発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

開発会社に聞いた『発注が上手くいく3つのポイント』 Vol.11「自社に合ったパートナー探しが成功の秘訣」

『負荷がかかりすぎたECサイトを大改修』

発注先選定に悩む担当者様必見のインタビューコラム。
第11回となる今回の記事をざっくり言うと・・・

複数の開発会社さんに見積と提案をしてもらい比較検討する

オペレーションに大幅な変更がなく、誰もが同じように操作できること

開発プロセスの各段階で、お互いのイメージのズレをなくす

 

発注者の東映アニメーションさんと、開発会社のシフトさん、そして発注ナビ編集者の対談形式でお届けします。

東映アニメーション×シフト

発注者 :東映アニメーション株式会社 佐渡様(左)
開発会社:株式会社シフト 安野様(右)

じっくりと比較検討し、自社に最適なパートナーを探す

発注ナビ:東映アニメーションさんは、オンラインショッピングサイトのリニューアルを開発会社のシフトさんに依頼されましたが、なぜサイトの改修が必要だったのでしょうか。

佐渡 『東映アニメーションOnline Shop』は、東映アニメーションのDVDなどを販売する小規模なオンラインショップとして2000年にスタートしました。

当初は小さなアンテナショップとして商品点数も少なかったのですが、お客様が増えるとともに、取扱商品も年々増えて、約1万点前後になりました。ショップ限定の商品も取り扱うようになり、一気にアクセスが集中し、サーバーがダウンしそうになったこともありました。

サーバーを増強しても、今度は商品数・アクセス数の増加にシステムが対応しきれなくなってきていました。「これでは結局負担が掛かり処理が追いついていない。システムを改善しなければ」ということになり、リニューアルを行うことに決めました。

 

発注ナビ: 旧オンラインショップは、オープンソースのEC向けCMSで構築されていたようですが、リニューアルはどのようにしようとお考えでしたか? また、依頼先は、どうやって探しましたか?

佐渡 現状のCMSの活用や既存のECパッケージのアップグレード版の活用、そしてオリジナルでの新規システム開発も含めて検討していたのですが、社内では判断できませんでした。

当社のオンラインショップに適したものは何か。そういったことを含めて提案してくれる依頼先を探すことにしました。発注ナビさんを見て自分たちで3社ほどピックアップした上で、発注ナビさんにもご相談しました。

当社が選んだのは大手の開発会社さんが中心だったのですが、もしかしたらそれ以外にもフィットする会社があるかもしれないと思ったからです。シフトさんは、発注ナビさんから数社推薦してもらった中の1社でした。

 株式会社シフト

発注ナビ:シフトさんは、東映アニメーションさんから選ばれるために、何か特別な提案をしましたか?

安野 特別なことはありませんが、現状の課題や業務内容の確認などをしっかりと行うことと、当社が独自開発した『PIECE』というECパッケージをご提案しました。

各機能が小さなモジュールとなっており、予算や内容に応じて、必要な機能を必要な分だけ選んで使えるというのが特徴です。
 

佐渡 一度システムを構築した後で欲しい機能が追加できるとことも魅力でしたね。サイト規模の成長に応じてフレキシブルに対応していけるので、将来的な安心感がありました。メモリーの使用率が低いことも理由の1つです。

それから、ユーザーに見える表の部分だけでなく、オペレーション側のコントロールパネルの美しさとシンプルで直観的な操作感も良かったですね。オペレーションをするメンバーは同じなので、リニューアル後も旧サイトと入力方法があまり変わらずに使えるようにしていただけそうだったこともシフトさんを選んだ大きなポイントです。

Memo 今回リニューアルしたサイト

東映アニメーション Onlien Shop


「東映アニメーションOnline Shop」

東映アニメーションさんは、「アニメといえば、東映アニメーション」と言われている会社。『東映アニメーション Online Shop』では、主に自社で制作したアニメキャラクターに関する商品を扱っています。オフィシャルショップであることを大事にするとともに、オリジナル商品も取り扱っています。2013年の12月にリニューアルオープンしました。

「開発スタート前の準備が成否を分ける」

東映アニメーション

発注ナビ: 今回の経験を踏まえ、発注先の選定に悩んでいる企業向けに、発注先選定や開発を成功させるためのアドバイスをお願いします。

佐渡 依頼する前に、目的や要望、予算などを明確にしておくことではないでしょうか。加えて、優先する事は何かを発注者側が事前にしっかりと決めておく。そうすると、途中で「こんなはずじゃなかった」ということも起こらず、スムーズに進みますし、予算内で収まると思います。

しかし、これは理想論。実際は、一度に決められないことも少なくありません。私のような素人から見ると、システムの完成形は最初からはわかりません。その為に要件定義の会議を行うわけですが、最初からすべてを決めるのは難しいという企業は多いと思います。

企業規模や会社の文化などによりますが、「すぐに決められない」「はっきりしないコトがある」という場合は、そういった企業側の事情も理解していただいた上で、フレキシブルな対応をしていただける開発会社さんを選んでいくことが大切だと思います。

また、開発会社さんをゼロから探す場合、大手の会社にまず目を向けてしまうのは人情です。安心感や、大手ならどんなことでも出来るというイメージがあるからです。

しかし、実際は知らないだけであり、発注ナビさんのサイトを見てもわかるとおり、多数の開発会社があります。自分たちで探すだけでなく、外部の人や専門家に相談するのも1つの方法だと思います。当社の場合、発注ナビさんに相談したことがシフトさんとの出会いになりました。

また、将来のために拡張性も考慮しておくといいのではないかと思います。最初は小規模からスタートし、サイトの規模や売上、ユーザー数などに応じて、その都度対応できるシステムなら、一度に大規模なリニューアルを行わずに済むと思います。

 

発注ナビ:依頼を受ける側からのアドバイスはありますか?

安野 佐渡さんのおっしゃる通りだと思います。開発の途中段階で、機能を追加したいというケースもあるので、拡張性は重要だと考えています。必要な機能を必要な分だけ盛り込めるので、予算組みもしやすくなります。

新しい機能をオリジナルで開発すると費用負担が大きくなってしまいますが、モジュールを組み合わせられるCMSだと、拡張しやすくなります。その際に、気をつけておきたいのは、他の機能やシステムと連携がとれるかどうかを確認するといいと思います。

株式会社シフト

飯塚 開発後のことになるのですが、当社では開発を行った者がサポートも担当するスタイルをとっています。

システムはもちろん、クライアントさんの業務内容も理解していますので、何かあったときのフォローがすぐにできる体制を整えています。どのようなチームや体制で対応してくれるのかも、発注先を選ぶのに役立つと思います。

佐渡 飯塚さんに電話をすれば、何でもわかるし、すぐに対応してくれます。開発から関わっているので、細かなことを説明しなくても済み、とても助かっています。今後も機能を追加していきたい部分がありますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

発注ナビ:どうもありがとうございました。今後も、両社のよりよい関係が続くことを願っています。

 

■関連リンク

株式会社シフトの情報をみる

■発注先選びにお困りの方はこちら

『システム開発』が得意な会社を探す

システム開発の発注先を「専門スタッフ」に相談する

関連する記事

PAGETOP