発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

Webシステムの開発費用はどれくらいかかるの?見積もりや費用相場は?

web-system-estimate

Webシステムを開発するには、エンジニアやノウハウが必要となる一方、自社内に開発環境を持たない企業も少なくありません。
昨今は、アウトソーシングでシステム開発を依頼できる企業も数多く存在しますが、その数は膨大です。
そのため、Webシステム開発に関して「依頼先はどこにすべき?」「費用の相場がわからない!」と悩む担当者は多いのではないでしょうか。そこで今回はWebシステム開発の仕組みや費用の仕組み、さらにはシステム開発の費用を安く抑えるための方法などをご紹介していきます。Webシステム開発を外注する際の参考にしてみてください。

 

目次

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国2500社以上からご提案

200x200b

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

Webシステムとは?

Webシステムとは、インターネット環境で利用できるシステム・サービスのことを意味します。ブラウザからアクセスすればどんな人でも利用できるのがメリットです。現代においてユーザーニーズに合ったクオリティの高いWebシステムの開発は、企業にとって欠かせない業務といえるでしょう。Webシステムについて詳しく知りたい場合は、「Webシステムの基本を解説!その仕組みと導入のメリットとは?」のページをご覧ください。

 

Webシステム開発費用と料金相場について知ろう

Webシステムの開発を依頼する場合、押さえておきたいのが一般的な開発費用と、費用を左右する要因です。システム開発の費用相場は開発会社によって幅がありますが、費用の平均は200万円くらいといわれています。開発するシステムのタイプによっても金額が上下します。以下は、主なWebシステムごとの開発費用相場です。

  • コーポレートサイト:20~300万円

  • マッチングサイト:100~500万円

  • ECサイト:60~400万円

  • 予約管理サイト:80~500万円

  • 口コミサイト:40~400万円

  • SNS:100~500万円

  • Q&Aサイト:60~300万円

  • CMS:50~400万円

  • 掲示板:50~300万円

このように開発費の相場には大きな幅があります。もちろん、多くの機能を備えるほど開発費は高くなるので注意してください。また同じWebシステムでも中小の開発会社やオフショア開発、大手開発会社など、どこに委託するかによって金額に差が出てきます。さらに納期を早める、対応できるOSを増やすなど、委託条件によって料金がアップすることもしばしばです。開発会社とよく話し合い、どこまでの対応を求めるのか、予算を含めて相談していく作業が重要となってきます。

 

●技術者のスキルや開発規模によって費用は変化

Webシステム開発費用は、そのプロジェクトの難易度や技術者のスキルレベルによっても大きく変わります。

開発時間が変わるポイントの具体例として、例えば開発に必要なプログラミング言語の習熟度があげられます。開発言語はバリエーションが豊富で、開発する内容によってマッチする言語はさまざまです。開発言語に精通している開発者は、新人の開発者よりスムーズに短時間で開発が進みます。そのため、経験が豊富でパフォーマンスの高い上級者エンジニアになるほど、開発にかかるコストがアップしやすくなります。

またシステム開発にかかる費用は、プロジェクトごとの開発規模によっても異なります。基本的に機能を追加すればするほど、費用がかさむ傾向にあるので、大まかな相場ではなく具体的な金額を知りたい場合は、システム開発会社にあらかじめ相談をして見積もりを出してもらいましょう。

 

●開発費用を左右するのは人件費

Webシステム開発費用はそのほとんどが人件費で占められており、全体の約8割ともいわれています。

よほど小規模なシステムを除けば、システム開発はエンジニアだけでできるものではありません。プロジェクト全体のとりまとめを行うプロジェクト・マネージャー(PM)や、PMの手助けをするプロジェクト・マネジメント・オフィス(PMO)などの管理を担う人が必要です。PMの指揮のもと、実際に手を動かしてシステムを作り上げるシステムエンジニア(SE)やプログラマー(PG)などがチームを組むことによってプロジェクトが進んでいきます。

システム開発には多くの人件費が発生するのです。人件費はシステムエンジニア、プログラマーなどの人数と作業期間をもとに計算されます。前述のように金額の差はキャリアやスキルの違いによって発生します。

 

●人件費を算出する「人月単価」とは?

システム開発において、費用を具体的に提示している会社はほとんどありません。その理由は「人月」という工数単位が用いられているためです。システム開発に必要な人件費を算出するためには、計算の基準となる単位が必要になってきます。それが一般的に使われている「人月単価」というものです。人月単価は、エンジニア一人が1ヶ月に作業した場合の人件費を意味します。

システムエンジニア(SE)とプログラマー(PG)の一般的な人月単価は、以下の通りです。

  • PG 下請け・フリーランス:40万~80万円

  • PG 大手企業:60万~100万円

  • SE 初級:80万~100万円

  • SE 中級:100万~120万円

  • SE 上級:120万~200万円

  • 平均:80万~120万円

人月単価は、システム開発会社の規模や、エンジニアのスキルに応じて変動するのはもちろん、地域によっても異なります。同じシステムを開発する場合でも、システム開発会社によって見積もりが変動するのはこのためです。一般的に東京など首都圏を拠点にする会社や、オフィスなどの固定費が高くなりがちな会社ほど、人月単価は高くなる傾向にあります。

 

Webシステムの見積もり項目

Webシステム開発の見積もり依頼をする時、どのような項目があるのか理解しておくことが重要です。具体的な作業内容をあらかじめ知っておくことで、費用の妥当性を判断することも可能です。システム開発費の見積もりには、主に以下のような項目が記載されます。

  • 要件定義費用

  • 運用設計費用

  • デザイン制作費用

  • スケジュール管理費用

  • システム開発費用

  • 導入・サポート費用

  • テスト設計・実施費用

  • 設備購入費用

  • 出張・会議費用

  • 保守サービス費用

企業や開発案件によって、項目が増減するケースもあります。今回は中でも代表的な4つについて見ていきましょう。

 

●要件定義費用

システムの開発をする際、その目的に基づき、必要な機能や性能を考える必要があります。要件定義費用は、システムの仕様や方針を検討していく際にかかる費用です。この要件定義費用は、基本的に作業にかかった時間で算出します。プロジェクト・マネージャーの役職にある担当者の場合、費用相場は60~100万円ほどが相場です。ただし機能が多くてシステム仕様が複雑な場合は、工数や時間がかかるので費用も増える傾向にあります。

 

●設計費用

設計費用とは、要件定義で決まった内容をシステムとして実現させるために必要な環境を検討するための費用です。具体的には、サーバーなどのインフラや使用するプログラミング言語の決定などです。

 

●デザイン費用

デザイン費用は、UIデザインにかかる費用のことです。ここでいうUIとは「ユーザーインターフェース」の略語で、ユーザーから見た画面のことを指します。Webシステムを見やすくて使いやすいデザインにするためには、十分なデザイン費を確保する必要があります。

 

●開発費用

開発費用とは、開発に携わるエンジニアの技術費や人件費です。繰り返しになりますが、Webシステム開発にかかる費用は、この開発費用が大きなウェイトを占めています。エンジニア一人あたりにかかる作業時間を単位とし、計算されることが大半です。

 

Webシステム開発費用を安く抑える方法

開発するシステムへの要望が多くなればなるほど、費用がかかるのは当然です。とはいえ、企業担当者であればできる限り開発費用を抑えたいというのが本音でしょう。ここからは、システム開発費用を抑えるために知っておきたいポイントをご紹介していきます。

 

●予算を明確に伝える

まず予算を抑える重要なポイントは、システムを開発する目的と予算を明確にしておくことです。漠然とした要望では、どんな機能をどれだけ実装すればいいのかわかりません。開発会社としても、修正や変更を想定しなければならないため、金額が高めの見積書を提出せざるを得ない状態になります。逆に目的と予算が明確であれば、適正な金額の見積書を提示してもらえるのです。開発内容はできるだけ具体的にイメージを固めてから、予算を正確に伝えて発注をしましょう。

 

●開発会社に要件を丸投げしない

システム開発会社に開発のすべてを丸投げし、あとから修正や改善を依頼すると、費用に加えて対応時間もかかってしまいます。開発を依頼する前に、事前にどういったWebサイトを構築したいのかを社内で検討しておきましょう。

検討をする際は、Webサイトのイメージをできるだけ具体化し、要件定義をしたあとに発注をすることが重要です。これを行うことで、費用はもちろん時間も大幅に抑えやすくなります。丸投げをしてもうまくいくのは、長年の付き合いがあり、何度もシステム開発を発注している会社に限られます。初めて依頼するシステム開発会社であれば、良い関係構築のためにも発注者としてプロジェクトへ積極的に関与していきましょう。開発中にコミュニケーションが綿密であれば、細かい認識の違いを修正でき、トラブルが生じた時もスピーディーな対応が可能になります。

 

●対応可能な工程は自社で行う

対応可能な工程を自社で行うというのは、コストを抑える重要なポイントです。開発会社はシステム構築のプロなのでとにかく任せておけば安心と思いがちですが、それでは費用を抑えることはできません。開発手順の一部の工程だけでも自社で行う、保守や運用を自社だけで行うといった行動をすれば、コストを抑えられます。開発会社に任せるべき部分と、自社で行う部分を切りわけて明確にすることで、最適な費用が算出できるのです。

 

Webシステムの開発を任せられるシステム会社の選び方

Webシステム開発を外注する時、どのような点に基準を置いて、システム会社を選べば良いのでしょうか?会社選びを誤ってしまうと望むような結果を得られず、コストや時間の浪費につながってしまいます。ここからはWeb開発におけるシステム会社の選び方を解説していきます。

 

●見積もりを出し、費用相場・機能を比較検討

開発業者を選定する時には、必ず複数社から見積もりを取りましょう。システム開発会社を選定する際には、3〜4社の候補から同じ条件で見積もりを取るのが理想です。「どのような機能を開発するのか」「それぞれの作業予算はいくらか」など、項目ごとに詳細な要望書を出しておきましょう。費用の計算方法は開発会社よって変わってくるため、どの程度のコストがかかるのかを把握してから比較検討することが重要です。同じWebシステムでも、委託先が違えば開発費も異なります。上手に値下げ交渉すれば、想定より安くWebシステムが開発できる可能性が高くなります。

 

●同じ業種・規模での開発実績がある会社を選ぶ

システム開発会社を選ぶ際は、必ず開発実績を確認しておきましょう。これから開発しようとしているシステムと同じ、もしくは同種の開発実績が豊富な会社に依頼するのが理想的です。Webシステムの開発の良し悪しは、任せる会社の経験で決まるといっても過言ではありません。経験豊富な会社であれば、どんな依頼にも柔軟に対応してくれることが多いです。

Webシステム開発は、決してマニュアル通りには進むとは限りません。経験値が高い会社は、実践力や応用力がしっかりと備わっています。できる限り実績豊富な会社を選ぶようにしましょう。

 

システム開発の相場を把握して依頼をスムーズに

今回はWebシステムの開発を検討している方へ向けて、webシステムの種類や費用相場、開発費用を安く抑えるポイントなどをご紹介しました。Webシステム開発を得意とする企業については、以下のページでも詳しく解説しています。システム開発を検討する企業担当者の方は、こちらのページもご参照ください。

 

「高品質のシステムをできる限り費用を抑えて開発したい」という願いは、企業担当者の方なら必ず考えることでしょう。まずは見積もりをしっかり出してもらい、理想の開発会社を見つけることが欠かせません。今回の記事内容を参考に、システム開発の依頼時に注意する点を意識してみてください。そうすれば最適な開発会社を選定でき、システム開発をスムーズにスタートすることが可能です。

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国2500社以上からご提案

200x200b

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

■Webシステムに関連した記事

業務システムの開発でおすすめの開発会社20社【最新版】

Webアプリケーション開発でおすすめのシステム開発会社10社【最新版】

関連する記事

\条件ピッタリの/
発注先を探してもらう
無料
PAGETOP