発注ラウンジTOP>ECサイト構築>ECサイトを簡単構築できるFutureShop2とは?機能やメリットを徹底解説

ECサイトを簡単構築できるFutureShop2とは?機能やメリットを徹底解説

FutureShop2のイメージ図

「eコマース」という言葉を最近よく耳にするようになりましたが、eコマースを成功させるためにはECサイトの構築が欠かせません。ECサイトの構築は、企業担当者にとってシステムの導入が障害として立ちはだかります。そんな中、FutureShop2は、誰でも簡単に操作できるように設計されたECサイト構築システムであり、システムの導入に関する悩みを解決するために作られました。FutureShop2を使えば、ECサイトを簡単に構築することができるため、ビジネスの拡大に貢献することができます。本記事では、FutureShop2の使い方や特徴、導入のメリットについて解説します。

 

目次

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国5000社以上からご提案

即戦力のシステム開発会社を探すなら「発注ナビ」

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

FutureShop2とは?

FutureShop2はSaaS型のECサイト構築プラットフォームです。FutureShop2はカスタマイズ性の高さや便利な機能などが含まれており、数多くの企業で導入実績があります。自社でECサイトを新規開発すると、時間と工数と費用がかかってしまうため、SaaS型のECサイトは近年多くの企業で導入されています。Futureshop2が使われる魅力として、デザインの自由度の高さがあります。

FutureShop2では、パーツを組み合わせるようにしてサイトのレイアウトを作成することができるため、HTMLやCSSなどの知識が無いとECサイトの作成がしやすいといった特徴があります。
FutureShop2は機能の豊富さや自由度の高さだけでなく、サポートの充実度も人気の理由です。経験豊富なECアドバイザーによる電話やメールなどのサポート体制や無料勉強会などがあるため、初めてECサイトを作成する方でも安心して利用できます。

 

●SaaSとは?

SaaSとはインターネット経由でユーザーがアクセスすることによって利用できるクラウドサービスの一種です。必要な機能だけを利用することができ、自社でサーバーを運用したり、レンタルサーバーなどを契約したりする必要なく利用することができます。日本は世界的に見ても様々なSaaS型のサービスがあり、ECサイトだけでなく会計ソフトや勤怠管理などのサービスも数多くあります。FutureShop2もSaaS型のサービスであるため、インターネット経由で利用できるため、導入が容易です。

 

FutureShop2の主な機能

FutureShop2には売上げアップに寄与する様々な機能が搭載されています。FutureShop2の機能はとても豊富で、記事でご紹介しきれないほど多くあります。そのため、今回はFutureShop2の特に重要な機能についてピックアップして詳しく解説していきます。

 

  • 店舗構築

  • 店舗運用・管理

  • 優良顧客化

  • 集客プロモーション

  • O2O・オムニチャネル

  • 外部連携

 

●店舗構築

店舗構築の機能として「モバイル対応」、「レコメンド機能」などがあります。モバイル対応では、現在のGoogleが重要視しているモバイルフレンドリーなECサイトをPC・スマホ対応で作成することができます。ECサイトを立ち上げるうえで、顧客がスマホでも使いやすいと感じるサイト構築はSEO対策の観点からも非常に重要です。レコメンド機能では、ユーザーの趣味や趣向などを統計的に分析して、興味があるものを合わせて紹介し、購買行動を促すことができます。このようにFutureShop2では「この商品を買った方へのおすすめ」などで合わせ買いを促進できるため、売上の向上につなげることができます。

 

●店舗運用・管理

店舗運用管理の機能では「レポート・分析機能」、「アクセス解析」などの機能があります。集客やCRM、CVといった観点においてECサイトの売上のボトルネックを分析することができます。ECサイトの売上を向上させるうえで、ユーザーや商品の分析を行うことは非常に重要です。アクセス解析の機能を用いると最新のGoogle Analytics(GA4)と連携することができるため、あわせて分析することでサイト改善のヒントをつかむことができます。

 

●優良顧客化

優良顧客化の機能として「ライブコマース機能」、「定期購入オプション」などがあります。自社ECサイト内でライブ配信を行うことができるため、顧客との距離を縮めることができ、顧客をリピーターにするなど優良顧客化することができます。ECサイトの売上を増やすうえでリピーター率の向上と優良顧客化施策は力を入れていきたい施策です。

 

●集客プロモーション

集客プロモーションでは「カゴ落ちメール」、「SEO対策」などがあります。カートに商品を入れたまま放置しているユーザーをカゴ落ちユーザーといいますが、FutureShop2ではそれらのユーザーにHTMLメールでリマインドをすることができます。レポート機能もついているため、効果測定を簡単に行うことができ、検索結果で自社のECサイトを上位に表示する施策を行うことができます。

 

●O2O・オムニチャネル

O2O・オムニチャネルでは、futureshop omni-channelという機能があります。この機能は実店舗とECサイトで、チャネルを超えた顧客の購買行動を分析することができます。そのため、顧客がどういったチャネルで、どのような時期に何を購入しているのかを取得できます。顧客の購買行動の情報を取得することで、顧客に適切なタイミングでメールマガジンを配信したりすることができます。

 

●外部連携

FutureShop2では、広告やバックオフィスなどとの他社サービスとの外部連携も行うことができます。広告を活用したい場合はCriteoなどを使うことをおすすめします。アフィリエイトなども連携することができ、様々なサービスと外部連携して、ECサイトの売上やユーザーとの関係を強固にしていくことができます。

 

FutureShop2の料金プラン

FutureShop2には2種類のプランがあり、別途有料オプションを追加することもできます。しかしながら、コストや利便性のバランスを見て、しっかりほかのサービスと比較し検討をすることが重要です。

 

●STANDARD PLAN(スタンダードプラン)

スタンダードプランは費用を抑えながら本格的に運用を行うプランです。ECサイトの構築は初め、費用を抑えたいという企業におすすめのプランです。料金プランは以下の表のとおりです。

 

初期費用 22,000円(税抜)~
月額費用22,000円(税抜)~

 

スタンダードプランは、商品数やオプションを選んでECサイトを運用することができます。登録できる商品数は50~10,000商品までとなっています。登録可能な商品数の上限は50・500 ・2,500・5,000・10,000の5種類あり、増えていくほど費用が増えていきます。それ以上の30,000商品まで登録したい場合は、ゴールドプランに加入する必要があります。

 

●GOLD PLAN(ゴールドプラン)

ゴールドプランでは、スタンダードプランに加えてよく利用されているオプション機能が含まれています。
料金プランは以下のとおりです。

 

初期費用52,000円(税抜)~
月額費用81,000円(税抜)~

 

ゴールドプランは、30,000商品まで登録することができ、スタンダードプランではオプションであった機能も付属しているため、本格的にECサイトを運用して利益を上げていきたいという意欲的な企業におすすめのプランです。また、ゴールドプランには、スタンダードプランではオプションとなっている「クーポン機能」や「ポイント機能」が実装されています。

 

FutureShop2を導入するメリット

先ほどの章でもお伝えしたとおりFutureShop2には豊富な機能があり、ECサイトの導入を考えている企業にとって様々なメリットがあります。ここでは、FutureShop2を導入することで得られるメリットについて、詳しく解説していきます。

 

  • サイトデザインのカスタマイズ性が高い

  • リピート化に向けた機能が充実している

  • 外部連携がしやすい

  • カスタマーサポートが充実している

 

●サイトデザインのカスタマイズ性が高い

FutureShop2はパーツなどを組み合わせてECサイトを構築することため、HTMLのコーディングの知識がなくてもECサイトを立ち上げることができます。また、パーツ単位でレイアウトを変更できるため、サイトのデザインの自由度が高いといった特徴があります。スマートフォン・タブレットなどの画面サイズの違う端末にも対応できるレスポンシブウェブデザインが採用しているため、ECサイトの構築時に細かな調整などで悩まずに済むのは大きなメリットです。

 

●リピート化に向けた機能が充実している

FutureShop2では、LINE連携機能やメールマガジン機能などでリピート化に向けた機能がとても充実しています。例えば、LINE連携機能などを用いると会員の誕生日や会員ランクなどに応じた訴求メッセージを送ることができます。昨今のECサイトではLINEなどを駆使した施策に力を入れている所が多いですが、FutureShop2でも機能として用意されているため簡単に利用することができます。LINE連携などは、一からECサイトを開発するとLINE APIなどを用いて連携対応を行わないといけないため、SaaS型で簡単に利用できるのは大変ありがたい機能といえます。

 

●外部連携がしやすい

広告やアフィリエイトの運用代行などの外部サービスと連携を行うこともできます。例えば、アフィリエイトで有名なA8.netというサービスと連携してアフィリエイトを代行することができます。広告運用などの知識が無くともこういった外部連携を行うことで、広告を運用することが可能です。また、ECサイトでよく使われているAmazon Payや楽天ペイなどのオンライン決済サービスも連携できます。ユーザーにとっては、決済手段が増えるのは利便性の向上となるため、外部連携が豊富な点はECサイトを構築するうえで強い味方です。

 

●カスタマーサポートが充実している

FutureShop2はカスタマーサポートが非常に充実しています。FutureShop2にはフューチャーショップサポートというチームがあり、通販エキスパートなどの資格を取得しているアドバイザーが在籍しています。アドバイザーが、ECサイトの構築中は制作会社をサポートし、ECサイトの運用開始後はショップをサポートまでしてくれます。また、FutureShop2では、定期的に説明会を開催しているため、これからECサイトの導入を考えている企業様は参加しておいて損はないでしょう。

本記事ではFutureShop2の機能やメリットなどについて解説しました。FutureShop2は、便利な機能が豊富に搭載されているのが特徴的なサービスです。ECサイトの導入を考えている担当者の方は、FutureShop2も検討してみることをおすすめします。

発注ナビでは、システム開発をしたい企業と依頼を受けたい企業のマッチングサービスを展開しております。FutureShop2へ対応できる開発会社も多くご登録いただいています。また、ITに詳しい専門のコンシェルジュがあなたの課題や要望をヒアリングして最適な企業を最大5社に厳選してご紹介するため、面倒な営業電話や検討に時間が取られてしまうといった問題も発生しません。ご相談から紹介まで完全無料で行っておりますので、この機会にぜひ、ご利用ください。

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国5000社以上からご提案

即戦力のシステム開発会社を探すなら「発注ナビ」

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

■ECサイト構築に関連した記事

 

即戦力のシステム開発会社を探すなら「発注ナビ」

希望ぴったりの外注先がラクして見つかる
soudan_banner

人気記事

関連記事

関連特集

offer_banner
即戦力のシステム開発会社を探すなら発注ナビロゴ
発注ナビは、システム開発に特化した
発注先選定支援サービスです。
紹介実績
19000
対応社数
5000
対応
テクノロジー
319
紹介達成数
92%
システム開発の発注先探しで
こんなお悩みありませんか?
checkbox
なかなかいい外注業者
見つからない。
checkbox
ITの知識がなくて
発注内容をまとめられない。
checkbox
忙しくて外注業者を探す
時間がない
悩んでいる人物
発注ナビの主な特徴
IT案件に特化
IT案件に特化
日本最大級5000社以上のシステム開発・WEB制作会社が登録。IT専門だから細かい要望が伝わり、理想的なパートナーが見つかる。
ITへの不安を徹底サポート
ITへの不安を徹底サポート
専門コンシェルジュがしっかりヒアリングするので、IT知識に不安があっても、まだ要件が固まっていなくても大丈夫。
完全無料・最短翌日紹介
完全無料・最短翌日紹介
コンシェルジュに発注内容を話すだけで最短翌日に開発会社をご紹介。しかも完全無料・成約手数料も無し。
さらに
東証プライム上場
「アイティメディア株式会社」
グループが運営
ご相談内容は一般公開しないため、クローズド案件でも安心。
ご紹介企業は第三者調査機関にて信用情報・事業継続性を確認済です。

発注先探しの
ご相談フォーム

発注ナビは貴社の発注先探しを
徹底的にサポートします。
お気軽にご相談下さい。
必須
必須
必須
■必要な機能・課題■ご予算■スケジュールなど
■企画書やRFPの添付が可能です(10MBまで)

お問い合わせには、
発注ナビ 利用規約  及び 個人情報の取扱い  への
同意が必要です。