン1台のみというサービスもあります。「自社はパソコン何台分の使用環境が必要なのか」「検討しているRPAツールは1ライセンスあたり何台分使用できるのか」などをしっかり確認しましょう。

 

RPAのランニングコストの費用相場

RPAは導入してからも運用費用(ランニングコスト)がかかります。ランニングコストの主な種類は以下のとおりです。

  • ソフトウェアロボットの開発費用(開発を自社で行う場合、かかる費用は一般的な人件費だけで済むが、外注すると開発費用は高くなる)

  • サポート費用(RPAを使いこなせる人材を育成するための研修費・派遣スタッフの人件費など)

  • 開発者・利用者それぞれの教育費用(RPAは開発する時だけでなく、利用する時にも教育が必要)

  • サーバー構築・管理費用(サーバーを構築する際にかかる費用、管理・メンテナンス費用など)

  • PC購入費(ロボットを開発・実行を行うためのPC購入費用)

  • 保守・メンテナンス費(開発したロボットの実行環境・業務フローが変わった時に変更を加えるための費用、ハードのパーツ交換やアップグレード費用、ソフトウェアの更新費用など)

RPAベンダー(製造元・販売供給元)のサポートは、自社にIT技術者がいない時に心強いサービスです。RPAは導入してからが本番なので、自社のIT関連知識に不安がある場合は、積極的にサポートを依頼することをおすすめします。また、自社に運用・保守・管理できるチーム体制が整っていない場合は、これらの業務もベンダーに依頼するか、他の企業に外注する必要があります。外注する際は、サポート専門のコンサルタント会社や外部のベンダーのサービスを利用してください。RPAは、導入時の初期費用から月の運用費など、さまざまな費用がかかる可能性があります。そのため、「自社の目的や条件にはどのような製品が最適なのか」「予算はどれくらい用意できるのか」などを検討することが大切です。

 

代表的なRPAツールの紹介

RPAツールには自動化のレベルが3段階あり、それぞれ3つのクラスに分かれています。クラス3とクラス2についてはAIによる機械学習機能も備わっているため、高性能な分コストが余分にかかります。データ入力や顧客データの管理、DMの発送業務などの定型作業を自動で行う時は、クラス1を利用するのが一般的です。

RPAツールの代表的なサービスは以下のとおりです。

  • WinActor:上位版~230万円、フル機能版~90万円、実行版~25万円

  • UiPath:UiPath Orchestrator~250万円、UiPath Robot~75万円、UiPath Studio~60万円

  • RoboTANGO:年間60万円~

  • BizRobo!:BizRobo! Lite年間140万円~、BizRobo! Lite年間200万円~、BizRobo! Basic年間720万円~

ベンダーの中には、公式サイトに費用の概算を載せていない企業もあります。このような会社に見積もりを依頼する時は、コンタクトフォームから問い合わせてみましょう。

 

導入費用を軽減できる補助金制度

RPAは、定型業務を自動化して業務効率を向上させられるため、大企業が特に積極的に導入しているイメージがあります。その理由として、定型業務をこなすために必要だった人件費削減につながるからです。ワークライフバランスが重視される昨今、RPAは企業の競争力に大きな影響を与える存在になっています。ただ、資本力のある大企業ならいざ知らず、中小企業やスタートアップ企業がRPAを導入することは簡単ではありません。ITに精通した人材が少ないことも理由のひとつですが、やはり多くの資金をRPA導入に投資できないことが大きなネックとなっています。

しかし、一方で中小企業やスタートアップ企業こそ、RPAを導入する必要性が高いともいえます。それは、「従業員数が少なく、いつもぎりぎりの人員で業務をこなしている。かといって人件費の負担が重いので従業員数は簡単には増やせない」といったジレンマに陥っているケースも多いからです。

RPAを導入し、定型業務を可能なかぎり自動化し、社員がコア業務に集中できる環境をつくることは、中小企業やスタートアップ企業にこそ必要です。規模の小さい企業にこそ高い生産性が求められる現代では、RPAツールは大きな武器になります。この大きな武器を手に入れる時に役に立つのが、中小企業支援を目的とした国からの補助金制度です。主な補助金制度の内容は以下のとおりです。

  • ものづくり補助金:中小企業庁による、中小企業・小規模事業者が利用できる

  • IT導入補助金:業種や資本金、従業員数の条件が合えば、中小企業が利用できる補助金

  • 小規模事業者持続化補助金:小規模事業者などが申請できる日本商工会議所による小規模事業者持続化補助金

ものづくり補助金は、一般的に工場の設備投資に使われることが多いですが、企業の生産性を上げるためのITツールも対象です。3種類ある補助金の中でも抜きんでて補助する金額が高くなっています。IT導入補助金には、 A・B類型(通常枠)と令和2年から追加されたC・D類型(特別枠)があります。C・D類型は、テレワーク環境を整備する、その他の労働生産性を上げるための非対面化ツールが対象です。特にD型はクラウドに対応しているツール限定になっています。

小規模事業者持続化補助金は、従業員数が5名~20名以下の企業が対象です。Webサイトやチラシ、看板といった広報目的でよく使われる補助金です。ただ、リーズナブルな価格のRPAツールの導入であれば、利用できる可能性があります。

 

RPAの導入を決めるポイント

RPAツール導入を決めるポイントは以下のとおりです。

  • RPAは魔法のツールではないため、定型業務そのものを標準化することが重要

  • ツールの選定時には、業務の整理や見直しがスムーズに進められるかを考慮する

  • RPAツールを使用するユーザー自身が、簡単に設定変更ができるツールを選ぶ

  • 費用対効果が高いツールを選ぶ

  • 現在の業務で使用している社内システムと、導入したいRPAツールの相性が良いかを確認する

  • 他社の成功例に振り回されることなく、スモールスタートで検証しながら始める

上記のポイントを参考にしつつ、下記の流れでRPAツールを導入していきましょう。

  1. RPAツールを導入して自動化したい業務を明確にする
  2. 利用するRPAツールを決める
  3. RPAツールを仮導入し、自社の既存ツールや業務内容との相性をチェック
  4. 仮導入の結果をふまえて、本格導入を検討する
  5. 本格的な導入開始
  6. 業務効率の効果を検証し、問題点があればその都度改善していく

RPA運用の効果を検証する際には、「RPAで処理した件数」、「エラーの数や異常停止した数」、「RPAを導入した業務で削減できた労働時間・コスト」、「RPA導入の次の候補となる新たな業務や事業での活動指標」といった点をみてください。特に効果検証の結果は、ロボットの設定の見直しやメンテナンス、RPAの運用体制の改善などに役立てられます。これらの検証からのフィードバックがあれば、業務効率はより向上していくでしょう。

逆に効果検証をやらなければ、RPAを導入して役に立ったのかが数値で確認できず、予算を投入する価値があったのかがわかりません。いわゆる投資効果が曖昧になってしまいます。そうなれば、定型業務全体の自動化が滞りかねません。RPAは仮導入→本格導入をスモールスタートで始め、改善に改善を重ねて全社に拡大させていくことが理想的です。

 

RPAの導入を任せられるシステム会社の選び方

RPAツールの導入を任せられるシステム会社を選ぶ時は、RPAの導入における見積もりを複数の企業に出してもらい、費用相場を把握する必要があります。さらに、提供される機能を比較検討し、「自社が求める機能があるか?」「費用対効果は高いか?」「自動化して業務効率は確実に上がるか?」などを検討しましょう。企業を複数ピックアップした時に、同じ業種で同じくらいの規模の会社がいくつかある時は、RPAツールの導入・開発実績がある会社を選択するのが無難です。

ただ、闇雲にRPAツールのベンダーを探してみても、自社にピッタリな会社を見つけるのは大変です。そこでおすすめなのが、手間なくRPA開発の会社を探せるマッチングサービスです。マッチングサービスとはいわばWeb上の仲介役であり、発注者と受注者をつなげてくれるシステムです。Webサイト上から手軽に利用可能になっています。

マッチングサービスなら、ベンダーの実績や強みなどがわかりやすいですし、費用感もわかります。さらに、マッチングサービスを利用すれば複数の企業から一括で見積もりを取ることも可能です。わざわざさまざまなベンダーに問い合わせをする手間もかからず、非常に効率的です。

RPA開発を得意とする企業は、以下のページでも詳しく解説をしているので、開発を検討する企業担当者の方はご参照ください。

 

RPA導入は目的や補助制度をしっかりチェック

RPA導入する時の費用は、初期費用と月にかかる費用を計算しておく必要があります。これらをより正確に把握するためには、自社のRPAの利用目的や用意できるIT環境などを明確にしておきましょう。自社の利用目的やIT環境がわかれば、必要なサービスやサポート、ツールの種類などがわかります。自社にぴったりなRPA開発会社を見つけるためにも、複数のRPAベンダーから見積もりを取りましょう。

複数の見積もりを効率よく取りたいなら、先述のマッチングサービスがおすすめです。複数の企業の実績や得意分野を比較検討して一括で見積もりが取れるので、非常に便利なサービスです。見積もりを取ることは無料であるケースが多いので、興味のある方は一度試してみてはいかがでしょうか。

また、自社に補助金の申請資格がないかも忘れず確認しておきたいところです。もし、申請資格があるのを知らずにいると、資金面で折り合いがつかずにせっかくのRPA導入のチャンスを逃すことになります。国が中小企業を支援するための制度なので、自社の成長のためにも積極的に活用してみましょう。

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国2500社以上からご提案

200x200b

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

■RPAに関連した記事

Excel業務のシステム化でおすすめの開発会社10社【最新版】

Accessによるシステム開発でおすすめの開発会社11社【最新版】

関連する記事

\条件ピッタリの/
発注先を探してもらう
無料
PAGETOP