発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

「Shopify」でECサイトを制作する際の見積もりや費用相場は?

shopify-cost

ECプラットフォームとして世界的なシェアを誇るShopifyは、ECサイトの構築が手軽にできるため、日本国内での需要も高まっています。その知名度から多くの会社がShopify専用のアプリを開発しているほどで、さまざまなシステムとの連携が可能です。
ShopifyでECサイトを制作する際の費用相場は、搭載したい機能や構築方法によって異なります。そのため、どの程度の予算を用意したら良いかわからないという方も多いでしょう。こちらの記事ではShopify構築に必要な費用相場について紹介します。Shopifyに興味がある方は、ぜひご覧ください。

 

目次

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国2500社以上からご提案

200x200b

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

Shopifyとは

通販サイトやネットオークションなどのように、電子商取引(EC)を用いてサービスや商品を提供するサイトをECサイトといいます。Amazonや楽天市場もECサイトの一種です。そのほか、大手家電量販店やアパレルショップなどが自社でECサイトを運営していることもあるでしょう。ECサイトを運営管理するためには、「顧客情報管理」や「在庫管理」といった機能が欠かせません。

Shopifyは、ECサイトを開設して運営管理するための機能が一通り揃ったサービスです。専門知識がなくても、手順に沿って作業をするだけで、簡単にECサイトを開設することができます。難しい税率の設定や海外向けのサイト作りに対応している点も特徴の1つです。Shopifyの詳細については、下記リンクに詳しくまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

Shopifyとは?基礎知識から導入方法までを詳しく紹介

 

Shopifyの基本の利用料金

Shopifyの費用に関して知りたい際には、まず基本となる利用料金を把握しておく必要があります。Shopifyの主要なプランは、「ベーシックプラン」「スタンダードプラン」「プレミアムプラン」の3つです。そのほか、一番コストがかからない「Shopify Lite」や法人向けの「Shopify Plus」といったプランもありますが、まずは主要となる3つを押さえておくと良いでしょう。

どの程度の機能を利用するかによって金額が異なりますが、プラン変更はいつでも行えます。それぞれのプランについて基本料金をみていきましょう。

ベーシックプラン スタンダードプラン プレミアムプラン
月額利用料 29ドル/月 79ドル/月 299ドル/月
日本のオンラインクレジットカード手数料 3.4%+0円 3.3%+0円 3.25%+0円
海外/AMEXのオンラインクレジットカード手数料 3.9%+0円 3.85%+0円 3.8%+0円
JCBのオンラインクレジットカード手数料 4.15%+0円 4.1%+0円 4.05%+0円
取引手数料
(Shopifyペイメントを利用していない場合)
2.00% 1.00% 0.50%

※2021年12月現在

 

●ベーシックプラン

主要となる3つのプランの中で、最もリーズナブルなプランが「ベーシックプラン」です。低価格ではありますが、基本的な機能は揃っているため、ECサイト初心者にとっては十分なプランだといえるでしょう。ただし、ストアの運営に関わることができるスタッフのアカウント数が2つまでと定められている点には注意が必要です。少人数で運営する場合は問題ないといえるでしょう。

 

●スタンダードプラン

スタンダードプランでは、スタッフアカウントが5つまで使えるようになります。また、各種手数料がベーシックプランよりも安い点が特徴です。ベーシックプランで売上が立つようになってきた場合や、チーム体制を整えてストア管理をする場合に活用できるプランだといえます。そのほか、プロフェッショナルレポート機能が使えるのも魅力の1つです。特定の商品の販売状況やリピーターの情報、時間によって変化する購入者の状況などを確認することができます。マーケティングを活用した販売を行っていきたい企業におすすめのプランだといえるでしょう。

 

●プレミアムプラン

Shopifyの中でも最高クラスとなるプランが、プレミアムプランです。利用料金は高いものの、決済手数料は最も安いのが特徴。収益が大きくなればなるほどメリットを感じられるプランです。また、スタッフアカウントは15個まで作成できるため、よりレベルの高いストア運営が可能になるでしょう。さらに、プロフェッショナルレポートに加えて、独自のレポートを組み立てられるカスタムレポートが作成可能な点も魅力の1つ。より高度なマーケティング戦略と分析を行うことができます。ECサイトの運営に精通している企業におすすめのプランです。

 

●Shopify用アプリの費用について

Shopifyの魅力の1つとして、カスタマイズ性の高さが挙げられます。例えば、在庫管理や翻訳機能など、独自の機能を持つアプリを導入することでより使いやすいECサイトへと仕上げることが可能です。Shopifyに対応したアプリは数千種類以上あり、使用料は無料のものから有料のものまでさまざまです。サブスクリプションと呼ばれる定期購入機能を持った「Bold Subscriptions」は、使用料49.99ドルで無料試用期間が60日間あります。そのほか、無料でインストールできるメール配信アプリやポップアップ機能を持つアプリもリリースされています。

なおShopifyだけに限りませんが、Webサービスの機能や料金などは、システムのアップデートや料金改定などに伴い、変更されることが少なくありません。そのため、プラン別の詳しい仕様や料金については、オフィシャルサイト上で確認するのをおすすめします。

 

Shopifyでサイト制作を依頼する場合の料金相場

Shopifyでサイト制作する際の料金相場は、サイトの規模によって異なります。基本料金に加えて、さまざまなアプリを導入することでより便利なサイトを作ることができますが、その分費用は高くなるでしょう。続いては、サイトの規模ごとにShopifyの料金相場を紹介します。

 

●小規模サイトの場合

カート機能や決済機能といった、ストア運営をする上で欠かせない基本的な機能を備えたサイトを作る場合にかかる費用は、約50万円~です。非常にシンプルな構築方法であり、商品数や受注量がさほど多くない企業に向いています。この場合、できるだけ少ないコストでECサイトを構築するために、リーズナブルなECパッケージを利用する必要があります。また、マーケティングやブランディングに関しては、Shopifyの機能を頼ることができないため、企業側で考えていかなければなりません。

 

●中規模サイトの場合

約100万円~制作できるのが中規模サイトです。ECサイトに欠かせない基本機能だけではなく、マーケティングや売上の分析などを踏まえたストア構築が可能となります。ECサイト自体にデータ分析機能を加えて、より会社や商材の認知度を上げたい場合や、効率的に販路を拡大したい場合に向いているといえるでしょう。

 

●大規模サイトの場合

Shopifyには、既存のパッケージやシステムが用意されています。これらを一切使わずに、一からすべてカスタマイズしてストア構築をする場合は、300万円以上の費用がかかるでしょう。いわゆるフルスクラッチといわれる方法で、自社のイメージに合わせられるのが大きな魅力です。独自のブランドを前面に出したい場合は、フルスクラッチを活用することをおすすめします。ただし、要望をすべてストア構築に落とし込むことになるため、費用や工数がかかってしまう点がデメリットです。また、ECサイトが完成した後も機能を追加するごとにコストがかかるため、事業規模がある程度大きくないと難しいといえるでしょう。

小規模 中規模 大規模
費用相場 50万円~ 100万円~ 300万円~
概要 ・基本機能のみ
・マーケティングやブランディングは自社で行う
マーケティングや売上分析可能 フルカスタマイズ可能
向いている
企業
ECサイトを初めて作成する企業 ・会社や商材の認知度を上げたい企業
・効率的に販路を拡大したい企業
・ECサイトを少人数で運営したい企業
・ECサイトの売上規模が大きい企業
・ECサイトを大人数で運営したい企業

 

Shopifyの構築を依頼する際の注意点

Shopifyの構築を行う場合は、制作会社に依頼することが多いでしょう。プロに依頼することで、効果の高いサイトに仕上げてもらえます。イメージ通りに構築してもらうためにも、依頼する際の注意点については押さえておきましょう。続いては、Shopifyの構築を依頼する際の注意点について紹介します。

 

●予算を立てる

ECサイトを立ち上げるためには、ある程度まとまった予算が必要です。搭載したい機能によっては、想像しているよりも多額の費用がかかるケースも考えられます。どの程度の規模のサイトにするのかを事前に決めておき、予算感を明確にしておくようにしましょう。

 

●必要な機能を洗い出しておく

ECサイトに必要な機能の洗い出しも事前にしておくべきことの1つです。例えば、カートや決済機能だけではなく、分析する機能も搭載したい場合には、その分費用も高くなります。

 

また、アプリを活用することでメール配信や翻訳機能など、さまざまな機能を利用することも可能です。アプリのバリエーションは豊富で、無料のものから有料のものまで幅広くあります。クライアントが希望する機能をもとに、制作会社側がアプリや構成内容を提案して見積もりを提示するのが一般的です。希望内容を明確にしておくことで、制作会社に自社のイメージをしっかり伝えることができます。

 

●サイトへの集客方法も考えておく

いくら良いサイトを構築したとしても、集客できなければ意味がありません。どのような集客方法を使って顧客を獲得するかを考えておくことも欠かせません。例えば、SNSやブログを通して集客をしたり、広告を出したりするのも良い方法です。また、制作会社によっては、集客や売上増加に欠かせないマーケティングに関するアドバイスをしてくれる会社もあります。サイトの保守や商品管理といった運営面のサポートをしている会社もあるので、予算に余裕がある場合はうまく活用することをおすすめします。

 

Shopifyを使ったECサイト制作を依頼するには?

いざECサイトを制作しようと思っても、Shopifyの制作会社が多くありすぎて、どこに依頼したら良いかわからないという方も少なくないでしょう。それぞれの制作会社にそれぞれの特徴があり、また得意な分野も異なります。納得できるサイトを構築するためには、必要なスキルを持った制作会社を選ぶことが大切です。続いては、Shopifyの構築を依頼する際に欠かせない会社の選び方について紹介します。

 

●Shopifyに特化した会社を選ぶ

ECサイトの制作サービスとして世界的なシェアを誇るShopifyですが、日本でShopifyが急速に普及したのは令和以降のことです。そのためShopifyに特化している制作会社は多くなく、また制作していたとしても、充実したサポートが受けられない可能性も考えられるでしょう。具体的には、サイトが完成した後の保守や商品管理といったサポートに対応しているかどうか、海外へ向けて販売ができる越境ECに対応しているかどうかといった点を確認することをおすすめします。

 

●アフターフォローがあるかどうか

ECサイトを使っていくと、「効率的な販売ができているのか」「新たな販路を拡大できないか」などの疑問に感じる点が出てくるものです。また、会社の方針が変わったり取扱商品が増えたりといった変化も、事業をしていく上ではよくある話だといえます。このようなことを想定して、臨機応変に対応してくれる制作会社を選ぶことが大切です。

 

●制作会社の実績は確認しておこう

ECサイトは、Shopifyを活用したものだけではありません。制作会社によっては、WordPressやEC-CUBEといった別のサービスを活用した構築のみを請け負っており、Shopifyでの構築経験がないという会社もあるでしょう。実績の少ない制作会社に依頼してしまうと、イメージしていたサイトとは違うものになってしまうことも考えられます。また制作に不慣れな企業だと、完成までに時間がかかってしまうことも考えられるでしょう。Shopifyの構築を依頼する際には、制作会社のWebサイトやパンフレットなどを確認して、どの程度の実績があるのかを確認しておくと安心です。

 

●総合的なコストパフォーマンス

制作会社を選ぶ際には、コストパフォーマンスを意識することも大切です。リーズナブルにShopifyの構築を依頼できるに越したことはありませんが、あまりにも相場とかけ離れている会社は、サービス内容が伴っていない可能性があります。もちろん、高いからといってクオリティが保たれるとも限りません。費用とサービス内容に加えて、実績や対応など、総合的に考えてコストパフォーマンスの高い会社を選ぶことをおすすめします。

 

世界的なシェアを持つShopifyでECサイト制作を

ShopifyでのECサイトの構築は、事業をする上で大きなステップとなります。自社のイメージ通りのサイトを構築するためには、しっかりとした制作会社を選ぶことが大切です。Shopifyのサイト制作を得意とする企業は、以下のページでも詳しく紹介しています。Shopifyを使ったECサイト制作を検討している企業担当者は、ぜひご参照ください。

 

発注ナビでは、システム開発に特化した発注先選定支援サービスを提供しています。さまざまなスキルを持つ会社との繋がりを活かして、マッチングのサポートをさせていただきます。IT知識に長けた専門コンシェルジュが丁寧にヒアリングした上でマッチングするため、ズレが少ないのが特徴です。また、多くの紹介実績を誇っているため、安心してご利用いただけます。

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国2500社以上からご提案

200x200b

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

■Shopifyに関連した記事

ECサイト構築でおすすめのシステム開発会社15社【最新版】

EC-CUBEを使ったECサイト構築でおすすめの制作会社8社 【最新版】

関連する記事

\条件ピッタリの/
発注先を探してもらう
無料
PAGETOP