発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

Webシステム内製か外注か? 比較検討

今回は、「Webシステム内製か外注か? 比較検討」について。

キャッシュアウトの有無で考えるべからず

メリットとデメリットのバランスを見極める

経営戦略によって内製・外注を決定する

はじめに

社内にシステム開発スキルと人的リソースの余裕があることが前提ですが、Webシステムを開発する際、内製するべきか外注するべきかという問題が出てきます。

 

キャッシュアウトに囚われるなかれ

Webシステムの規模にもよりますが、システムの内製となれば、かなりの人的リソースを消費します。システム担当部署に対して「本業の片手間にちょっとずつ進めてくれ」といったような依頼をしたのではモチベーションを大きく下げてしまうでしょうし、消費する人的リソースの人件費をコストに置き換えて計算した場合、トータルでは外注よりもかえって高く付いてしまうことも珍しくありません。

Webシステムの内製と外注を比較する場合、少なくともコスト面で「キャッシュアウト(目に見えて出て行くお金)が発生するかしないか」に囚われるのはかなり疑問です。ここは、内製と外注それぞれのメリットを比較し、総合的な見地から判断を下したいところです。

 

内製のメリット

・システムに求められる業務内容が開発者全員に周知徹底できる

・仕様変更や機能追加がいくらでもできる

・システム開発によってWebシステムやWebアプリの開発ノウハウが社内に蓄積できる

・社員のシステム開発スキルの向上につながる

などが内製のメリットでしょう。ただし、システム開発ノウハウを獲得したとして、それをどのように経営に活かすのかといったビジョンが求められます。

今後会社の定款に「システム開発」を加えるとか、あるいは同業他社に対してシステムのパッケージ販売を行うといったプランがない限り、ノウハウの蓄積が経営資源となるかどうかは不透明です。

 

外注のメリット

・「餅は餅屋」で、効率よくスピーディーにシステム開発が進められる。

・Webシステム開発の最新ノウハウが吸収できる

・トラブルによる損失が発生した時、外注先に明らかな過失があれば損害を請求できる

・自社にシステム責任者を雇用する必要がない

・契約内容によっては、ハードウエアや設備に追加投資が必要ない

などが外注のメリットでしょう。もっともWebシステム開発だけを外注するのか、保守運用を含めてアウトソーシングするのかといった契約内容によってこれらのメリットやデメリットは大きく変わってきます。

 

まず、経営戦略ありき

Webシステム開発は非常にトレンドの変化が早い世界です。最先端の技術をいち早く導入することで、業績やコスト競争力に大きな強みを持てる可能性があります。しかし「何もかも外部企業におまかせ」では自社にシステム関連のノウハウが蓄積できなくなります。

大切なのはこれらのバランスをうまく取り、Webシステム開発関連のノウハウと、開発スキルを持った人材がどれだけ会社の強みになるかを見極めることです。

社内に少数精鋭のWebシステム管理部のような部署を設け、その部署がリーダーシップをとりながら外部リソースを導入し、コストや雇用に弾力性を持たせながら常に最新のノウハウが社内に残るようコントロールするスタイルが理想的なのかもしれません。

ただし、すべての人的リソースを社内に抱え込むタイプの内製は人件費リスクが高いのではないでしょうか。

 

おわりに

様々な面を比較・検討し、より良いWEBシステム開発を行いたいですね。

 

img02

 

発注先選びにお困りの方はこちら

具体的に『システム開発』が得意な会社を探す

システム開発の発注先を「専門スタッフ」に相談する

 

関連する記事

PAGETOP