発注ナビ
発注ナビTOP>WEBシステム>シミュレーションシステムの費用相場は?注意点や外注時のポイントを解説

シミュレーションシステムの費用相場は?注意点や外注時のポイントを解説

シミュレーションシステムのイメージ図

シミュレーションは、新しく何かを始める場合や問題解決をしたい場合に欠かせません。そんなシミュレーションを行う方法の1つにシミュレーションシステムがあります。シミュレーションシステムは、現実では試すことの難しい事象でも再現することが可能で、検証・理解を重ねたうえでビジネスを進めるために役立つことでしょう。そんなシミュレーションシステムの導入にはどれくらいのコストがかかるのでしょうか?

ここでは、シミュレーションシステムの費用とシミュレーションシステムを用いた際のシミュレーションの流れ、シミュレーションシステムの開発を外注する際のポイントについて解説しています。

 

目次

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国4000社以上からご提案

即戦力のシステム開発会社を探すなら「発注ナビ」

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

シミュレーションシステムとは?

シミュレーションとは、現実のシステムを模写したモデルを作成し、作成したモデルを通じて問題解決をする手法のことです。ビジネスにおいては、意思決定を行う前の検証などに使用されます。

そのシミュレーションを行うためのシステムがシミュレーションシステムです。現実では不可能な事例や現実で行うと影響が大きい、コストがかかる事例などを試すことに向いています。シミュレーションシステムは、モデルの特徴によって、大きく分けて動的シミュレーションシステムと静的シミュレーションシステムの2つに分類できます。そのシステムの理解・説明、予測・リスクヘッジ、教育・訓練、エンターテインメントなどを目的として利用され、目的ごとに使用するモデルが異なります。

シミュレーションシステムについてさらに詳しく知りたい方はこちらをご確認ください。

シミュレーションシステムとは?利用方法や使うメリットについて解説

 

シミュレーションシステムの費用相場

シミュレーションシステムの開発にかかる費用は、そのシステムの難易度や開発にかかわる開発者のスキルや開発規模によって大きく変わります。自社が求める機能や要件、シミュレーションシステムの分類を決めたうえで見積もりを依頼しましょう。例として、一般的なシステム開発の費用の変動にかかわる条件を解説します。

システムの開発にかかる費用の中で、最も大きな割合を占めるのが人件費です。人件費は、開発費用の約8割を占めるといわれており、かかわる技術者のスキルレベルによって異なります。技術者のスキルレベルごとの単価は以下のような相場になっています。

 

エンジニアタイプ 単価目安
上級システムエンジニア 100万円~160万円程度
初級システムエンジニア 60万円~100万円程度
大手企業所属のプログラマー 50万円~100万円程度
下請け企業または個人事業主プログラマー 40万円~60万円程度
外国籍プログラマー 30万円~40万円程度

 

システム開発費用は、この作業単価×作業時間で計算することができます。人件費のほかにも、システム開発や運用に必要な設備費などの費用もかかるため、あくまでも目安と考えておくと良いでしょう。具体的な金額を知りたい場合には、システム開発会社に見積もりを依頼する必要があります。

また、システム開発費用は、開発したいシステムの種類によっても大きく変動します。システムの種類ごとの製作費用は以下のような相場になっています。

 

システム種別 費用範囲
Webシステム 50万円~500万円程度
業務システム 300万円~1,000万円程度

 

上記のようなシステム開発費用に加え、ライセンスフィーの支払いが必要になる場合もあります。ライセンスフィーとは、システム開発の際に知的財産権を使用する場合に、使用許可に対して発生する支払いです。支払い方法には定額支払い、一括支払い、売上の一定割合の支払いの3つの方法があります。

ライセンスフィーの金箔や支払い方法はシステム開発会社との交渉によって決まります。開発費用だけではなく、ライセンスフィーの設定が適切かどうかも確認して、システム開発を依頼する会社を決めると良いでしょう。

 

システムを用いてシミュレーションを行う際の流れ

シミュレーションシステムを用いてシミュレーションを行う際の流れについて解説します。あわせて、費用がかかるポイントや費用がかさみやすいポイントについても解説しています。

 

●1.シミュレーションの内容を明確にする

シミュレーションを行う際には、目的や範囲を明確にすることが重要です。

まずは、シミュレーションの目的を決めて、そのために必要な評価指標を設定します。次に、対象となるシステムやプロセスを特定し、シミュレーションで得られるべき結果を明確にします。さらに、シミュレーションの範囲や条件も設定し、現実的な状況を再現できるようにします。これにより、システム開発時に必要な要件が定まり、不要な機能が開発されることを防ぐことができます。

シミュレーションを通して検証したい範囲や内容を決め、要件に落とし込んでいきましょう。

 

●2.シミュレーションに必要なデータやパラメータを収集する

まず、シミュレーションで使用するデータやパラメータの種類と範囲を特定します。これにより、適切なデータを収集することが可能になります。次に、データやパラメータの入手方法を決定します。実験データ、文献データ、既存のデータベースなど、様々な情報源から必要なデータを集めることができます。データ収集が完了したら、データやパラメータの品質を確認し、必要に応じて前処理や補正を行います。これにより、シミュレーションの精度が向上し、信頼性のある結果を得ることができます。最後に、データやパラメータを整理し、シミュレーションで使用できる形式に変換します。

これらのステップを踏むことで、シミュレーションに必要なデータやパラメータが適切に収集され、より正確なシミュレーションが実現できるでしょう。このステップがあることで、企業は効果的なシミュレーションを通じて課題解決や新たな可能性を見つけることができます。

 

●3.シミュレーションモデルを構築する

シミュレーションモデルを構築する際には、まずシミュレーション対象となるシステムやプロセスを分析し、その構造や動作原理を理解することが重要です。この理解をもとに、システムやプロセスを構成する要素や関係性を特定し、それらを数学的な表現やアルゴリズムに変換していきます。こうしてモデルの基本構造が形成されます。

次に、収集したパラメータを設定し、シミュレーション条件を決定します。これにより、シミュレーションの状況に応じた適切な設定が可能になり、現実的な状況を再現できるようになります。さらに、モデルの妥当性を検証し、必要に応じてモデルの調整や改良を行うことで、正確で信頼性の高いシミュレーションモデルを構築できます。

 

●4.シミュレーションを実行し、結果を分析する

シミュレーションを実行し、結果を収集し整理することで、データ分析が容易になります。さらに、結果から、評価指標や目標値と比較することで、シミュレーションが達成すべき目標に対する進捗状況を把握できます。

また、シミュレーション結果を可視化することで、結果の妥当性や信頼性を確認しやすくなります。可視化によって、データの傾向やパターンが明確になり、意思決定に役立つ情報を得られます。必要に応じてシミュレーション条件やモデルの調整を行い、再度シミュレーションを実行することで、より正確な結果を得ることもできます。このプロセスを通じて、シミュレーション結果を効果的に活用することができます。

 

●5.シミュレーションモデルの調整や再実行を行う

シミュレーションモデルの調整や再実行が必要と判断された場合、まずシミュレーション結果の分析で問題点や改善点を特定します。その後、モデルのパラメータや構造を調整し、特定された問題点や改善点を解決することで、シミュレーションの精度を向上させることができます。

次に、調整後のモデルの妥当性を検証し、必要に応じてさらなる調整を行います。これにより、モデルが現実のシステムやプロセスを適切に表現できるようになります。調整が完了したら、調整後のモデルで再度シミュレーションを実行し、結果を分析します。これにより、モデルの改善が適切に行われたかどうかを確認できます。これらのステップを繰り返し行うことで、シミュレーションモデルが適切に調整され、より正確なシミュレーションが実現されるでしょう。

 

シミュレーションプロジェクトの範囲は絞り込んだほうが良い!

シミュレーションモデルを作成する際、対象となる現実世界のシステムやプロセスの全体を対象として作成する場合もありますが、シミュレーションシステムは範囲を絞り込むほど効果的です。1つの製品のみを取り扱う小規模なビジネスでない限り、ビジネスシステムのすべての側面をモデリングすることは複雑なためです。初めからすべてのビジネスシステムのシミュレーションモデルを作成することは、難易度が高いと言えます。

シミュレーションプロジェクトを始める段階では、一般的な顧客体験に直接関連するビジネスシステムの側面に焦点を絞るほうが効果的です。ビジネスシステムの基本処理を対象とする製品またはサービスに範囲を絞りましょう。慣れて来たら、ビジネスシステムの複雑な側面も対象にすることができるようになるでしょう。

 

シミュレーションシステム開発を外注する際のポイント

シミュレーションシステムの開発を行っている会社は多数あります。その中から自社に合った開発会社を選ぶことは重要なことです。その際には、注意しておきたいポイントがいくつかあるため、4つのポイントに絞って解説します。

 

●シミュレーションシステムの内容を明確にする

大前提として、シミュレーションシステム開発を外注する際には、システムの内容をあらかじめ考えておく必要があります。

誰かに仕事を依頼する際、自分自身が内容を理解していなければ、他人にうまく頼むことはできません。システム開発の外注においても同じことが言えます。開発して欲しいシミュレーションシステムの内容が明確でなければ、作って欲しい要件や解決したい課題がうまく伝えられず、想定外のシステムが完成するケースも考えられます。つまり、システム開発に失敗する可能性が上がるということです。

失敗しないためにも、シミュレーションシステム開発を外注する際には、システムの内容を明確にして要件に落とし込みましょう。

 

●実績・スキルのあるシステム開発会社を選ぶ

システム開発を依頼する際に注目しておきたいのが、システム開発会社の実績・スキルです。

一口にシステム開発会社といっても、得意とする業界や分野は様々です。実績・スキルを確認すれば、その会社の得意とする分野がわかるでしょう。

シミュレーションシステムの開発実績や、同業界システムの開発実績が豊富なシステム開発会社を選ぶことで、開発会社側に業界知識や経験が備わっていると判断することができます。

 

●運用・保守も想定する

システムを適切に運用するためには、定期的なメンテナンスやアップデートが必要です。そのため、開発・納品後にシステムの運用・保守を任せられるのか、システム開発会社の体制を確認しておく必要があります。必ずしも開発を依頼した会社に任せる必要はありませんが、開発後のサポートが充実しているシステム開発会社を選ぶことで、移行期間や移行費用を抑えられることや、システムの構造や仕様の理解のうえでスムーズに進めることができます。

また、システムの運用・保守には、サーバーの利用費や機能追加の費用などもかかります。そのため、シミュレーションシステムの開発の際には、運用・保守も想定して予算を用意しておきましょう。

 

●開発会社に任せきりにしない

システム開発会社に開発を外注するといっても、任せきりにしてしまってはいけません。発注者サイドも開発プロジェクトに参加する必要があります。技術的な内容を理解する必要はありませんが、システム要件を正確に伝え、進捗状況や問題点を把握しましょう。

また、開発会社に丸投げしないことで、トラブルが発生した際にも連携がとりやすく、より良い成果物を作りやすいというメリットもあります。

 

シミュレーションは、用途に応じて適切な手法やモデルがあります。そのため、自社の問題解決に必要な用途のシミュレーションシステムを開発することが重要です。また、開発会社を選定する際には、実績や技術力、信頼性などを確認し、適切な開発会社を選定することが必要です。シミュレーションシステムの開発を検討している方は発注ナビへご相談ください。専門家が外注先の選定をサポートし、最適な提案を得るお手伝いをいたします。発注ナビでは、初期相談から見積もりまで完全無料でサービスを提供しています。貴社の問題解決に必要なシミュレーションの範囲や用途を明確にする為にもぜひお問い合わせください。

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国4000社以上からご提案

即戦力のシステム開発会社を探すなら「発注ナビ」

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

即戦力のシステム開発会社を探すなら「発注ナビ」

希望ぴったりの外注先がラクして見つかる
soudan_banner

人気記事

関連記事

関連特集

offer_banner
即戦力のシステム開発会社を探すなら発注ナビロゴ
発注ナビは、システム開発に特化した
発注先選定支援サービスです。
紹介実績
19000
対応社数
5000
対応
テクノロジー
319
紹介達成数
92%
システム開発の発注先探しで
こんなお悩みありませんか?
checkbox
なかなかいい外注業者
見つからない。
checkbox
ITの知識がなくて
発注内容をまとめられない。
checkbox
忙しくて外注業者を探す
時間がない
悩んでいる人物
発注ナビの主な特徴
IT案件に特化
IT案件に特化
日本最大級5000社以上のシステム開発・WEB制作会社が登録。IT専門だから細かい要望が伝わり、理想的なパートナーが見つかる。
ITへの不安を徹底サポート
ITへの不安を徹底サポート
専門コンシェルジュがしっかりヒアリングするので、IT知識に不安があっても、まだ要件が固まっていなくても大丈夫。
完全無料・最短翌日紹介
完全無料・最短翌日紹介
コンシェルジュに発注内容を話すだけで最短翌日に開発会社をご紹介。しかも完全無料・成約手数料も無し。
さらに
東証プライム上場
「アイティメディア株式会社」
グループが運営
ご相談内容は一般公開しないため、クローズド案件でも安心。
ご紹介企業は第三者調査機関にて信用情報・事業継続性を確認済です。

発注先探しの
ご相談フォーム

発注ナビは貴社の発注先探しを
徹底的にサポートします。
お気軽にご相談下さい。
必須
必須
必須
■必要な機能・課題■ご予算■スケジュールなど
■企画書やRFPの添付が可能です(10MBまで)

お問い合わせには、
発注ナビ 利用規約  及び 個人情報の取扱い  への
同意が必要です。