発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

月額制・定額制の受託開発サービスは利用しやすい?仕組みや事例について解説!

サブスクリプションのイメージ画像

システム開発をアウトソーシングで依頼したい場合に、月額制の受託開発、あるいは定額制の受託開発の利用を検討している方も多いでしょう。月額制や定額制の受託開発のメリットだけを意識していると、システム開発に失敗してしまう可能性もあります。そこで今回は、月額制や定額制の受託開発について知りたい方に向けて、その仕組みや事例、メリット・デメリットなどを解説していきます。

 

目次

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国2500社以上からご提案

即戦力のシステム開発会社を探すなら「発注ナビ」

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

月額制・定額制の受託開発とは

月額制や定額制の受託開発は、月額料金や定額の料金を支払って、料金に見合ったプランで利用できる受託開発のことを指しています。料金の仕組みとしては私たちが普段動画や音楽を楽しむ際に利用するサブスクリプションと同じです。料金を支払っている期間、対象となるサービスを継続して利用できるのがポイントになっています。具体的な受託開発の詳細については、以下のページをご参照ください。

受託開発とは?システムやソフトウェアを開発する流れをご紹介

 

月額制・定額制の受託開発の仕組み

  • 月10万円:システム開発のコンサルティングのみをしてくれるプラン

  • 月50万円:コンサルティングから実際のシステム開発、仕様変更まで含めたプラン

月額制や定額制の受託開発は、上記のように支払う金額に合った開発プランを受けるという仕組みとなっています。

本来ならシステム開発を依頼する場合、システムの完成形を定義付けして、システム開発全体にかかるコストをまとめて支払う形が一般的です。要は、支払をまとめる買い切りタイプになっています。しかし、月額制や定額制のシステム開発だと、必要な開発を必要なだけ進めていって、顧客のニーズや自社のスタッフの状況を鑑みてその後の仕様を決められます。月額制や定額制のシステム開発は、その柔軟性が強みとなっています。

とはいえ、企業担当者の中には「月額制や定額制のシステム開発だと何を開発できるの?」という疑問を持つ方も多いでしょう。以下では、月額制・定額制サービスの例について解説をします。

 

月額制・定額制サービスの一例

システム開発における月額制や定額制のサービスの例として、以下のものが挙げられます。

  • 競合分析ツールの開発

  • アプリ開発

  • 動画配信システムの開発

 

●競合分析ツールの開発

その名の通り、競合分析ツールは競合他社がどういった戦略でマーケティングを行っているのかを追跡・分析するツールのことです。その戦略を参考にして、自社に最も効果的な戦略は何なのかを導き出していきます。このツールはWebシステムの分野に該当するもので、開発言語やインフラなどのWebシステム開発特有のノウハウが求められます。単にシステム開発企業に依頼すれば良いわけではなく、Webシステム開発に強みを持つシステム開発会社に依頼することで、失敗するリスクを抑えられます。競合分析ツールの開発を依頼する場合に、具体的にどんなシステム開発会社に依頼すれば良いのかわからない方は、以下のページを参考に依頼先を探してみてください。

 

●アプリ開発

ここでいうアプリは、スマホなどで利用するアプリケーションのことを指していて、Webで利用するものとは構造が違います(アプリストアで配布されるようなインストール型のアプリは、ネイティブアプリと呼称される)。例えば、Androidでは「Kotlin」といった言語、iOSでは「Swift」といったアプリ用言語で開発を進めていくケースが多いです。スマホの普及に合わせて、あらゆる企業が自社のサービスをより利用してもらいやすくするために、アプリを開発する傾向が見られています。とはいえ、自分たちで開発しているケースは少なく、大抵の場合アプリ開発に強いシステム開発会社に外注しています。

アプリ開発を依頼する場合に、具体的にどのシステム開発会社に依頼すれば良いのかを知りたい方は、以下のページ先をご参照ください。

 

●動画配信システムの開発

動画配信システムは、動画コンテンツとして自社のサービスを提供する際に、必要となるシステムのことです。近年は動画配信サービスが人気を見せていて、YouTubeなどで動画投稿はもちろん、配信という形でコンテンツを提供しているところも増えてきています。しかし、YouTubeのような公の動画配信プラットフォームでは縛りも多いために、自社で動画配信用のシステムを用意するケースも増えつつあります。

この動画配信システムを形成するためには、「Go言語」と呼ばれるプログラミング言語が役立ちます。動画配信システム開発を依頼する場合、Go言語を強みとするシステム開発会社を知りたい方は、以下のページをご参照ください。

 

月額制・定額制のメリット

月額制や定額制の受託開発のメリットとしては以下のものが挙げられます。

  • 登録・解約の自由度が高い

  • 利用頻度が高いほどお得になる

  • 新たなコンテンツを発見しやすい

 

●登録・解約の自由度が高い

システム開発の従来の仕組みだと、ある程度のスパンとコストをかけて大々的にやる必要が出てきます。一方、月額制や定額制だと必要なタイミングで登録して、必要なくなれば解約する形で問題ありません。そのため、都合に合わせて自由に立ち回ることができます。登録・解約の自由度が高いと不要な月にコストをかけることがないため、無駄なコストの発生を抑えることができます。ただし最低契約期間が決まっている場合もあるため、事前に契約内容を確認してコストコントロールしていきましょう。

 

●利用頻度が高いほどお得になる

月額制や定額制の受託開発は、完成物に対してコストがかかるわけでなく、システム開発にかかるサービスの利用期間に対してコストがかかります。そのため、そのサービスの利用頻度が高いほどお得になります。例えば、1ヶ月のうちに10日しか使わなかった場合と20日使った場合と比較すると、どちらも同じ料金であるため、20日利用した場合のほうが1日あたりの料金に換算するとお得になります。

サービス内容の制約は意識しつつ、なるべく無駄なく使い続けることを意識してみてください。

 

●新たなコンテンツを発見しやすい

登録・解約の自由度が高いと、システム開発の依頼を気軽にしやすいです。システム開発依頼が気軽にしやすくなると、システム開発依頼をする過程で新しいコンテンツが発見しやすくなります。特に、システム系の月額制や定額制の受託開発は、システム利用者の反応に応じて、途中からシステムの方向性を変えやすい仕組みになっています。そのため月額制や定額制の受託開発の場合、システム利用者のニーズに合わせて新しいコンテンツを生み出して、システム内に反映させる流れができています。

 

月額制・定額制のデメリット

一方で、月額制や定額制の受託開発のデメリットとしては以下のものが挙げられます。

  • 利用していない場合も固定費が発生する

  • 値上げのリスクがある

  • トータルコストが高くなる場合がある

 

●利用していない場合も固定費が発生する

決まったタイミングでコストを支払う月額制や定額制の受託開発は、利用頻度が高いとそれだけ一定のコストで多くの効用を得られます。一方で、利用頻度が少ないと契約している間はずっとコストがかかり続けるため、無駄な固定費が発生し続けてしまいます。一定期間サービスを利用したあとは、また今度使う機会があるからと契約をそのままにしておかないで、サービスを利用しない時期は解約手続きをしてみましょう。そして、また必要なタイミングで契約することをおすすめします。加えて、長期的にサービスを受け続ける必要があるかを考えてから利用を検討してください。

 

●値上げのリスクがある

システム開発にかかるコストを見積もって、完成形までシステムの中身を定義付けして、実際のシステム開発に着手する場合だと、初めの時点で必要なコストが明確になっています。しかし、サービスを契約して利用する形だと、そのサービスを運営する企業の状況によって料金が値上げされてしまうリスクがあります。突然料金が値上げされてしまうと、大なり小なり自社の収支状況にも影響が出てきます。値上げのリスクがあることは常に念頭に置いてサービスを利用しましょう。

 

●トータルコストが高くなる場合がある

システム開発の定義付けからシステム開発の運用・サポートまででかかる費用が初めから確定していると、それ以上のコストを払う必要はなくなります。しかし月額制や定額制の受託開発は、サービスを利用し続ける間はずっとコストがかかるため、トータルコストがかえって高くなってしまうこともあります。長期的なスパンで利用しようとするとトータルコストが高くなってしまうため、月額制や定額制の受託開発を検討する場合は、どこまでの期間サービスを利用し続けるかをあらかじめ決めておくことをおすすめします。規模感や開発内容によっては、買い切り型で成果物にまとめて料金を支払ったほうが安上りになることもしばしばです。

 

サブスクリプションは改修頻度やコストを見て導入しよう

システム開発の外注依頼のパターンはいくつも存在しています。そのうちの1つが月額制や定額制の受託開発です。この方法だと期間内はサービスを利用し放題のため、頻繁にWeb開発等が発生する場合は低コストで成果物が納品されます。そのため使い方によって買い切り型よりコスト削減につながるかもしれません。

ただ、利用外でもコストが発生するといったサブスクリプション形式のデメリットが反映されるため、利用を検討する際はコストメリットが得られるのか開発規模や開発内容などを参考に考えてみましょう。

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国2500社以上からご提案

即戦力のシステム開発会社を探すなら「発注ナビ」

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

■受託開発に関連した記事

受託開発でおすすめのシステム開発会社

受託開発でおすすめのシステム開発会社10社【最新版】

ラボ型開発でおすすめのシステム開発会社

ラボ型開発でおすすめのシステム開発会社10社【最新版】

システム開発の外注先探し、もっと早く正確に

関連する記事

\条件ピッタリの/
発注先を探してもらう
無料
PAGETOP