発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

Spring bootとは?Spring frameworkとの違いは?

システム開発の効率化をはかるためには、プログラム言語に対応したフレームワークの導入が不可欠です。
このフレームワークの中には、Spring bootと呼ばれる「フレームワークを使いやすくためのフレームワーク」が存在します。
今回は、そんなSpring bootでできること、Spring Frameworkとの違いなどを説明いたします。
 

目次

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国2000社以上からご提案

200x200b

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

Spring bootとは、Java言語の環境化で使用できるWebアプリケーションの開発をサポートするフレームワークです。Spring Frameworkに搭載されているフレームワークの1つで、手軽な設定と少ないコード量でアプリケーションを作成するのに役立ちます。

 

Spring Frameworkとは

Spring bootの紹介をする前に、まずはSpring Frameworkについて触れておきましょう。

Spring Frameworkとは、2004年にリリースされたオープンソースのフレームワークです。DI(依存性注入)やAOP(アスペクト指向プログラミング)など、システム開発やプログラムの修正がしやすくなる仕組みが導入されており、Java言語のエンジニアが開発に使用することも少なくありません。ほかのフレームワークと比較をすると、Spring Frameworkは汎用性の高さに定評があり、WebシステムやWebサービスのほかにも、クラウドやモバイルシステムなど幅広い開発に適しています。

このSpring Frameworkは、例えるならば「フレームワークの集合体」で、機能に応じた多数のフレームワークで構成されています。ですが、豊富なフレームワークによって幅広い開発力を実現している反面、Spring Frameworkには「機能の使い分けが困難」といったデメリットがありました。これは複数のフレームワーク(またはライブラリ)を組み合わせて使用する際に、環境構築のための設定が複雑化してしまうためです。

 

Spring bootとは

Spring bootは、先に挙げた「Spring Frameworkの機能の使い分けが困難」という欠点を解消するために作られたフレームワークです。主な機能として、複数のフレームワークを使用する際に発生する、Bean定義やXML設定などを、可能な限り自動設定する機能が搭載されています。このほか、コードを書かなくてもプログラムの処理が実行できるよう、Javadocと同じくアノテーション(注釈)が記述できる点も特徴です。このSpring bootは、Spring MVCと呼ばれる別のフレームワークの仕様を踏襲して作られており、Spring Frameworkを構成するフレームワークの1つとして組み込まれています。

 

Spring FrameworkとSpring bootの違いとは

それぞれの特徴を考慮して、Spring FrameworkとSpring bootの違いを述べるならば、

●Spring Frameworkは、Java言語のアプリケーション開発のために作られたフレームワークの集合体。

●Spring bootは、集合体となった機能を使いやすくするためのフレームワーク。

と、述べることができます。ちなみに、Spring Frameworkを構成する個々のフレームワークのことを、Java言語の教本によってはプロジェクトやプロダクトと呼ぶケースもあります。Spring boot以外にどのようなフレームワークが存在するのかは、Spring Frameworkの公式サイトをご覧ください。

 

Spring bootでできること

Spring Frameworkを構成するフレームワークの1つとしてSpring MVCがあります。Spring MVCは、アーキテクチャパターンとしてModel、View、Controllerを用いたもので、Webアプリケーション開発のための基本的な機能を備えていますが、Spring系のライブラリと組み合わせて環境を構築する際にコード作成などで手間がかかる特徴があります。

Spring bootの場合、ビルドツールの設定ファイルに記述して、専用のコマンドを実行するだけで最適な環境を構築できるようになったことで、手間が省けてWebアプリケーションの開発がしやすくなりました。

とはいえ、Spring bootの機能を使っても、設定作業をすべて省略できるわけではありません。作成したシステムによっては、JavaconfigやXML設定ファイルを自分で入力、または構成をする必要があります。そのため、Spring bootはあくまでも「Spring Frameworkを構成する一部分」にすぎないことを留意しておきましょう。もしも、Spring bootを使ってWebアプリケーションの開発や改修などを行うのであれば、Java言語やSpring Frameworkの知識やスキルが必須となります。

Spring Frameworkを得意とするエンジニアであれば、開発効率を向上させるためにSpring bootを使用している方も少なくないでしょう。Spring Frameworkを構成するフレームワークの中でも、Spring bootはアプリケーションを手軽に作成するのに欠かせないフレームワークです。アプリケーションを開発する場合にはSpring bootを使うことを検討してみてはいかがでしょうか。

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国2000社以上からご提案

200x200b

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

■システム開発の関連記事

Spring Frameworkを使ったシステム開発でおすすめの開発会社7社 【最新版】

 

 

Javaシステム開発でおすすめの開発会社10社【最新版】

 

 

 

関連する記事

PAGETOP