発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

Webシステムとは何か?

Web上で使うものは全てWebシステム?果たしてその理解であっているでしょうか。今回は分かっているつもりで意外と理解していない、Webシステムについてです。内容をざっくり言うと・・・・

「Webシステム」という言葉には4つの意味がある

どこからでもアクセスでき、拡張性やメンテナンスの利便性に富んでいる

Webシステムの基本的な仕組みを知っておこう

寝ている犬,パグ

いまさら聞けないWebシステム

システム開発をするにあたり、既存のクライアント・サーバ方式にするべきか、それともインターネットに対応したWebシステムがよいのか迷っている方も多いでしょう。

しかし、それ以前に「そもそもWebアプリとは何か?」「WebサービスやWebアプリとはどう違うのか?」といったところでつまずき、いまひとつ釈然としないまま、なんとなく理解しているという方もいらっしゃると思います。

そこで、「Webシステムとは要するに何なのか」「他のシステムとはどう違うのか」について、Webシステムの入門編的な解説をしていきましょう。

「Webシステム」には4つの意味がある

「Webシステム」という語がわかりにくい理由は、この用語が多くの意味を含んでいるからです。システム開発関係者(SEを含む)は、「Webシステム」という用語を、前後の文脈によって次のような意味で使い分けることがあります。

1. 「Webアプリ」の同意語

2. 「Webサービス」の同意語

3. 異なるサーバ間、またはサーバとクライアントの間でHTMLファイルを受け渡しするしくみの総称

4. クライアント・サーバ型システムに対して、インターネットとブラウザを利用するシステムの総称


これらの使い分けは「なんとなく感覚的に」行われることが多く、業界共通の定義などはありません。このため「Webシステムとは何なのか?」が非常にわかりにくくなっています。

Webシステムのメリット

ここでは、上記の4番の意味におけるWebシステムの説明を進めていきます。

Webシステムも一般的なクライアント・サーバ型システムと同様、サーバと端末が存在します。

Webシステムの特徴は、サーバと端末とを接続する経路としてインターネットを利用し、端末はブラウザ(もしくは専用アプリ)を介してサーバと情報をやり取りするという点にあります。

インターネットを利用するため、端末はネットに接続できる環境なら世界のどこにあってもよく、端末の増設にも特に制限がありません。また、システムのメンテナンスやアップグレードはサーバサイドだけで行えばよく、メンテナンス性も非常に高いというメリットがあります。

Webシステムの仕組み

Webシステムの基本的な仕組みは、およそ次のように構成されています。(もっとも基礎的な構成)

・クライアント(ユーザー)側……インターネットに接続した端末とWebブラウザ

・サーバ側……ユーザーからのアクセスに対応するWebサーバ、Webサーバが受け取った情報に対応して具体的なデータ処理を行うWebアプリケーションと、それを格納するWebアプリケーションサーバ、データを格納したデータベースサーバなどから構成されるサーバ群 ユーザーはWebブラウザを操作してサーバにアクセスし、データの閲覧や入出力を行います。

サーバはユーザーから送られてきた指示に従ってデータベースサーバから情報を引き出し、必要に応じてデータを加工し、その結果をユーザー側に送信します。この際、ユーザーに送られる情報はWebブラウザで適切に表示されるよう、HTML形式に加工されます。

ユーザー側のWebブラウザが受け取った情報を表示し、ユーザーはそれを見て次の作業を行います。 Webシステムのサーバとクライアントは上記のようなやり取りを繰り返し、一般的なクライアント・サーバ型システムと同様に情報を処理していきます。

img02

 

発注先選びにお困りの方はこちら

具体的に『Webシステム開発』が得意な会社を探す

Webシステム開発の発注先を「専門スタッフ」に相談する

関連する記事

PAGETOP